四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【四柱推命/正財】性格と人生「温厚誠実、真面目で我慢強い勤勉家」

「自分のことは自分が一番知っている」と言いますが、「自分のことなのによくわからない」が現実だと思います。

自分の本質を知るには四柱推命が便利で役立ちます。

  • 人間の本質=月支通変星7割、日支通変星3割

通変星「正財」についてまとめました。

「正財」温厚実直な努力家

 

 

【正財】本質的性格と人生傾向

日干が、陰陽配偶の関係で剋す通変星が正財とです。次の意味を持ちます。

  • 固定資産
  • 正妻
  • 不動産
  • 先祖から継承する財
  • 肉体
  • 感情

正財は、財産と正妻を意味します。

財産と妻は、男性が手に入れたい二大要素です。

しかし、日干のエネルギーが弱いと、かえって重荷になり良くありません。

正財の吉運を得るには、日干の強さが必要です。

一方、偏財は日干の強さをそれほど要しません。

 

【正財のタイプ】性格と傾向

  1. 温厚誠実
  2. 現実主義
  3. 慎重派
  4. 性格は内向的
  5. 落ち着きがあり、控えめ
  6. 実直な勤勉家で我慢強い
  7. 情にもろい人情家
  8. 感傷に浸りやすい面あり
  9. 面倒見がよい
  10. やや鈍感で融通が利かない
  11. 決断は遅め(熟慮するため)
  12. 神経が細かく、経験からの分析力がある
  13. 直感力など感覚の鋭さはあまりない
  14. 安全第一でスリリングな人生を好まない
  15. 真面目さゆえ面白味に欠ける
  16. 考え方は保守的で対人関係のけじめに厳しい
  17. 頼まれたら断るのが苦手
  18. 引き受けたことは責任をもってやり遂げる
  19. 金銭への執着が強い
  20. 悪くすると打算的で自分本位な面が出る
  21. 経済関係に敏感で金銭感覚に優れる
  22. 質素倹約タイプで、無駄遣いが少ない
  23. 正財が多いと身勝手になりやすい

 

正財の性質をひと言でまとめると次のようになります。

  • 真面目だが軽快さに欠ける
  • 要領より忍耐と努力
  • 変化球より直球勝負
  • 実直タイプで駆け引きは苦手
  • 即断型ではなく熟慮型
  • 進歩的ではなく保守的

真面目一筋で面白味に欠ける一面も



劫財が近くにあると、次の性格が加わります。

  • 月支正財・日支劫財
    ・常に焦りがあり、礼を欠きやすい
  • 月支劫財・日支正財
    ・エゴが強く、手堅い金銭感覚が崩れやすい

スポンサーリンク 
 

 

【正財の傾向】仕事・職業

  1. 基本的に真面目かつ熱心に取り組む
  2. 仕事ぶりは地味だが堅実第一
  3. 大企業のサラリーマンか公務員がベスト
  4. 変動が多いベンチャー企業には向かない
  5. 製造業、銀行、証券会社などの金融業、商工業全般、サービス業など
  6. 保険・貿易関係、官公庁、会社の経理担当、会計士、税理士など

経理や事務など堅実な仕事に適性あり

 

【正財の傾向】お金・財産

  1. 勤勉な努力でコツコツ貯める
  2. しまり屋でムダ遣いが少ない
  3. ファッションに無関心な人が多い
  4. 食費や贅沢品にお金を使いたがらない
  5. 不動産や住居など大きな買い物の際は熱心に調べる
  6. 株や投資には不向き
  7. 命式がよければ、老後に蓄えを残す

 

【正財の傾向】結婚と恋愛

  1. 真面目な恋愛でやや堅苦しい
  2. 軽いトークが苦手で熱愛になりにくい
  3. そのくせ異性縁は強く、男女ともモテやすい
  4. 友人感覚の気負わない恋愛の方が上手く進む
  5. 日支に劫財があれば、恋人や妻から迷惑をかけられやすい

 

男性の結婚・恋愛傾向
  1. 正財は異性、主に正妻(偏財は妾)
  2. 日干と正財が適度に強く、バランスがよい人は結婚運良好
  3. 日支や月上に偏財があると、女性関係が派手になりやすい

女性の結婚・恋愛傾向
  1. 正財は、男性や夫に対する愛情
  2. 日干と正財が適度に強く、バランスがよい女性は男性(夫)を大切にする

【好みの女性】男性の命式で日支が正財
  1. 良妻賢母型の真面目な女性を好む
  2. よく尽くしてくれて、束縛しない女性を好む
  • 日支「正財」+十二運の根が強い+正財が健旺+刑冲がない
    ・妻からの財福が大きい
    ・妻の存在が仕事にプラスに働く
    ・妻は、やや大柄で落ち着きがある
    ・貞操観念がしっかりした妻を得る
    ・家庭運のよい妻を得て、家計が安定する

  • 日支「正財」+十二運の根が弱い+食傷星がない+刑冲がある
    ・運気が不安定な女性に縁がある
    ・妻は細身で病弱
    ・夫に手渡す小遣いが少ない妻に縁がある
    ・陰気で視野が狭い妻を得る

  • 日支「正財」+他柱に比肩や劫財、羊刃が重なる
    ・妻は病弱、かつ精神不安になりやすい
    ・生死別の可能性が高くなる
    ・安泰な夫婦生活になりにくい

  • 正財格+日支「食神か傷官」で喜神
    ・妻は自分の人生の力になってくれる
    ・賢良聡明な女性に縁がある

  • 正財格+日支「食神か傷官」で忌神
    ・夫の開運を妨げる妻に縁がある
    ・妻の言動が災いの原因になりやすい

 

【好みの男性】女性の命式で日支が正財
  1. 真面目で優しく、人当たりがよい男性と縁がある
  2. やや頼りなく、面白味に欠ける男性と縁がある
  • 日支「正財」+十二運の根が強い+正財が健旺+刑冲がない
    ・財福力ある夫に縁がある
    ・愛情が豊かで丈夫な夫に縁がある
    ・経済観念がしっかりした夫に縁がある
    ・穏健かつ将来性がある夫に縁がある
  • 日支「正財」+十二運の根が弱い+食傷星がない+刑冲がある
    ・開運力が弱く、貧相な夫に縁がある
    ・気力がなく病弱な夫を得やすい
    ・視野が狭く偏屈な夫に縁がある
    ・器が小さく、将来性が乏しい夫に縁がある

【四柱推命/通変星】正財の機能

正財は、偏財と同様、日干や比肩・劫財から剋され、偏官正官を生じます。

女性の命式では、偏官・正官は夫や男性の星です。

正財・偏財は、官星(偏官・正官)にエネルギーを注ぎます。

そのため、財星(正財・偏財)が命式によい働きをする女性は、男性に優しい人と言えます。

男性の命式では、偏財・正財が妻や女性の星です。

食神・傷官は、財星(偏財・正財)にエネルギーを注ぎます。

そのため、食傷星(食神・傷官)が命式によい働きをする男性は、女性に優しい人です。

また、正財印綬を強く剋します。

印綬格の命式に、強い正財があると破格となることがあります。

日干と正財

正財は、地道な努力と労力で得る財のため、正財格は日干のエネルギーが必要不可欠です。

命式の正財がよい働きをすると、財産の運用は安定します。

また、肉体感情も正財の領域のため、正財が太過すれば健康に問題が生じ、病弱質になりやすいです。

  1. 正財は印綬(母親)を強く剋すため、強すぎると親不孝になりやすい
    ・親の運勢と健康運を弱める
    ・親から離れて生活する
    ・親の職業を継がない
    ・親と意見対立する

  2. 正財と印綬がある命式
    ・「正財:現実重視、印綬:理想重視」⇒矛盾
    ・職業の迷いや変化変動が起きやすい

     

  3. 年上に正財が出る命式
    ・長男の生まれが多い
    ・資産が豊かなど良い家柄の生まれが多い

  4. 年上に正財が出て、それが喜神の命式
    ・生まれ持った先天福分が高い
    ・家柄がよく、不自由ない幼少期
    ・親の財を受けやすい
    ・親の仕事を継承し、繁栄発展する人も

  5. 正財が年柱か月柱にあり、健旺で破れがない命式
    ・金銭的苦労がない安定した家庭で育った人

  6. 正財が年柱か月柱にあり、正財の十二運の根が弱い命式
    ・親に複雑な事情のある家庭に生まれた
    ・親先祖から受け継ぐものが少ない
    ・本人の運命も多難になりがち

  7. 月支「正財」が空亡する命式
    ・職業や家庭が落ち着かず、財運も安定しない

  8. 生時に正財が出て、喜神になる命式
    ・老後は財福に恵まれる
    ・豊かで穏やかな老後を送れる

  9. 正財格で身弱(日干が弱い)の命式
    ・夫婦関係は妻に従属
    ・養子になる人もいる
    ・独立心と自立心に欠け、幸運を逃がしやすい

  10. 正財格で、官殺が多く正財のエネルギーが弱い命式
    ・金銭面で苦労しがち
    ・異性のことで災いが多い

  11. 日干と正財のエネルギーが共に強い命式
    ・生まれ持った先天福分がある
    ・独立起業しても着実で安定した経営になる

  12. 年上「正財」・年支「劫財」、月上「正財」・月支「劫財」
    ・家権が自分以外の兄弟の手に渡る
    ・何事も競争相手が現れ、苦労しがち
    ・財産の定着がよくない

    ※「財が殺地に座す命式」といいます。
    ※命式に、比肩・劫財や刃が多いと上の凶意は決定的になります。
    ※正財が日干と干合していれば、凶意は去ります。

  13. 正財格で偏財を交える命式
    ・迷いやすく、集中力に欠ける
    ・職業が変わりやすい
    ・男性は浮気傾向が出やすい

    迷いやすく、転職する人が少なくない

     

  14. 妻(正財)と愛人(偏財)、どちらに心が傾くか?
    ・それぞれを日支(夫妻宮)に引いて十二運の強さを比較する
    ・十二運が強い方に心がなびく
    ・干合があれば繋がり(縁)が続きやすい

    ※偏財が強いと、自分は正妻より愛人を大切にします。
    ※正財が強いと、正妻への愛を忘れません。

正財が悪く働く(太過・不及)

四柱命式で太過不及している場合は、正財の長所が弱まり欠点が強化されます。

正財が太過(強すぎる)

  1. 陰気で小心
  2. 外向きは明るく交際上手(人づきあいは無難にこなす)
  3. 怠慢で、積極性と決断力に乏しい
  4. 自分勝手で打算的
  5. 求財心が強く、一線を越える行動に及ぶことも


※基本的にどの通変星でも太過すると

  • 孤立する
  • 嫌われる
  • 陰気になる
  • 偏屈頑固になる
  • 焦りや迷いがある

など共通の悪い面が出やすいです。

 

男性の場合
  1. 異性縁がよくない
  2. 妻に逆らえない(昔は婿養子が多かった)
  3. 女性の難に見舞われやすい
  4. 性格は優柔不断
  5. 子どもの開運をふさぐ
  6. 親縁が薄いか親不孝
  7. 財運が弱く妻縁も薄いが、執着する
  8. 表面上の夫婦仲はそれほど悪くない
  9. 時には妻が外で男を作る可能性もある

女性の場合
  1. 性格は穏やかで従順
  2. 情が深く、愛情や嫉妬心が極度に強い
  3. 愛情が深すぎて過干渉になりがち
  4. 世話を焼きすぎて、逆に棄てられやすい
  5. 内向的で体質も強くない
  6. 自我が弱く、ヒステリー気質を持つネクラになりやすい
  7. 感情コントロールが苦手
  8. 財運が弱く、夫縁も薄くなりがち
  9. 夫の開運力を下げる
  10. 子どもの運勢に悪影響を及ぼしやすい
  11. 孤独な人生になる人も

正財が不及(弱すぎる)

  1. 自信がないため積極性に乏しい
  2. 事なかれ主義の生き方をする
  3. 依存心が強く、失敗を責任転嫁したがる
  4. 他人の成功に嫉妬心を抱きやすい
  5. 目先の損得にこだわる
  6. 財への執着心は強いが、苦労が多く報われない
  7. 精神が落ち着かず、不安を抱える
  8. 貯金が趣味の人生になる人も
  9. 我慢強さがなく転職する可能性あり

男性の場合
  1. 家庭は妻主導型になりがち
  2. 必要以上にお金に細かい
  3. 気が小さく男らしさに欠ける
  4. 職業の大成は望み薄

 

女性の場合(子どもとの縁)
  1. 縁が薄く、授かりにくい
  2. 難産しやすく、産後も苦労する
  3. 子どもは虚弱で養育に苦労する
  4. 場合によっては生死別の可能性も
  5. 将来は疎遠な関係になりがち

スポンサーリンク 
 

 

★過去記事もどうぞよろしく 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

Laniでおすすめスピリチュアルブログとして紹介されました!

【最強厳選】スピリチュアルブログおすすめ60選!人気パワースポット&スピリチュアルサイン情報


ポチッと応援していただけるとハッピーです!