四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

失恋・失望・自己矛盾「愛をあきらめた」心理【フルーツ理論】

「彼とお付き合いできるかもしれない」

この時、「彼=おいしそうフルーツ」として見ています。

ところが、「絶対手に入らない」と確信した時、

「彼=おいしいフルーツ」のままでは、心に矛盾が生じます。

その矛盾を解決するための心の動きを「フルーツ理論」と呼んでいます。

私が、心理カウンセリングの基本を学んだ先生から教わった「理論」です。

おそらく正式な名称があると思いますが、私はずっと「フルーツ理論」で記憶しています。

難しい用語より単純でわかりやすいからです。

樹上のフルーツ

「フルーツ理論?」手に届きそうな彼=おいしそう

 

「愛が手に入らない」失恋・失望・自己矛盾の心理

手が届くかも!=「おいしそうなフルーツ」

BさんはAさんのことが大好きです。

「お付き合いできるかもしれない」と希望を胸に秘めているときは、 

  • Aさんは素敵な人
  • Aさんは優しい
  • 最高の男性

と確信し、場合によっては親友にもそう話します。


Aさん=おいしいフルーツに違いない!

「手を伸ばせば届くかもしれない」

という心理状態です。


「告白すれば付き合ってくれるかもしれない」とBさんは希望を胸に秘めています。


そして、、、何度かアタックし、その度に断られました。

もうAさんに私の手は届かない

Bさんは確信しました。

 

手が届かない=「あのフルーツ、おいしくない!」

私の手はAさんに永遠に届かない…

Bさんは、自分自身を納得させる必要があります。

自尊心が高い人なら、プライドを守りたいという欲求も出てきます。

Aさん=おいしいフルーツではなかった!

すると、次のような言動に変わります。

  • 「良い人と思っていたが、近づいてみると全然違った」
  • 「性格が悪いことがわかった」
  • 「交際するのはこっちからキッパリお断り!」

と親友に話し、自分自身にも言い聞かせます

 

【フルーツ理論】人は心に矛盾を抱えたくない

なぜこの心理状態を「フルーツ理論」と呼ぶのでしょうか。

高い木に果物がぶら下がっています。

台に上がれば手が届くかもしれません。

その時は、「おいしそう。早く食べたい」と思っています。

そして、手に入れるためあの手この手を使って頑張ってみます。

絶対おいしいに違いない!早く食べたい

フルーツのイラスト

あのフルーツ(彼)はステキに違いない!



ところが、どんな努力も無駄だとわかった時、

おいしいのに、私は食べることができない

と確信します。

しかし、このままだと心に矛盾を残します。

納得できない状況を引きずってしまいます。

そこで、早急に自分の心を納得させる必要があります。

それには、矛盾を解消するのが一番です。

そこで、

  • 「おいしそうに見えただけ。手が届かなくてよかった」
  • 「食べたら苦い味がするに決まっている」
  • 「もしかしたら、毒入りの果物かも…」

と理論武装するわけです。

実際には「感情武装」なのですが。


つまり、取らなくて正解だったのだ。

あいつは、浮気性の男で、浪費家で、ナルシストで、自分勝手で、たいしたことない女に夢中になっていて…、付き合わなくて良かった!

などを考え、矛盾を解消しようとする心理。

これを「フルーツ理論」と呼ぶらしいです。

スポンサーリンク 

 

 

【あとがき】失恋・失望・自己矛盾「愛をあきらめた」心理

第一志望に合格できず、第二志望の大学に進んだ時、

「こっちの大学に入学してかえって良かった。あそこの大学は▲▲で…」

結婚も、

「あの時、あの人と結婚しなくて良かった」

「今の夫で本当に良かった」

人間の思いは複雑ですね。


たとえフラれても「フルーツ理論」に走らない人。

その人はきっと人間的魅力に溢れた人です。

つかみ取れなかったフルーツ(彼)の後ろ姿を見守りながら、

「ありがとう。幸せになってね」

と心から手を振ることができる人。

その人は、強くて素敵な人に違いないと思います。

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!


開運カウンセリングランキング