四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【奇門遁甲/方位】引っ越し、旅行で絶対避けたい大凶方位〈飛宮格〉

奇門遁甲大凶方位です。

「飛宮格」と書いて「ひきゅうかく」と読みます。

大木が斧で根こそぎ刈り取られる意味があります。

イメージとしては「自分が苦労して築き上げてきた大事なものが一気に崩れ去る」。

それは、人間関係や財産、あるいは健康にも害が及ぶとされます。怖いですね。精神的ダメージも大です。

この方位への引っ越しや旅行は極力避けるべきです。

斧と切り株

庚(斧)は甲(木)を根こそぎ切り倒す

 

【奇門遁甲】凶方位〈飛宮格〉引っ越し×旅行×

天盤が「甲」、地盤が「庚」。

例えると、次のようになります。

  • 甲=大木(築き上げてきた大事なもの)
  • 庚=斧

天に大木、地に斧ですから、大木は根こそぎ刈り取られて倒木になります。

この方位ばかりは、旅行の予定を少しずらしてでも私は回避します。

大切な引っ越しの日には絶対に避けるべき大凶方位です。

 

【奇門遁甲】凶格〈飛宮格〉の基本

〈構成〉天盤が「甲」、地盤が「庚」

 

【奇門遁甲】凶格〈飛宮格〉の作用

〈吉効果〉なし

〈使用目的〉なし(避けるべし)

 

金 運
  • 築いてきた財産を根こそぎ失う危険あり
  • 公務員や大企業勤務など収入が安定している人はムダ遣いに注意
  • 投資・投機には強い凶意

恋愛・家庭運
  • プラスになる相手と出会えない(マイナスの相手とは出会えるから不思議)
  • 必要以上に出費が増える
  • 裏切りなど信頼関係にヒビが入りやすい

仕事運
  • 上司・部下からマイナスの感情が向けられる
  • 極端に職場の環境が悪くなる
  • 身に覚えのないトバッチリを受ける
  • 失敗が多くなる
  • 善意の行動でも悪い方向に裏読みされる

勝負運
  • 精神的安定を失い実力を発揮できない
  • 勝ち運に逃げられる

健康運
  • 深刻な病に侵されやすくなる
  • 自動車の場合は交通事故に注意

学業・受験
  • 良い作用は何一つ期待できない
  • 受験旅行では極力避けるべき 

スポンサーリンク 

 

 

 

【あとがき】奇門遁甲の大凶方位〈飛宮格〉

同僚の「ハネムーン」ハネ=飛ぶ宮?

5年くらい前のことです。

職場の同僚が結婚しました。

親しい関係だったので結婚式には招待してくれると楽しみにしていました。

「式はどこで挙げるの?」(「どのホテル?」のつもりで尋ねました)

同僚「2人だけでロンドンの教会で鐘を鳴らして来るよ

私「家族・親戚は?」

同僚「2人だけ」

九星気学だか奇門遁甲だか、同僚は方位のことは何も知らないのですが、出発の日にちを私に告げて、

「吉日ですよね?」と言いました。

調べてみると、出発予定日の日盤が「飛宮格」でした。

私「変更できないの?」

同僚「無理ですね。悪いですか?」

私「あんまり良くはよ。できるなら変更した方がいいかも」

同僚「どんなふうに悪いんですか?」

私「『飛宮格』といって、あんまりよろしくない」(緩めに言いました)

同僚「具体的には?」

私「ハッキリ出やすいのはお金のことかな」(これも緩めに)

同僚「それなら大丈夫。飛ぶ宮ならまさにハネムーンじゃない!(笑)」

 

教会の鐘

「ロンドンの教会で鐘をついて来ます」ハネ=飛宮?


結論を書くと、その同僚、それから1年以内に離婚しました。

飲み会の離れた席で私にコッソリ教えてくれた理由は次の通りでした。

  • 奥様の実家は祖父の代から地方の歯科医師
  • 一人娘のため不自由させたくないと、結婚後も仕送りをもらっていたらしい
  • 実家は最初から結婚に反対していた「どうして地方公務員なんかと」
  • 金遣いが荒く、月の収支は常に赤字
  • 給料を渡しても「この程度?」という気持ちが毎回伝わってきた

ということが重なり「頼りにされていない」と感じるのはツラかった。

以上が簡単に説明してくれた理由です。

 

結婚後、同僚は高級車に買い替えました。

奥さんから(たぶん実家)からのプレゼントらしいです。(持参金かな?)

「もったいない!楽な生活ができたはずなのに!」

と感じる人もいることでしょう。

しかし、同僚の感覚では耐えがたかったのですね。

 

www.happy-power-up.com

 

私も富豪になれた!?結婚紹介

私には、その気持ちがわかるような気がします。

次のような経験があるからです。

30歳になった頃でした。

会社の名前は伏せますが、海外にも支店がある某中堅商社の社長令嬢とお見合いをしました。

最初のデートの場所は支笏湖でした。

ドライブコースとして人気!


話していくうちに、生活レベルの違いがわかってきました。

  • 週2回のペースでゴルフに行く
  • 2か月に一度、海外旅行に行く(その日もちょうどハワイから帰ったばかりで、お土産をもらいました)
  • 「今日の昼ご飯何を食べたいですか?」「お刺身が食べたいです」


熟慮した上で、紹介してくださった方に

「今回は縁がなかったにしたいのですが」

と電話を入れました。

「嫌だったら断っていいんだよ」

という前提でお会いしたのですが、なかなか納得してくれませんでした。

結婚の紹介は、往々にしてそういうことがあるものです。

  • 生活レベルと価値観の違い
  • 私の給料ではやっていけないだろうし満足させてあげられないだろう

という旨を一生懸命話したところ、

「そんなの持参金5,000 万くらい持ってくるよ」と。

(そんな身の丈に合わないお金は要らないんだよな~)

と私は心の中で思いました。


あれから20年余りの歳月が過ぎました。

今は、その頃よりもお金の大切さが分かります。

それでもやっぱり、お断りして正解だったと思います。

こういう経験があったせいか、私は同僚の気持ちがわかるような気がしました。 

同僚は、方位の話題を全く覚えていませんでした。

それはそれで良いのです。

私にしたって「方位がその原因だよ」などと断言するつもりもないし、 それが全てとも思いません。

一つのエピソードとしてご紹介しました。 

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!