はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

【四柱推命】佐藤愛子さん『私の遺言』強烈極まりない心霊体験

特別の本棚に入れておく本がまた一冊増えました。

佐藤愛子さんの『私の遺言』です。

愛読している『笑顔応援隊 i🌸少納言』の記事を読んで興味を覚え、さっそく買って読んでみました。

驚くべき強烈な心霊体験の数々…

読み始めると止まらなくなり、何度も何度も繰り返し読むうちにあっという間に数日が過ぎました。

その間、私のブログは完全にストップ。

読み終えてようやくブログを書く気持ちになりました。

すでに読んだ方も多くいらっしゃると思いますが、まだの人はぜひお勧めしたい一冊です。

佐藤愛子さん『私の遺言』

文庫版です。上が切れてごめんなさい。お顔を載せたかったのです。

 

【四柱推命】作家・佐藤愛子さん

興味関心を持った人は、生年月日さえわかればすぐに四柱命式を出してみたくなります。

【佐藤愛子さん】日干「壬」、偏官格の人 

四柱命式(佐藤愛子さん)

佐藤愛子さん(1923年11月5日)

比肩が2つ、劫財もあり、迫力を感じさせる命式です。

十二運の根も強いですね。

日干のエネルギーが強く、相当たくましい女性と想像できます。

独立心が旺盛で、一本気な人です。                                        
                                                                           
あれほどの作家さんですから頭が良いのはもちろんでしょうが、「理屈よりも行動が先」の人ではないかと思います。                                         
                                                                           
それに、ここまで日干が強いと、なかなか頑固な人でしょうね。

決断力と意志の強さで、人生の波乱を乗り越えてきた人なのは間違いありません。   

 
こんなこと書いては何ですが、通変星のバランスがあまりよろしくありません。

順風満帆な人生にはならない人です。

格である「偏官」のエネルギーがまずまず強く(日干よりは弱いです)、

  • 親分肌の気質の持ち主。義理人情に厚い人
  • 男性なら、司法や行政関係、警察官などに適性がある
  • 感性が鋭く観察力も優れているため、 芸術家や作家にも適性がある(実際多くいらっしゃいます)                                          

 

【佐藤愛子さん】配偶者縁「う~ん、厳しい…」

日支の正財が孤財になっていますので、夫になる人は結果的には悲運の人になりやすいです。  

さらには、あまり甲斐性のない男性と縁があります。

波乱・破綻などから苦労を背負い込みやすい運命にあります。             


ここまで書きましたが佐藤愛子さんは現在97歳。

「私の人生なんか占う必要ないわよ。すでに遺言も書いてあるんだから」

とおっしゃるに決まっています。

だからこの辺で四柱推命の話はやめておきます。

スポンサーリンク 

 

 

佐藤愛子さん『私の遺言』

とにかく、『笑顔応援隊 i🌸少納言日記』をお読みください。

syounagon.hatenablog.com

 

その上で、佐藤愛子さんのご著書をお読みになることをお勧めします。

北海道から始まる壮絶な心霊体験が描かれています。

本書は、心霊現象だけではなく、あちらこちらに佐藤さんの強いメッセージが「遺言」として書き記されています。 

私は、北海道民の生活がアイヌ民族の迫害という暗い歴史の上にあることを今さらながら思い知らされました。

アイヌの人たちが送っていた生活こそが、人として生きるべき本当の姿なのかもしれない…とも。

ものごとは一旦進み出したからにはもうその流れを止めることはできないのである。交代させることも不可能だ。

行きつくところまで行かなければ、方向を変えることは出来ない。

私はかつての戦争でそのこと教えられた。負ける、負けるといいつつ、原爆を落とされなければ戦争を終わらせることはできなかったのだ。

高度経済成長からバブル経済に向っている時、株や土地の高騰に、先行きの不安を感じながら、バブルが崩れて景気が落ち込むまでは日本中がその流れに乗っていた。

物質の豊かさと自由快適な暮らしを追い求めているうちに我々は心を荒廃させていった。

佐藤愛子さん『私の遺言』から引用

 

本書には誰でも知っている有名な方々がたくさん登場します。

皆さん親身になって佐藤さんを助けようとしますが、なかなか思う通りにいきません。

相当に強大なパワーが佐藤さんにのしかかっていたようです。

身の毛もよだつ体験です。


終盤部分には遠藤周作さんも登場します。

遠藤さんも生前、あの世について深い考察をお持ちだった人です。

 

www.happy-power-up.com

 

遠藤さんですが、江原啓之さんを通して「あの世はあるんだよ」と佐藤さんにメッセージを送ってきます。

佐藤さんとの約束をあの世から果たされたのですね。

これ以上駄文を書くのはやめにしておきます。


もう一つ、こちらのブログもどうぞ!

きょうこさんへの忖度ではありません(^_^)。本心から誰かにご紹介したい記事です。

kyokoippoppo.hatenablog.com

江原啓之さん、美輪明宏さんも実名で登場します。

彼らでさえ尻込みするほどの強烈な霊現象。

あきらめることなく寄り添ってくれる鶴田光敏医師。

さまざまな著名人が実名で登場し、佐藤さんを必死で助けようとします。

しかし、決定打に欠けて…。

そして、いよいよ最後の砦として登場する相曽誠治さん。

対峙し襲ってくる試練(霊現象)の強さは、『さらば宇宙戦艦ヤマト』の「彗星帝国」を私に思い出させるほどでした。

払っても払っても、払いきれない…。

やっと落ち着いたと思ったら、それも束の間、また襲ってくる…。

 

まずはお読みくださいませ。

 

スポンサーリンク 

 

 

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!


開運カウンセリングランキング