はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

天龍源一郎さんの四柱推命~ロマンと冒険を包み込んで激しく動きまくる山~

前回は日干の強さだけに注目しました。今回は、もっと深く掘り下げてみたいと思います。
精神気力は相当に強い反面、けっこう繊細な面も持ち合わせた人だとお見受けします。

 天龍さんは今後奥様にますます優しくなる

天龍さんの名前入りの湯呑み

天龍さんの名前入り湯呑み

天龍さんと似て気丈な奥様

まず、勝手に夫婦の縁をみてみます。ごめんなさい。

奥様の通変星(財星)が天龍さんの命式にありません。

生時にあったとしても力量は強くはなりません。

そして、もともと天龍さんの命式は、奥様の星(財星)を剋す「比肩」や「劫財」のエネルギーがとても強いため、

  • 独占欲や支配欲が旺盛
  • 厳しい態度で接するようなことがある(あった)

となりますので、本質的に亭主関白の人です。

若い頃から、奥様は苦労されのでは?と思います。

これからは、

  • 40~49歳 (癸 酉) 正財
  • 50~59歳 (壬 申) 偏財
  • 60~69歳 (辛 未) 傷官
  • 70~79歳 (庚 午) 食神

が巡ります。

財は奥様ですので、40代から奥様を大事にしていたと思います。

60歳からは食傷運ですから、

ますます奥様を大切になさると思われます。

よかったよかった(^_^)。

 

そういえば、、、1

1992年に後楽園ホールで行われたWAR旗揚げ2連戦「革命点火シリーズ」を観戦しましたが、売店で元気よくグッズを販売されていたのは、きっと奥様だったと思うのです。

もし、そうだとしたら私は言葉を交わしました。ラッキー!

余談ですが、釧路大会では武井社長と長く話すことができました。

冬木軍が退団を決めた直後の時期でした。

「選手はワガママになるんですよね…」とぼやいていました。

よくもまあ、ただのいちファンと誠実に話をしてくださいました。

ちょうどその時、リング上では、嵐選手が激しい攻防を見せていて、

「良い試合ですね」というと、

「そうですかぁ?うちは常に全力投球がモットーですから。といっても選手が投球してくれるんですけど。」

などなど。

いい人でしたよ。

 

そういえば、、、2

天龍さんはヒョウ柄のロングタイツでした。

北尾選手も来ていましたね。

石川選手に向かって「おおのうみ!」と応援の声を発すると、一緒にいた人が笑いながら「やめろよ」と言いました。

その人も元お相撲さんなのです。よく裏話を教えてくれました。

もう少し天龍さんの配偶者縁をみてみます。 

  • 冷静で、しっかりした女性に縁がある
  • ときどき意見が衝突することがある
  • 自分と考え方の似た女性に縁がある

気丈な奥様と結ばれる可能性が高いです。

 

 天龍さんの本質的性格

天龍源一郎さんの四柱命式

天龍源一郎さんの四柱命式 昭和25年2月2日生まれ

《戊辰》日の《丑》月生まれ

は陽の土で山・岩

山は目立ちます。わかりやすく言うとそういう人です。

  • 多くの動植物を懐に抱える包容力があります
  • だから、お人よしで、頼まれたら断りません
  • しかし、上から来られると反発します
  • そもそも、堅い土なので頑固です
  • 目立つので見られ方、すなわち信用とプライドを大事にします
  • ドッシリした山ですから、社会の裏面や人情の機微については鈍感です
  • 冬生まれで植物は育っていないので、現状に満足しない人です
  • 育てるためにロマンチックを夢見る努力家です
  • そのため、夢には敏感でナイーブです
  • 夢があるので、素質的にはアイデア豊富、着想力も豊かです
  • しかし、合理性よりも、経験とカンを優先します
  • 反面、好き嫌いが強く、わがまま、気ままに見られやすいです
  • しかし、山なので包容力がありますから、情には弱いです

 

《劫財》がめちゃくちゃ強い!!

劫財の性質1 トコトンやり過ぎて失敗しやすい

それに、見栄っ張りですね。服装も金払いもカッコを気にする人といえます。

「大事なことを自分で決めて、家族や社員に相談するのは決めた後」というタイプです。

 

そういえば、、、3

越中詩郎選手が新日本プロレスに移籍する時に、10万円の餞別をポンと渡したというエピソードがありました。

ライバル会社である新日本プロレスに勝手に移籍したのですから、態度が冷たくなってもおかしくないはずです。

やはり度量が大きいのでしょうね。山の包容力です。

身旺の性格がこんなところにも表れています。

 

それからずっと後ですが、SWSが解散し、天龍さんはWARを立ち上げました。

その頃は、アンチ天龍がたくさんいました。

実際にプロレスファン歴が私よりも長い友人も「天龍はSWSに行って弱くなった」という某雑誌の報道を信じていました。

そういう時期に、好勝負を演じることで、天龍さんの存在感をファンに再認識させた点で越中詩郎選手の功績は大きかったです。

越中さんの心の中には、天龍さんへの恩返しの気持ちもあったのかも知れませんね。

 

劫財の性質2  同じ組織に長居するのは不向き

  • 組織に長くいると居心地の悪さを感じる
  • しかし、独立すると苦労が伴う

相撲界にも全日本プロレスにも最後まで留まることは運命が許さなかったようです。

SWSもWARも短期間でしたね。天龍プロジェクトでは、立ち上げてすぐに脊柱管狭窄症に罹ってしまいました。

一つの組織に長くは定着できない運命なので、大変だったと思います。

でも、ファンにとっては「次はどこに行くのだろう?」というドキドキ感を味わえたと思います。 

 

劫財の性質3 二面性がある

  • 頑固でワガママなのに、協調性や社交性も十分持ち合わせている
  • ここぞの時には腹芸を使える
  • ユーモアセンスある

リング上やファンには見せない茶目っ気もありそうです。

ただ、気の合った同僚や仲間の内では、けっこう我がまま気ままで、頑固さを発揮するようなこともありそうです。 

 

劫財の性質4 強い信念を貫くので、時流に乗れば大きな仕事を成し遂げる

馬場さん・猪木さんにフォール勝ちした唯一の日本人レスラーです。

風雲昇り龍ミスタープロレスに進化していく過程を見ることができたのはファンとして幸せでした。

昔は、

「鶴田、藤波、長州の4人の中では不器用だし地味で一番パッとしない」

と言われた時期が長く続きましたから。 

 

こちらも読んでいただけたらうれしいです。

 

www.happy-power-up.com

 

天龍源一郎さんといえば、この人は絶対です。

 

www.happy-power-up.com

  

天龍さん、ご家族の皆さま、勝手に鑑定して申し訳ありませんでした。気に障ることも書いたと思います。ご容赦ください。 

 

これからもずっとお元気でファンを楽しませてください。

 何度も読みました!

読み応えあり!