四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【四柱推命】庚の性格「頑固?粗雑?攻撃的?目立ちたがり?負けず嫌い?」

「甲は大木。上昇思考がありプライドが高い」

「乙は草花。柔和で現実的。執念深さあり」

「庚は鋼鉄。自己主張が強く、時に粗雑で攻撃的」

と多くの本に書かれています。おもしろいですね。

実際は、庚にも小心で決断力に乏しい人もたくさんいます。

 

庚の友人は、どう見ても「まな板」の性格

 

 

【四柱推命】日干「庚(かのえ)」の人

庚(五行は金)、強くて頑固なイメージだが

は、硬い鉱石や刀剣に例えられます。

  1. 硬くて力強い、頑固、気が強い、粗雑
  2. 意志が強く、決断力がある
  3. 負けず嫌いで、攻撃的
  4. 正義感が強く、人を裏切らない
  5. 目立ちたがり

などと多くの四柱推命の書籍に書かれています。


もう少し正確に書いてみます。

日干:(五行:

  • 五行の金は義を司り、正義感が強く、義理人情を重んじる。
  • プライドが高く、強情。
  • 庚の人は、落ち着きと威厳を感じさせるが、意志が弱く軽率なところがある。
  • 熱しやすく冷めやすい短所がある。
  • 身旺の庚は、威張り屋さんになりやすい。     
                            

日干だけで性格分析すると…

ですが、五行の性質だけで性格分析するとけっこうハズレます。

たとえば、頑固で乱暴そうな男性を見ると、「あいつはに違いない」と思いたくなります。

ところが、生年月日を聞いて命式を作ってみると、

「なんと!あの人は庚でなくてだった!」

と驚いたりするわけです。


日干だけで判断できるほど人間の性質は単純ではありません。

たとえば、同じ庚の人でも、

  1. 庚(日干)が強い人
  2. 庚(日干)が強すぎる人
  3. 庚(日干)がちょうどよい強さの人
  4. 庚(日干)が弱い人
  5. 庚(日干)が弱すぎる人

と、簡単に5分類できます。

実際の鑑定では、さらに細かく分析します。


それに加えて、通変星の強さと位置が大いに影響してきます。

つまり、命式全体を見ないと何とも言い切れないのが本当のところです。

傾向として参考にしても、決定打にはならないということです。

「壬の人は、酒好きで短気な人が多い」といっても、そうでない人がたくさんいます。

簡単な性格分析は、エンターテインメントとしては楽しいですけどね。

 

【四柱推命】日干「庚」、月支「食神」⇒アタリハズレ

友人の命式です。以下に分析します。

【友人の四柱命式】昭和42年12月12日

 

【四柱推命】日干「庚」からの性格分析⇒アタリハズレ

上に書いたの性格と比べてみます。

実際の彼を知る私の感覚から、アタリハズレを付けてみます。

  1. 力強い⇒ハズレ
  2. 頑固⇒ややアタリ
  3. 気が強い⇒ハズレ
  4. 粗雑⇒ハズレ
  5. 意志が強い⇒ハズレ
  6. 決断力がある⇒ハズレ
  7. 負けず嫌い⇒ややアタリ
  8. 攻撃的⇒大ハズレ
  9. 正義感が強い⇒アタリ
  10. 人を裏切らない⇒アタリ
  11. 目立ちたがり⇒大ハズレ

 

【四柱推命】月支「食神」からの性格分析⇒アタリハズレ

月支で性格の70パーセントが読めるといいます。

以下に検証してみます。

  1. 衣食住に関心が深い⇒だいたいアタリ
  2. 負けず嫌い⇒ややアタリ
  3. 鷹揚、のんき、遊び好き⇒アタリ
  4. 勝気でしぶとさがある⇒ややアタリ
  5. 規制されることを嫌い、責任感に乏しい⇒ややアタリ
  6. 上昇志向は強くはない⇒アタリ
  7. 楽な生き方を望む⇒アタリ
  8. 観察眼がすぐれている⇒アタリ
  9. 愛情豊かで、調和の取れた心の持ち主⇒アタリ
  10. やり過ぎてしまう傾向がある⇒たぶんハズレ


アタリ
ハズレは、友人である私の視点からの主観です。

その視点では、月支「食神」からの分析の方が多く当たっている感じがします。

 

【日干「庚」やや身弱の食神格】友人はどんな人?           

三柱で見るかぎり、上質な四柱命式です。

頑固なところはありますが、キツくて強い性格では全然ないです。(友人も自認)

また、男らしいタイプでもありません。

むしろ控えめな人で、自己主張は苦手な方です。

「どっちの店に行く?」と目の前に選択肢がぶら下がった場合、ほぼ相手の希望に合わせます。

仕事のことで、苦情が来ても決して感情的になりません。

相手を上から説き伏せることもしません。

受け身になって話を聞きまくって、相手の感情が落ち着くのをじっくり待つタイプです。

スポンサーリンク 

   

 

彼の最大の長所は根気強さだと私は思っています。(仕事において)

  • 鷹揚で、バランス感覚に優れている
  • 協調性はとても高い
  • 相手の気持ちを優先する
  • 迫力はやや不足
  • 温厚な雰囲気から人に好かれやすい


命式を見るまでは負けず嫌いとは思いませんでしたが、奥さんに聞くと「かなりの負けず嫌い」と言います。


分析を続けます。

  • 態度は控えめ
  • 雰囲気は柔和
  • どちらかと言うと内気
  • 言葉遣いは朴訥で口下手
  • 目立つことを嫌う(ナンバー3以下が合っていると自認)

 

斧や刀剣をいうより、刃を受け止める「まな板タイプ」です。

「まな板タイプ」は私の自家製の言葉です。

うまい例えだと自画自賛したところ、「おいおい」と笑いながら友人も同意してくれました。

 

包丁が奥さんで、友人はまな板?

書き遅れましたが、匿名を条件に好きなことを書いていいと言ってくれています。

ですから遠慮なく好きなことを書きます(^_^)。

 

【四柱推命】夫婦運はかなり微妙…

夫婦仲はハッキリ言ってよくないです。

30代の頃は何度か真剣に離婚を話し合ったそうです。

40代の半ばになると、お互いに離婚はあきらめたそうです。

「それぞれの生活を楽しむことが暗黙の目標になった」と言います。

今では一緒に買い物に出かけることは皆無らしいです。

長い休日になると、前ぶれなく、

「〇日まで九州に旅行してきます」

とテーブルの上に書き置きがあったりすることも!

友人「もう全然驚かなくなった」

ですが、友人と子どもの関係は良好らしいです。

父母の関係はとっくの昔に理解しているそうです。

友人「だから、特に支障はない」

そういう夫婦関係になってからは、

「喧嘩も言い争いもなくなった」

「給料は別々に管理。家のローンや食費などはお互いが出し合う」

「お互いに空気みたいになって、憎んだりすることがなくなった」

こういう夫婦もあるのですね。

30代は奥さんから叩かれまくった?

命式を見てみます。

日支が劫財ですから、頑固でワガママな奥さんと縁があります。

ですが、劫財は身弱を解消する点で喜神の働きをします。

だから何とか夫婦生活を維持しているのでしょう。

もし、日支に忌神が居座ったり、月支と日支が七冲の関係だったりしたら、本当に離婚していた可能性が高いです。

スポンサーリンク 

   

 

過去記事もどうぞごひいきに!

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!