四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【四柱推命/偏財】性格と人生「外向的な社交上手でサービス精神旺盛」

「自分のことは自分が一番知っている」と言いますが、「自分のことなのによくわからない」が現実だと思います。

自分の本質を知るには四柱推命が便利で役立ちます。

  • 人間の本質=月支通変星7割、日支通変星3割

通変星「偏財」についてまとめました。

 

 

【偏財】本質的性格と人生傾向

日干が、陰陽不配偶の関係で剋す通変星を偏財といいます。

偏財は、汗水垂らして手に入れる財ではありません。

以下に、偏財が示す意味を並べます。

  • 金銭財貨(固定資産ではなく、流通の財)
  • 妻(男子から見た場合)
  • 自分の肉体と感情
  • 父親

【偏財のタイプ】性格と傾向

  1. 明朗淡泊で執着心がない
  2. あっさりしていて未練がましくない
  3. 外向的性格で社交上手
  4. サービス精神旺盛
  5. 人に親切で世話好き
  6. 人を喜ばせるのが上手
  7. 人に窮屈な圧迫感を与えない
  8. 機転が利き、駆け引きが上手い
  9. 抜け目なく、人を上手に利用する
  10. 気前がよく、女性にモテる人が多い
  11. 奇抜な発想力がある
  12. 自惚れが強い反面、人の評判を気にする
  13. 調子に乗って失敗しやすい
  14. おだてに弱く、軽率で慎重さに欠ける
  15. 花鳥風月を愛でる風流心がある
  16. 新しいものを好み、流行に敏感
  17. 不正や不義に敏感で、義憤の念が人一倍強い
  18. 行動原理は、損得より情と義(自分の気持ちの納得)を優先
  19. 偏財が多い場合、身勝手になりやすい

風流を解する人が多い



偏財の性格をひと言でまとめると、次のようになります。

  • 要領がよい
  • 他人を利用するのが上手
  • 直球型ではなく、変化球型
  • 熟慮型でなく浅慮型
  • 保守的でなく進歩的

 

【偏財の傾向】仕事・職業

  1. 明朗淡白な性格で話し上手
  2. サービス精神旺盛
  3. 商売の適性があり、仕事の段取りがよい
  4. 人やお金が流通する実業界で能力を発揮する
  5. 静かに事務を執るより、動的な活動が伴う仕事に向く
  6. 営業など人と交渉する仕事
  7. サービス業、不動産業、商業全般、経理、税理士、会計士、金融・財産関係
  8. 運輸関係、航空関係、貿易関係もよい
  9. 文芸、音楽、芸能関係
  10. 奉仕活動にも適性があり、福祉や介護関係の仕事もOK

外向的性格が活きる職種で能力を発揮する

 

【偏財の傾向】お金・財産

  1. 経済情勢に明るく、金銭感覚が鋭い
  2. 虚栄心から派手好みの浪費家になりやすい
  3. コツコツ努力して貯める発想はない
  4. お金は貯めるより殖やすものだと考えている
  5. 割り切った金銭感覚があり、ケチケチしない
  6. 義のための散財を惜しまない
  7. ギャンブルなど賭博性のものに関心あり(劫財も)
  8. お金の出入りが激しく、手元に残りにくい
  9. 「宵越しの金は持たぬ」タイプになりやすい

 

【偏財の傾向】結婚と恋愛

男性の結婚・恋愛傾向
  1. 社交的で会話も楽しく、よくモテるタイプ
  2. 女心がよくわかる
  3. 女性への細かい気配りができる
  4. 日支や月上に正財があると、浮気性になりやすい(正偏財交集)
  5. 日干のエネルギーが弱く、偏財が多い人
    ・妻の権力が強く、かかあ天下になりがち
    ・妻に頭が上がらず、尻に敷かれる夫になりやすい

 

女性の結婚・恋愛傾向
  1. 明るく社交的で尽くすタイプ
  2. 日支に比肩があれば、尽くしても見返りが少ない

 

【好みの女性】男性の命式で日支が偏財
  1. 陽気で世話好きの女性と縁がある
  2. 社交的で会話好きな女性と縁がある
  3. 恋愛結婚の可能性が高い
  • 日支「偏財」+十二運の根が強い+偏財が健旺+刑冲がない
    ・美人タイプの女性と縁がある
    ・財福運が強い女性と縁がある
    ・明朗で才知に優れた女性と縁がある
    ・派手好みの女性と縁がある

  • 日支「偏財」+十二運の根が弱い+食傷星がない+刑冲がある
    ・財福運が弱い女性と縁がある
    ・病弱で陰気な女性と縁がある
    ・内助の功は期待できない
    ・派手好みの女性と縁がある

  • 日支「偏財」で、次の格式に該当すると夫婦関係が不安定になる
    ・身弱の偏官格
    ・官殺混雑格
    ・身弱の傷官格
    ・身弱の食神格
    ・偏財太過の格

  • 偏財格+日支が「食神」または「傷官」
    ・「食神」「傷官」が命式の喜神⇒良妻と縁あり
    ・「食神」「傷官」が命式の忌神⇒悪妻と縁あり

 

【好みの男性】女性の命式で日支が偏財
  1. 会話センスがある社交的な男性と縁がある
  2. 世話好きで、やや軽い性格の男性と縁がある
  3. 縁がある男性は女性に人気があるので、浮気に注意
  • 日支「偏財」+十二運の根が強い+偏財が健旺+刑冲がない
    ・財福運が強い男性と縁がある
    ・商才があり、要領がよい男性と縁がある
    ・夫の将来性が期待できる

  • 日支「偏財」+十二運の根が弱い+食傷星がない+刑冲がある
    ・気力か健康に弱点がある男性と縁がある
    ・財福運が弱い男性と縁がある
    ・夫の将来性は期待薄

スポンサーリンク 
 

 

【四柱推命/通変星】偏財の機能

偏財は、正財と同様、日干や比肩・劫財から剋され、偏官正官を生じます。

偏官・正官は、夫や異性の星(女性の場合)です。

そのため、正財・偏財がよい働きをする女性は、男性に優しい人です。

男性の命式では、食神・傷官があれば女性に優しい人の可能性が高いです。

また、偏財偏印を強く剋します。

偏印格の命式に、偏財があるとプラス作用が期待できます。

 

日干と偏財

偏財は、地道な努力で得る財ではありません。

そのため、偏財格は日干が多少身弱でも大丈夫です。

とはいえ、身弱が過ぎると財産の運用などに支障が出てきます。

命式の偏財がよい働きをすると、財産の運用は安定します。

また、肉体感情も偏財の領域です。

そのため、偏財が太過すれば、健康に問題が生じ、病弱質になりやすいです。

また、偏財は父親も意味します。

偏財が太過したり、エネルギーが弱いと、父親と縁が薄い人になりがちです。


家族関係を通変星に当てはめると次のようになります。

  • 自分を産むもの(母親):印綬
  • 印綬(母親)と干合する通変星⇒父親:偏財

干合を夫婦とすると、母親と干合する偏財は父親となります。

 

  1. 特別な偏財格(吉)
    ・財官双美格:日干のエネルギーが強く、正官がある
    ・財殺格:日干のエネルギーが強く、偏官がある
    ・時上一位偏財格
    ・三合偏財局

  2. 年上に偏財が出る命式
    ・父親は商家に生まれる
    ・父親か祖父の、どちらかが養子さん
    ※などと言われましたが、現代世相とはズレがあります。

     

  3. 年柱か月柱に偏財があり、よい働きをしている命式
    ・家庭が裕福か親の仕事が順調な頃に生まれた人
    ・命式の本人も、いずれ福禄の運が向上する
    ・生家を離れて成功する人もいる

  4. 偏財が年柱か月柱のいずれかにある+偏財の十二運の根が弱い
    ・幼少期の苦労が多い
    ・若い頃に父と生死別する可能性
    ・先祖の陰徳を受けることが少ない
    ※偏財を助ける因子があるか、偏財が命式の忌神である場合は問題ありません。

  5. 月支にある偏財が空亡する命式
    ・多忙なわりに成果が上がらない
    ・お金がなかなか貯まらない

  6. 生時に偏財が出て喜神になる命式
    ・財に恵まれたゆとりある老後を送る

  7. 偏財が比肩から強く剋される命式
    ・浪費が多く、蓄財できない
    ・子どもの開運力が弱い(男性の命式)
    ・結婚運がよくない(男性の命式)
    ・夫の開運力が弱い(女性の命式)
    ・生活(衣食住)に苦労が多い

  8. 偏財格で極端に日干が弱い命式
    ・仕事と私生活に苦労と苦悩が伴いがち
    ・陰気な性格で、依存心が強く自立心に欠ける
    ・女性は、上品で控えめな性格で要領がよくない

  9. 日干のエネルギーが強く、生月に偏財が透干している命式
    ・幸福な人生になる可能性が高い
    ・持って生まれた財福運がある

  10. 日干が強い偏財格で、命式に傷官が多く出る命式
    ・名誉を得ることは難しい(傷官が正官を剋す)

  11. 日干が強い偏財格で、命式に食神が4個以上出る命式
    ・偏財が歪んだ強さになる(凶)
    ・自己中心的になり、快楽にふけりがちになる

  12. 偏財格で正財を交える命式
    ・迷いやすく、集中力に欠ける
    ・職業が変わりやすい
    ・男性は浮気傾向が出やすい

  13. 妻(正財)と愛人(偏財)、どちらに心が傾くか?
    ・それぞれを日支(夫妻宮)に引いて十二運の強さを比較する
    ・十二運が強い方に心がなびく
    ・干合があれば繋がり(縁)が続きやすい

    ※「月上正財」・「時上偏財」の場合に活用します。
    ※「月支正財・日支偏財」「月支偏財・日支正財」の場合、浮気心が旺盛になりやすいです。
    ※「月支偏財・日支正財」なら、心の中では、常に理想の妻(正財)を追い求め葛藤します。

 

【女性】の場合

  1. 日干が強く、偏財のエネルギーも強い命式
    ・財運が強く、幸多き人生になる
    ・夫の運気が強い
    ・賢くて親孝行な子どもに恵まれる

  2. 偏財が乗じる地支が刑冲する命式
    ・夫への愛情が薄く、夫の開運を妨げる
    ・良夫と縁遠く、日常生活に不平不満が多い

  3. 月支偏財が空亡する命式
    ・夫への愛情が薄く、夫の開運を妨げる
    ・良夫と縁遠く、日常生活に不平不満が多い

スポンサーリンク 
 

 

偏財が悪く働く(太過・不及)

四柱命式で太過不及している場合は、偏財の長所が弱まり欠点が強化されます。

偏財が太過(強すぎる)

  1. 内心は陰気で焦りがある
  2. 外見を気にして、必要以上に派手になる
  3. 取るに足らないことをペラペラしゃべり、周囲から浮きやすい
  4. 社交上手に見えるが、孤立しやすい
  5. 無駄遣いしやすい
  6. 健康に恵まれず、病弱の傾向

無駄なおしゃべりで周囲は辟易



※基本的にどの通変星でも太過すると

  • 孤立する
  • 嫌われる
  • 陰気になる
  • 偏屈頑固になる
  • 焦りや迷いがある

など共通の悪い面が出やすいです。

 

男性の場合
  1. 女性との縁に恵まれにくい
  2. 縁談後の障壁が多い

 

女性の場合
  1. 「愛してかえって憎む象」と言って、夫は開運力に乏しく、虚弱体質になりがち
  2. 結婚運が悪い
  3. 良夫に恵まれにくく離婚率が高い

 

偏財が不及(弱すぎる)

  1. 陽気だが落ち着きに欠ける
  2. 金銭的欲望が人一倍強い
  3. 仕事に励んでも利益に繋がりにくい
  4. 口が軽く、軽率な印象を与える
  5. 人気があっても心からの信頼は得られにくい
  6. 根は小心なのに、自分を大きく見せたがる

 

女性の場合(子どもとの縁)
  1. 縁が薄く、授かりにくい
  2. 難産しやすく、産後も苦労する
  3. 子どもは虚弱で養育に苦労する
  4. 場合によっては生死別の可能性も
  5. 将来は疎遠な関係になりがち

 

偏財のエネルギーが弱まる原因
  1. 日干のエネルギーが弱い
  2. 傷官の五行が月令を得ず、他の地支に十二運を引いても弱い
  3. 命式内に財星が太過し、傷官のエネルギーを奪われる
  4. 印綬が太過し、傷官に対する制剋作用が強すぎる
  5. 比劫星が太過し、傷官を生扶し過ぎる
  6. 官殺のエネルギーが強大で、傷官が反剋にあって弱まる

 

★過去記事もどうぞよろしく

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

Laniでおすすめスピリチュアルブログとして紹介されました!

【最強厳選】スピリチュアルブログおすすめ60選!人気パワースポット&スピリチュアルサイン情報


ポチッと応援していただけるとハッピーです!