はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

大相撲 高見山さんのラッキーカラー~赤系の締め込みは大正解!

昭和40年代後半から50年代にかけて高見山さんは大人気力士でした。
外国人力士のパイオニアとして活躍し、あの小錦をスカウト。後に東関親方となり曙を横綱にまで育て上げました。
高見山さんが好きな色は「赤」でした。

 

 

《午》月《辛亥》日の夏生まれ「宝石タイプ」

高見山さんは、辛の宝石タイプの人です。

けっこう繊細な方だとわかります。ハートは温かく、真面目な人です。

f:id:keyakinamiki67:20201022222407p:plain

宝石タイプの人

おそらく時間や約束はしっかり守るタイプでしょうし、博打なんかもしないでしょう。

というか、そういったものは大嫌いな命式です。

水があったら宝石をきれいにしますから、才能が発揮されやすくなります。

「壬」がありますし、「亥」は北方に位置して水を含んでいます。

聡明でアイデアマン。人を惹きつける魅力を持つ人です。

 

やや身旺の「偏印格」だが偏印が弱い

格である偏印が弱いため、それを強めるのが幸運へとつながります。

f:id:keyakinamiki67:20201022222605p:plain

1944年6月16日生まれ「偏印格」

偏印は「己」なので「土」です。

土を生じるのは、火生土で「火」です。

ですから、赤い色が高見山さんのラッキーカラーであり、保護色となります。

「火」の色は、赤です。オレンジも良いです。

f:id:keyakinamiki67:20201022223310p:plain

仕切りの顔は怖かったですね(絵はイメージ)



「黒」を好んで身につけたら運気はダウンするでしょう。

ですから、当時は珍しかった「赤系のまわし」は大正解でした

ハワイアンなので明るい色を好んだのでしょうが、良かったことになります。

もしかしたら、ラッキーカラーがわかる誰かがアドバイスしたのかもしれませんね。

 

高見山さんの本質的性格

  • 自己主張がやや強いですが、直感力や感覚が鋭い
  • 着想や発想にもユニークさがあって、機知に富んでいる
  • 自由な発想のできる人で、その分、臨機応変な要領の良さがある
  • 他人の愛情や援助を自然に期待するなど、ややクレバーに傾くところがある
  • 芸術性に富んだり芸能関係に関心が深い(ダンスも上手だったような…)
  • 偏屈気ままで、気まぐれなところがある(偏印の性格ですね)
  • 元来、楽天的で世話好きな性格
  • 真面目、実直で誠実な印象を受けやすく、我慢強さがある          

 

印星を格とするが、孤印とも言える状態になっているため、

  • 祖先や父母の恩愛が受けられにくい
  • 幼時生活上の苦労なども多いと想定される

 

f:id:keyakinamiki67:20201022223435p:plain

赤いまわしがラッキーカラーだった

 

おわりに

ラッキーカラーには個人差があり、四柱命式がそれを教えてくれます。

高見山さんの場合は、土を強くする必要がある命式です。

f:id:keyakinamiki67:20201022223754p:plain

四柱命式から五行の強さを知ることが大切

この図のように、火が土を生んでくれます。火生土(かしょうど)といいます。

緑や青は「木」の色ですから、土を剋します。

土のエネルギーがダウンするため凶に作用してしまいます。

ところが、優勝した1972年は(昭和47年)は緑色の締め込みをしていました。

 

【 29 歳 】 歳運【壬 子】傷官運

1年間の傷官運は、傷官が喜神となり、能力が発揮されやすい年です。

もともと傷官をに凶星と断じる本もありますが、能力を淀みなく発揮できる運ともなります。

アンラッキーな色だから完全に不幸になるわけではなく、その人が積み重ねた努力や総合運など全体を見て判断しないと「木を見て森を見ず」になります。

運勢判断の難しいところはそこにあります。

 

高見山さん、お元気そうですね。

短命といわれるお相撲さんの世界ですが、ずっとずっとお元気でいてください。

 

ポチッとしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

よろしかったら、下記の記事もお読みくださるとうれしいです。

 

www.happy-power-up.com

 

 

www.happy-power-up.com

 

 

www.happy-power-up.com