はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

凶立地に建ててしまった住居!2つの例「路殺」と「鎌刀殺」

私も家を建てる際に、土地探しには苦労しました。

気に入った土地を見つけても、売られていなければ手に入りません。

家は建て方で工夫ができますが、土地ばかりは慎重に選びたいものです。

 

 

路殺(ろさつ)・・・道路の突き当たりに家が建っている

次のような例です。

f:id:keyakinamiki67:20201019191536p:plain

路殺 邪気が家に飛び込んでくる

道路を川に例えるとわかりやすくなります。

洪水になると濁流が家に流れ込んでくる配置です。

T字路口(ていじろこう)とも呼ばれます。

これは、どの流派でも「凶」と断じる有名な凶立地の例です。

具体的には、事故や怪我、犯罪などのトラブルに注意です。

正面に遮蔽物を置くなどの工夫が必要です。

 

下の図を見てください。

f:id:keyakinamiki67:20201019191912p:plain

入り口をずらした配置


入り口が突き当たりの正面からズレるとかなり凶意は減少するといわれています。

 

鎌刀殺(れんとうさつ)

川や道路のふくらんだところの外側に住居がある場合も代表的な凶立地です。

内側にあるのは良いが、外側に家があるのは悪影響が及ぶとされます。

高速道路も同様と見ます。

f:id:keyakinamiki67:20201019192240p:plain

スピードを出す車が通る道ならもっとイヤですね

建物の窓から道路が見える場合には、気持ちが落ち着きにくく悪影響が強く出ると言われます。

また、物理的にも車が突っ込んでくるなど交通事故も起きやすいです。

対処法としては、家を後方に建てて道路との距離を保つようにすることが大切です。

建ててしまっている場合には、簡単な方法として、木を植えるなどがあります。

反弓殺(はんきゅうさつ)ともいいます。

 

内側にあるのは問題ないです。

f:id:keyakinamiki67:20201019192614p:plain

内側は吉となる

 

まとめ

土地には「気」というものが存在します。

できたら良い「気」の土地に住みたいものです。

また、せっかく良い土地が手に入っても、家の建て方を誤ると残念なことになってしまいます。

今回は、有名な例のため、多くの人が「わかってるよ!」と感じたと思いますが、土地ばかりは妥協しないで探したいものです。

他には、隣に墓地があるのも良くありません。

「そんなの何でもない!」

と言う人もいますが、良くはないようです。

また、大人は気にならなかったとしても、小さなお子さんが怖がる可能性も考慮に入れるべきです。

南側に大きな川や沼がある土地も良くないです。

私の中学時代ですが、沼の北側(家からみると南側)にある家に住む友人がいました。

彼は、勉強も苦手で、当時でいう典型的な「不良」になっていきました。

中学生の頃から、心臓に持病もありました。

すべてが家のせいとは言いませんが、できるだけ良い土地に住むことは大切なことだと思います。

 

よろしかったら、下記の記事もお読みくださるとうれしいです。

 

www.happy-power-up.com

  

www.happy-power-up.com

 

 ポチッとしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

私も愛用しています。