はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

旅行や出張にも「凶方位は危険!」と不安を煽る占い師がもしいたら…

奇門遁甲を使う占い師から「『死門にだけは行かないでください』と言われたが、そんなに危ないのですか?」と質問を受けることがあります。

阿修羅原さんを忘れない~龍原砲がスゴいタッグになる理由がわかった!

日本屈指の名ラガー原進さんが、国際プロレスに入団したのは1977年のことでした。もう40年以上も昔のことです。 国際プロレスの救世主として期待を一身に背負いましたが、残念ながら国際プロレスは消滅することになり、それから原さんの運命は大きく変…

最後の景色はおまえの瞳~最後に瞼を閉じる直前は何を目にするのだろうか

50歳を過ぎると、30代までには考えもしなかったことをしみじみと考えるようになってきました。最期の時に何を見ながら瞳を閉じるのか、気になる年齢になりました。

間違うと怖い「返報性の原理」~もらいすぎると感謝は憎しみに変わる!

「人間は自分ひとりが得をしすぎると不快に思う」そういう知的な生き物です。 さらに、「返報性の原理」も本質を知らないと感謝が憎しみに変わります。

「社畜」という言葉を使うのはやめませんか?自虐にならない愚弄ワードです

私は言葉へのこだわりは小さい方です。放送禁止用語が増えると「そんなのいいじゃないか」と思う方です。あまり細かいことにこだわることには反対です。しかし、「社畜」これはワーストワードだと感じます。

59記事を振り返って、拙い内容に赤面してリライトを始めました。(;゚ロ゚)

59記事目を書いてきました。これで60記事目です。読み直してみるとダメダメでした。これは恥ずかしい!先週からリライトを始めました。

言霊を信じますか?~イマジネーション効果に過剰な意識は必要ない

「言霊を意識しなさい」と言う人がいます。 その実態を考えると、こだわり過ぎるのはよろしくないと考えます。 その理由を書き記します。

離婚するか迷った時は…弁護士は最後の手段~実体験からオススメするのは…

弁護士か、離婚カウンセラーか、行政書士か、あるいは、、、体験からまとめてみます。

占いなどバカにしていた私が、真剣に勉強を始めたキッカケを書きます

占いをする人間は、陰気でマニアックで、社会性もなくて、スポーツなどできなくて、要するに社会的不適合者の集まりだと思っていました。 そんな私が、占いの世界の深淵を極めたい欲望に駆られ、猛勉強を始めたキッカケを書いてみます。

西田敏行さんと池中玄太はイコールだと思いたかった~焼鳥は食べないはず

『池中玄太80キロ』感動あふれる素晴らしいホームドラマでした。 私は、作品にのめり込みすぎて「玄太=西田さん」と完全に同一視していました。いえ、同一視したかったのです。玄太と違う人格の西田さんであって欲しくなかった。それくらい好きなドラマで…

藤波辰爾さんは、プロレスラーとして最高レベルの功労者だと確信する理由

本当のことを書きますと、昔は大嫌いでした。天龍さんの敵だと思っていたからです。年齢を重ねて私も視野が広くなり、藤波さんの偉大さがハッキリわかりました。 スゴい人です。

このザンギ(唐揚げ)の味は太鼓判!岩見沢で見つけた「とんかつ富司」

最近、岩見沢のお店を巡る機会が多く、その中でも「これはウマい!」と太鼓判を押せるグルメをご紹介します。平成に入ってから減ってきましたが、北海道では「唐揚げ」を「ザンギ」と呼ぶ人が多いのです。その2つは別物か同じ物かの諸説もありますが、私は…

ミスター昭和おやじ野崎太郎『太陽にほえろ!』長さん~下川辰平さん

厳しいけど心根は優しい頑固オヤジの雰囲気満点だったのは「長さん」こと下川辰平さんではないでしょうか。宮内淳さんが亡くなってから、私は『太陽にほえろ!』の名刑事たちを思い出してやみません。

『太陽にほえろ!』山村刑事~露口茂さんの四柱推命~理想のナンバー2

大好きだったレジェンド刑事「山さん」。 私は、杉下右京VS山村精一で推理力を競っても、総合力で山村刑事が勝つだろう勝手に信じています。

さようなら、宮内淳さん~『太陽にほえろ!』の熱い刑事たちを忘れない!

刑事ドラマの金字塔「太陽にほえろ!」。刑事役の俳優さんたちが、すでに何人もあの世に旅立ってしまいました。 若いカッコいい刑事の印象が強かったボン刑事役の宮内さんまでお亡くなりになりました。私は猛烈に寂しいです。