はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

私、エラそうに語る占い師を軽蔑しています~何でも知った顔はペケ

よく何でもわかったように語る占い師がたま~にいます。「まともな人」は謙虚さを身につけているはずです。

本人は「上から目線」に気づいていないのかもしれません。それって致命的だと思うのです。辛口ですみません。

 

占いは学問? 

私は、四柱推命から占いを習い始めました。

流派が多いため、今の先生にたどり着くまで変遷を繰り返したのですが、最初に教えてくださった先生が、

「四柱推命は学問」

とよくおっしゃっていました。

その度に私は内心で、

「占いが学問なの?」

と疑問を持ちながら頷いて聞いていました。

「占いなんて学問とは違うでしょ」

という思いがあったのです。

f:id:keyakinamiki67:20201017173424p:plain

正しい運命学は学問そのもの

 

構築された理論を持つ「運命学」は学問!

結論を書きますと、理論体系がしっかりしている「四柱推命学」は学問だと今は確信しています。

しかし巷にあふれる「四柱推命」の中には、学問とは言えないものが混在しています。

学問とは言えないとは、理論の体を成していないということです。

その場その場で言うことが変わったり、理論がフラついたり、説明できなくなると直感に頼ったり…、そういうものは「学問」とは言えません。

私が最初に鑑定してもらった鑑定士さんも今思えばそうでした。 

www.happy-power-up.com

その鑑定士さんですが、正しい鑑定ではなかったと今の私は断言できます。

「印綬を持っているから頭が良い」とか、「日干が甲だから精神を病みやすい」とか、

そんな単純な看方はありません。

というか間違いだし、「学」ではありません。

それでも、四柱命式を見ると全く外れるわけでは無く、まあまあ当たるからスゴいと思ったのです。

これは本格的に学んだら何でもわかるようになるに違いない!

と考えたのが勉強を始めたきっかけになりました。

それから、日本全国各地の鑑定士さんから相当な数の鑑定を受けてきました。

本物と出会いたかったからです。

 

何でもわかると言いたがる人ほど怪しい

考えてみてください。

何でもわかっている「学問」がこの世に存在するかどうかを。

しませんよね。絶対に存在しません。

それは、自然科学だって人文科学だって、どちらもです。

私の友人にマゼラン星雲をずっと研究している大学教授がいますが、

「わからないことだらけだ…」

と言います。

それは、宇宙が広すぎるからじゃない?

と思うかも知れませんが、人間の精神や人生だって、宇宙に負けないくらい複雑で深奥な世界だと思います。

さらに、宇宙は無機物ですからウソをつきませんが、人間はウソをつける高等な生物です。

精神、性格、運命、人生観、親子関係、考え方、価値観、職業、結婚、子どもとの関係などなど、ものすごく複雑です。

それをですね、

「私の鑑定では、すべてがわかる!」

なんてはずがあるはずがありません。

しっかり学を修めた人なら、おおむねわかるとは思います。

しかし、「すべて」は絶対に無理です。

それを「わかる」と言い切る人がいることに、大いなる欺瞞を私は感じてしまうわけです。

人間を舐めてる!

としか思えないわけです。

この世に100パーセントはありません。

 

「魁罡」という神殺について

四柱推命に「魁罡(かいごう)」という神殺(しんさつ)があります。

多くの本には、

命式に魁罡があれば、とても気が強い人とか、決断力がある人とか、文才がある人などと書かれています。

私が最初に出会った鑑定士さんも「あんた魁罡があるから、字がきれいでしょ」とか「気が強いね」と言いました。

全然そんなことありません(^_^)。

それに、魁罡を命式に持つ人は、けっこう多くいます。

私の50人くらいいた前の職場にも調べてみると4人いました。

その中に1人文字がキレイな人がいましたが、他はそんなことはありませんでした。

気の強さですが、1人はとても穏やかな性格で大変なお人好しでもありました。

また、教員時代には気になる生徒の命式を作ってアドバイスに役立てていましたので、相当な数の命式を目にすることができました。

たくさんいましたよ。魁罡を持つ高校生が。

文字はというと、上手でない子がたくさんいました。

作文が下手で直すのに骨が折れる子もいました。

班長になっても、リーダーシップが取れずに困惑していた子もいました。

性格も大人しい子がけっこういました。

だから、私の結論は「魁罡はアテにならない」です。

魁罡を考えないで、鑑定した方がずっと正確に個性がわかります。

このことは、たくさんの経験から自信を持って断言できます。

 

おわりに

会社勤めの経験がほとんど無い人に会社のアドバイスはできません。

結婚の経験が無い人に、結婚生活の楽しみや苦しみはわかりません。

子育てしたことが無い人に、育児の大変さはわかりません。

占い師がわかるのは、運命の巡りや宿命、吉凶などであって、それなのに「人生のアドバイス」などと大上段に構えてエラそうにする人の気が私には知れません。

私が教わっている先生は、非常に良く当たるのにとても謙虚です。

そもそも、日本人は「先生、先生」と安易に持ち上げすぎると思います。

その言葉は、自分をエラいと勘違いさせてしまう良くない魔術みたいな言葉ではないかと思います。

発音しやすいし、相手を持ち上げるには大変便利な言葉ではありますが…。

 

よろしかったら、下記の記事もお読みくださるとうれしいです。

 

www.happy-power-up.com

 

 

www.happy-power-up.com

www.happy-power-up.com

 

 

ポチッとしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村