はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

夫婦・恋愛・結婚・出会い

【四柱推命】依存心が強い人の特徴と言動〈感情が激変する…〉

依存心が強い人とは具体的にどんな人でしょうか? 何でも人に頼る人というイメージがありますが、 言動としての現れ方はさまざまです。 例えば、「どうして私ばっかり!?」 が口癖の人も依存心が強い人です。 人に頼る気持ちの強さが 「どうして私ばっかり…

【四柱推命】「結婚するなら不幸出身の女性がいい」これホント?

今回は私の友人のことを書きます。 生年月日は書かないことで了承してくれました。 とはいえ万年暦を見れば分かるのですが 「そのくらいはいいよ」と言ってくれました。 その人が私によく話していたこと。 それがタイトルの「結婚するなら不幸出身の女性がい…

【奇門遁甲】引っ越しに使いたくない凶方位「大格」人生に錆が…

「運が良かった・悪かった」 と感じない人はいないはずです。 奇門遁甲というと 「諸葛孔明が使って百戦百勝」 というキャッチフレーズが目立ちますが、私はあまり信じません。 確証となる文献も見当たらず、後世の脚色の匂いを強く感じるからです。 とはい…

【欽天四化紫微斗数】【四柱推命】第一印象と本当の性格との違い

第一印象はアテにならないとは言いますが、けっこうアテになる時も多いです。 人の感情や性格は、顔に出ますからね。 でも、これから紹介する女性はちょっとわかりにくい人です。 さて、わかりにくい人の本質をつかみ取れるのは、次のような人たちでしょう。…

【欽天四化紫微斗数】家庭運「長男出産が家庭崩壊の原因に!?」

私の知人の命盤を紹介します。 「家族を大切にしたい」が口癖の人でした。 しかし、残念ながら夫と離婚し、子供とも離れて暮らしています。 どうしてそのような事になってしまったのか…。 人生は思うように進まないものですね。 田宅宮が来因宮です。 来因宮…

【四柱推命】神経質でネクラの女性の人生傾向と〈四柱命式〉

昔、「ネクラ」という言葉が流行りました。 あまり良い言葉とは思いませんが、「いるだけで周囲を暗くしてしまう」。 そういう性格の人のことです。 本人に悪気はないので気の毒です。 さて、ネクラに「神経質」まで加わると、家族や周囲の人たちは大変です…

【四柱推命】「旦那さんはストレス満載の夫婦生活!」奥さんの命式

北陸在住の女性です。 夫とうまく行かないので悩んでいるらしいのでスカイプでお話ししました。 昨年(令和元年)の相談でしたが今は小康状態のようです。 「名前を載せないなら大丈夫」と快諾をいただいたので掲載することにしました。 旦那さんの命式がわ…

【四柱推命】良い命式「幸せな人生・家庭運・職業適性」

良い命式もご紹介したいと思います。 良い命式の人は、幸せな人生が約束されていると言っても過言ではありません。 良い命式の人に出会うと「うらやましい!」と思ってしまいます。 でも、人にはそれぞれ生まれ持った「器」があります。 まずは「器」を大き…

【四柱推命】女子高生「親子の縁と自己主張」育てにくいタイプ…

今年27歳を迎えた女性(令和2年現在)です。 高校3年間を担任しました。 夫や親との縁も、さらに子どもとの縁も薄そうです。 個性的な生き方を貫く方が幸せになれる人かも知れません。 高校生の頃から、枠にはまらない生き方をしていました。

離婚の可能性がある男性・女性【四柱推命】夫・妻の居場所がない

この記事は2021年に更新しました。 生涯にわたって離婚の危機を背負う男性・女性の四柱命式を紹介します。 こういう命運の人は、ご自分の先天運を理解して生活することが大切と感じます。 四柱命式をひと目見て、「この人の旦那さん(奥さん)、いえに居…

【不登校といじめ】四柱推命と欽天四化紫微斗数で分かる傾向

いじめに遭いやすいか遭いにくいか。引きこもりになりやすい性格か。 不登校になりやすいか、大丈夫か。心配な時期はいつか。 四柱推命や欽天四化紫微斗数を使うと、とてもよくわかります。 前半は、「私が高校教員として出会った生徒」の実例 後半は、「う…

男性にダメージを与える女性の言動ワースト5~それを言っちゃあ…

「世の中に強い男は存在しない」と言われます。 強そうに見えても心は繊細な人が圧倒的に多いのが男性の本質です。 男性は特に言葉から受けるダメージにとても弱いようです。平気なフリをしても、繊細なハートには言葉のトゲがグサッと刺さっていて、帰宅し…

【四柱推命】家庭運(夫・子ども縁)に恵まれない女性の不幸な命式

四柱推命からわかる家庭運に恵まれない「よくない不幸な命式」の女性について考えてみたいと思います。 ちょっと不幸を背負いがちの気の毒な人なので、あえて新しくない古い命式でご紹介させていただきます。 ところで、「家庭運」という言葉は占い以外では…

相手の性格を知る簡単な方法!~性格や感情は好みの色にあらわれる

他人の性格、特に初対面の人の性格は早く知りたいものです。そういった場合、好きな色からある程度の推測ができます。

子は親を選べない「神秘の出会い」10代さかのぼれば1024人の祖先

今日のブログ記事は、少しまじめな雑感を記そうと思います。 親子の運命的関係について考察してみました。

キリストと孔子、東西の2人が語った大切なこと~人間愛ー思いやり

社会的存在としての人間にとって最も基本的な道徳とは何か。 古今東西の倫理学者は、「人間愛ー思いやり」であると考えることで一致しています。

幼児性が強い女性の四柱命式 ~ 親の過剰な愛情が仇になる人

親の愛情くらいありがたいものはありません。しかし、方向性を誤るとせっかくの愛情が仇になることもあります。 そういう人はけっこう多くいて、苦労を背負い込むことになります。 人生は難しい!

一瞬の動物的カンを信じるべきだった!~第一印象~知人結婚2度の後悔

知人の話ですが、2度の結婚と離婚を経験しました。反省をこめて私に言いました。「ファーストインプレッションを大事にすべきだった…」

最後の景色はおまえの瞳~最後に瞼を閉じる直前は何を目にするのだろうか

50歳を過ぎると、30代までには考えもしなかったことをしみじみと考えるようになってきました。最期の時に何を見ながら瞳を閉じるのか、気になる年齢になりました。

離婚するか迷った時は…弁護士は最後の手段~実体験からオススメするのは…

弁護士か、離婚カウンセラーか、行政書士か、あるいは、、、体験からまとめてみます。

夏の急峻な山岳タイプの夫~熱烈な恋愛をする相手の相性は実は良くない

一見してすぐにキツい旦那さんとわかる四柱命式です。「どうやって暮らしていけばよいのでしょうか?」と聞かれたとしたら、、、「う~ん、ちょっとこれは厳しいですね」とお答えしてしまいそうです。

消えそうなろうそくタイプの男性~いい人なのに、苦労が絶えない運命

いくつかの問題から開運発達が相当に難しい命式です。 こういう命式を見ると、気の毒な運命の人もいるのだな…と考えてしまいます。

登校できなくなった高3女子~授業中、誰かのささやき声が聞こえる

高校3年生の担任をしていた頃の女子生徒の話です。 温厚なごく普通の女子生徒がでしたが、3年生になり急に休みがちになりました。 理由は、「授業中に周囲から私の悪口を言う声が聞こえる。教室に居たくない。」でした。

内心に矛盾と葛藤を秘めた不安定な天候が続く「雨水タイプ」の男性

心の安定は、人生の安定。心が落ち着いた人は、周囲に安心感を与えてくれます。この男性は、周囲を雨水で濡らしてしまう人です。

カップリングパーティー体験記。下手な鉄砲を数打って当たった友人の話

カップリングパーティー。最初に行くのは勇気が必要です。 行ってしまえば簡単に慣れるものだと実感しました。成功した友人の話を書きます。

「ボクは自分がキライ!」4歳児息子の発言に家族が凍った話

「ボクは自分がキライ!」「自分の名前もキライ!」「なんでこんな名前つけたの?」 4歳児の頃、息子が何度か発した言葉です。 家族全員が一瞬にして凍りました。 育児って難しいものですね…。