四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【奇門遁甲・方位】引っ越し、旅行に禁物!恐るべし〈螣蛇妖嬌格〉

奇門遁甲の凶方位です。

螣蛇妖嬌」と書いて「とうだようきょう」と読みます。

おどろおどろしい感じがする漢字が並んでいますよね。

天盤「癸」地盤「丁」で、丁の火に水をぶっかけられる凶意を意味します。

火災などの災難にも注意。

試験、訴訟などにもかなりマイナス作用が働きます。

踏み込んではいけない方位と言えます。

癸(雨水)が丁(灯火)を剋す方位

癸(雨水)が丁(灯火)を剋す方位

 

【奇門遁甲】凶方位〈螣蛇妖嬌〉

天盤が「癸」、地盤が「丁」で構成されます。

四柱推命では、「癸」の合言葉は「雨・霧・雲・露」です。

「丁」は「灯火・ロウソク」。

丁が癸を忌み嫌うのが想像できると思います。

雨水は、丁火を容赦なく消す剋(こく)として作用します。

また、どちらも「陰」の五行です。

情景をイメージしても明るい雰囲気が伝わってきません。

ただし、丁火が激しく燃え盛ると火事になります。

そうなると、雨水ごときでは手も足も出ません。

立場が一気に逆転して、癸は蒸発して雲散霧消の憂き目を見ます。

いずれにしても、癸と丁とは良好な関係にならないのです。

簡単にまとめてしまうと、火が消されるか、山火事か、の二者択一の凶意が待つ恐るべし方位です。

山火事

丁も強くなりすぎると「山火事」に

スポンサーリンク 

 

 

【奇門遁甲】凶格〈青龍逃走〉の基本

〈構成〉天盤が「癸儀」、地盤が「丁奇」
 
【奇門遁甲】凶格〈青龍逃走〉の具体的作用

〈吉効果〉なし

 「濡衣を着せられる

  • 他人からあらぬ誤解を受ける
  • 悪意を抱かれる
  • 突発的災難に遭いやすくなる

〈使用目的〉なし

 

金 運
  • 賠償金や慰謝料を支払う状況に陥りやすい
  • これまで貯めていた大事なものを失う羽目になる
恋愛・家庭運
  • 男女関係から思わぬ災難に発展しやすい
  • ふとしたことから夫婦関係も破滅に向かいやすくなる
仕事運
  • 失敗が増え、職場では四面楚歌に
  • 負の責任を押しつけられ、成果は横取りされる
勝負運
  • いかなる勝負事にも絶対的なマイナス作用が働く
  • 勝つことはあり得ないので、自己肯定感がどんどん低下する
健康運
  • 事故・災難には細心以上の注意が必要である
  • 健康不安に苛まれる
学業・受験
  • 集中力が確実に低下し成績は下降する
  • 勉強の目標がわからなくなり、意欲も低下する 

 

戦格が最凶の破壊力を持つとはいえ、螣蛇妖嬌格はその字面の通り、陰湿な恐ろしさがじわじわと身に迫ってくる方位です。

もちろん、吉門が合わさると凶意は減りますが、プラスに転じることはありません。
極力避けるべき不幸を呼ぶ方位です。

スポンサーリンク 

 

 

あとがき【奇門遁甲】〈螣蛇妖嬌〉引越し方位×

持ち運が元々強い人は、多少の凶方位でもあまり影響を受けなかったりします。

そういう人は、生まれた時からエンジンの強い頑丈な船に乗っているようなものです。

しかし、残念ながら生まれた時からエンジンにパワーがなく、弱々しい船に乗っている人も少なくありません。

幼少期から病弱だったり、家庭運に恵まれていなかったり、なんとなく運が味方してくれていない人は、もともと船体が弱い人が多いようです。

ところで、同じ家族内にも、運が強い人弱い人がいます。

全員の運が強いという家族は多くありません。

 

www.happy-power-up.com

 

家族全員の安全と安心に影響がある以上、引っ越しの際には吉方位を選ぶことは大切なことです。

さて、今回の螣蛇妖嬌格ですが、よほど命式がしっかりした人でも凶作用が及ばない保証はありません。

ハッキリ言ってイヤな方位です。

  1. 頑張ることで追い風が吹くのが吉方位
  2. 頑張っても向かい風が吹くのが凶方位
  3. 頑張る意欲さえ時に奪い去るのが凶方位
  4. 頑張ろうという意欲が湧いてくるのが吉方位
  5. 笑顔が消えてくるのが凶方位
  6. 笑顔が自然と顔に浮かぶのが吉方位

田舎の駅

うっかりミスで時刻表メモを読み違えた


数年前に無活動の引率でやむなく「螣蛇妖嬌格」を踏んだことがあります。

八門などは悪くなく、それほど大きな影響はないだろうと気にしませんでした。

しかし、特に何かがあったわけでもないのに気持ちがザワザワしイヤな感じがしてきまました。

予想よりも早く生徒が敗北し、14名を駅に向かわせることになりました。

その時に、何を思ったか、メモしてあった発車時刻を読み違えてしまいました。

北海道の田舎の駅ですから、1時間30分時間を持て余すことになりました。

帰宅が遅くなることを各ご家庭に連絡するように指示して、生徒にはもちろんお詫びしました。

皆笑って許してくれましたが、時間のロスと混乱を生じさせてしまいました。

都会であればお店などで時間を潰すなどができたのですが、駅の周りには一軒の小さなスーパーしかありませんでした。

その時になって「螣蛇妖嬌格」を踏んだことを思い出しました。

「もっと慎重にメモを見るべきだった」

と後悔しても後の祭りでした。

 

「丁」は文書を意味します。

この方位を犯せば、文書関係のミスが生じやすくなるとされています。

「自分の単純ミスを方位のせいにするなよ」

と言われてしまえば返す言葉もないのですが、苦い体験を思い出したので書き記しました。


理由もなく気持ちがザワザワする時は、きっとどこかに原因があります。

単純ミスや人間関係のトラブルもそういう時に発生しやすいと思います。

気持ちの乱れは運気の乱れ、トラブルの元

慎重すぎるぐらいの注意が必要です。

雑な判断と、安易な選択は後々の後悔を生み出します。

これは私自身への自戒でもあります。

時盤の効果も数日間続きます。

理由が判明しないザワザワ感が心の中で騒ぎ出した数日間は、積極策はなるべく避けることが肝心と思います。

わかっていても実行できないのが凶方位の作用でもあります。

気をつけたいものです。

 

2022年のカレンダーは買いましたか?

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!


開運カウンセリングランキング