はっぴーぱわーあっぷ~四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲などの運命学・方位学について、日常生活もからめて徒然に書いていきます。

社会運が悪く、将来対人関係で苦労する息子。四柱推命ではどう出る?

今年の7月も早いもので終わりが近づきました。花は、人間より敏感に秋の足音を聞いているのでしょうね。もうすぐ8月です。

さて、紫微斗数で鑑定したところ、遷移宮が破格していて苦労する可能性が高い息子です。15歳から友人関係で苦労しそうです。

四柱推命でも、息子は苦労が多いのでしょうか?看てみました。

 

 

7月末の我が家の花壇

7月末の我が家の花壇

息子の社会運は波瀾万丈…

紫微斗数命盤では遷移宮が破格

紫微斗数命盤では遷移宮がとんでもないことになっていました。

  • 対人関係ピンチ。
  • 危険察知が苦手で事故や災難要注意。
  • 周囲に必要以上に敏感で気になってしまう。
  • 外出運が不調。
  • 来因宮にもなっているため、他人から迷惑を受けやすい。

社会的に向かい風が吹き続ける運命のようです。

 

息子の遷移宮

息子の遷移宮

 生年化忌と自化忌が同象自化ですから、強い向かい風でしょうね。
かなりの確率でツラい時期が到来すると予測します。

発達障害も疑われた息子だったが

現在は「障害」という言葉ではなく、「でこぼこ」「かたより」の表現に変わる流れですが、1歳半検診では低くない可能性として広汎性発達障害を指摘されました。

噛み癖や落ち着きのなさも克服していますので、今は大丈夫のようです。

先日、息子の授業参観に行ってきました。
小学2年生でも、早いもので落ち着きがない子が複数いるものですね。
ビックリしました。授業中なのにトイレに行く子も数人いました。

コロナのために3ヶ月も学校に行かないと、低学年にはてきめんに影響が出るのでしょうか。せっかく1年生の時に身に付けたものが簡単に失われるとしたら、2年生の先生は特に大変なんだなと感じました。

うちの息子の授業態度は、まあよかった…

授業参観だからでしょうが、じっと前を向いて姿勢良く勉強していました。
先生の投げかけには、ほぼ毎回手を上げていましたし、前に出て答えも黒板に書き込んでいました。

日頃から親しくしてくださっているお母さんが、「一番たくさん手を上げていましたね」とほめてくださいました。そんなことを言われたら、やっぱりうれしいです。

家では勉強は大嫌いと言っています。家庭学習用の教材を毎月タブレットでインストールして勉強させるのですが、やりたがりません。
「つまらない」と言うのです。

算数には自信があるみたいで、授業ももっと速く進んでほしいらしいのですが、わからない子に進度を合わせるため退屈することが多いみたいですね。

自慢のように読まれると困ってしまうのですが、今のところ勉強はできるほうだと先生はおっしゃってくださいます。ただし、話を聞かないための失敗が時々あるそうですが。

さて、言いたいことはこれからなのです。

遷移宮をみても命宮からも、息子は発達障害の可能性が否定できません。たぶん、それが回避されているのは、三方四正に入っている「文曲星」「文昌星」があるからだと思うのです。

息子の場合は、官禄宮の「文曲星」が、遷移宮に「文昌星」が入ります。
この2星が三方四正にある人は、基本的に頭が良いと言われているからです。

15歳までは勉強もわりと好調に進むのではないかと私は思っています。

「15歳まで」と限定したのは理由があります。高校入学直後から、友人との関係でかなり苦労すると出ますので、学業にも影響があることを心配するからです。

 

四柱推命でも社会的な苦労はつきまといそう…

正官と偏官、すなわち官殺が4つもあって多いですね。あちらこちらで、頭をゴツンと叩かれる運命にあるようです。

息子の四柱命式

息子の四柱命式

「官殺混雑格」官殺がやや強すぎる

職業の変化や変遷、及び住居の移動がよくあるなど、何かと身の回りがあわただしい運命になりがちです。
実際に彼は、すでに8歳にして5回も転居しています。ちょっと多すぎますね。親の責任です。

職業上も気迷いが多く、転職をしたくなる気持ちを持つ運命です。これも正官と偏官が混ざって濁りがあるためでしょう。

この官殺の強さは、紫微斗数命盤の遷移宮の悪さと共通点があります。
仕事や対人関係で苦労が多いという点です。
社会的に苦労することが、四柱命式にも表われているのですね。
ちょっとショックです。

官殺がこれだけ強いのに身弱でないのが救い

良いことが一つあります。官殺がこんなに強いのに身弱ではないことです。

これだけ官殺が強いと普通なら「身弱」の日干になります。精神気力が弱く、意志も弱い人になるということです。

息子は、やや繊細で気にしやすい…、というのは親の思い込みで、実はそうではなかったようです。神経は意外に図太いと命式ではわかります。紫微斗数命盤でもそうです。これは安心しました。

しかしながら、身弱ではないのです。あ~、よかった…です。

十二運に「帝旺」があって、「冠帯」も2つあります。
日干の下に「刃」があります。
「辰」の季節は進気で、息子の精神気力を適度に高めてくれます。
月干に「偏印」、時干に「比肩」があります。

これだけ官殺が強いのですから、仕事や社会運で苦労することは紫微斗数命盤と同様に四柱命式にも暗示があります。

しかし、息子の心は折れそうで簡単には折れにくいことがわかりました。
この事実は大きいです。

なんといってもありがたいのは、日支の下にある「刃」です。
この刃がヘナヘナになりかけている人生を力強く蘇らせてくれそうです。

紫微斗数の福徳宮で精神状態を看る

息子の福徳宮の主星は、「廉貞星」「天府星」です。輝きも悪くないです。
紫府廉系の星ですから、こちらで看ても意外に神経質なタイプではないようです。
陀羅星があるので、こだわりは強い性格ではあります。

 

息子の福徳宮

息子の福徳宮

これは、思ったよりも息子は頑張れるかも知れませんね。
うれしいことです。

「丙」(太陽)が2つあるのは良くないと言われるが…

丙は太陽です。太陽は2つも要らない。だから、丙が2つ以上ある命式はよろしくない、と言う人がいますが実践データはあるのでしょうか?あまり深く考える必要はないと思います。

昔、「丙午に生まれる女の子は気性が激しくて…」と本気で言う人がいましたが、そういう迷信の類でしょう。

迷信や神殺には、「言った者勝ち」のような側面がきっとあると思います。
根拠がなくても言われた方は心配になりますから。
また、新しいことを披露すれば注目が集まりますよね。
あまり信用し過ぎない方が良いかなと…。

でも、めぐる運勢はよろしくない…

紫微斗数命盤でも四柱推命命式でも、

社会運は苦労するが、意外に打たれ強く頑張りそう

と出ました。いったん安心しましたが…、

大運がずっとよくないのです…

【18~27歳】 大運(丙午)比肩運 羊刃 ここはシンドイです

大運の比肩運は、この命式には吉運ですが、あまりにも官星のエネルギーが強すぎて、効果が発揮できません。
この10年は、相当苦しい時期になりそうです。

日支と刑になるため、

  • 精神的にも迷いや動揺がやや多くなりやすい
  • 病気の発生など健康面に問題を抱えやすい
  • 家庭内での不和も発生しやすい


大運地支と命式内の地支が刑になり、刃もついているため、

  • この期間は、波乱が起きやすい運気となる
  • 家庭内や外部の人との不和や不仲に要注意
  • 他人から迫害されるような場合も考えられる
  • 配偶者や親しい人との離苦が発生しやすい
  • 仕事や事業上の失敗、他事故や遭難、病気や手術なども起きやすい

大運地支と命式地支のいずれかが七冲または刑になり、そのうえ刃もついています。

  • 事故・怪我・手術など突発的な異変が起きやすい
  • 人との不和や、ものごとの障害なども起きやすいので、自重した行動が大切

この時期をどうやって乗り越えるかですね。年齢的にも社会生活の基盤を作る時期です。ここが良くないことは、今後の影響から考えると痛烈なのですが…。

残念ながら、遷移宮はウソをつかないようです。

【28~37歳】 大運(丁未)劫財運

劫財運も、官星のエネルギーが強すぎて、焼け石に水のような状態になってしまいます。残念です。

この10年で、前の10年間のマイナスを少しでも取り返したいところでしたが。

しかし、大運地支の「未」と日支の「午」が支合するという良い時期でもあります。
ここは、少しだけ安心しました。ここに願いを託したいところです。

  • 精神の安定や家庭の安定が期待できる
  • 健康の回復や健康増進、家庭平和、夫婦相和などの喜びがある
【38~47歳】 大運(戊申)食神運
  • 大運の食神運は、官星太過には吉運です。
  • しかし、それでも官星の力が強すぎて反剋されます。
  • また、身弱に拍車がかかるので、総体的には、良好な運気になりにくいです。 

抑圧された気分から少しは解放されますが、身弱になるので、

  • 反発心が高まるなど、やや感情の起伏が激しく、精神の安定が欠けやすい時期になります。
  • 心理的な負担を感じる事案が多くなり、そのことから注意散漫になりやすいので、交通事故や体調不良などに注意が必要。

やはり、遷移宮の悪さ、官殺の強さがずっと付きまとってきますね。
彼にとっては、何とか克服すべき人生の大きな課題となりそうです。