四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【占いの種類とカテゴライズ】東洋系・西洋系「命」「卜」「相」

「占いって、そんなにたくさん種類があったの!?」とのお問い合わせをちょうだいしました。

どんな時にどんな占いを受けたら良いか?」。

言われてみれば以前の私もよくわかっていませんでした。

「占い師=易者さん」と思っている人だっています。

そこで、この記事では占いをカテゴリーに分けて整理してみました。

わかりやすくするために中国五術の「命・卜・相・医・山」を基本に、西洋系なども加えてカテゴライズしてみました。

取り急ぎ書いたので、今後少しずつ加筆していく予定です。

ご一読のほど、よろしくお願いします。

 

 

中国五術「命・卜・相・医・山」

「めい・ぼく・そう・い・さん」と読みます。

中国で古くから伝わってきた言葉です。

あわせて「中国五術」といいます。

 

【命】自分を知る、性格・人生分析、運命の流れを知る

生年月日などのデータから命式・命盤などを作成し、性格分析・過去や未来の出来事・持って生まれた福分などを究明する。


四柱推命

  • 「子平推命」「八字」「命学」「命理」とも呼ばれる。
  • 流派多数で解釈が異なることが多々あり。
  • 時に排他的発言も散見されるのが残念。検証し合えばいいのに…と私ごときは思います。
  • 深く勉強している人と、恐ろしいくらい不勉強なのにセミナーを開いている人もいる!?・・・それが、いるんです(;゚ロ゚)。
  • 知名度は非常に高い。

私が学んだ流派とは異なりますが、勉強になる本です。

 

紫微斗数

  • 星曜派・飛星派・欽天四化派が有名。
  • 他に占験派など。
  • まだ知られていない流派もあることでしょう。
  • 12宮を使い、星も多いため細かい鑑定ができる。 
  • 「紫薇斗数」と書く流派もある。

 

九星気学

  • 知名度が抜群に高い日本で生まれた占い。
  • 「一白水星、二黒土星、、、」など日本人にはお馴染み。

九星気学


七政四余(しちせいしよ)

算命学(さんめいがく)

河洛理数(からくりすう)

六壬(りくじん)推命

数秘術

西洋占星術

インド占星術

宿曜(しゅくよう)占星術

奇門遁甲命理

※血液型占い

など。

スポンサーリンク 

 

【卜】事象の予測と対処、「進むべきか、待つべきか」

周 易

  • 街頭に筮竹(ぜいちく)を持った人、たまに居ますよね。
  • 今の状態、今後のことを占います。

 

断易(五行易)

  • 現在と今後の吉凶がハッキリ出ます。

 

六壬神課(りくじんしんか)

河洛理数(からくりすう)

梅花心易(ばいかしんえき)

太乙神数(たいおつしんすう)

タロットカード

水晶玉占い

オラクルカード

おみくじ

ビブリオマンシー(書物占い)

トランプ

花びら占い

ルーン占い

奇門遁甲

タロットカード

【相】見たままの相、運勢の流れを変える

人相

手相

印相

家相(陽宅)

墓相(陰宅)

姓名判断

風水

夢占い

手相占い

 【医】病気の治療(占いではありません)

漢方(鍼灸)

  • 経絡治療ができる鍼灸師は、五行(木・火・土・金・水)のバランスから体調を的確に診断してくれます。

 

【山】山の中での心身の修養

仙道(仙人になるための修行法)

  • 老荘思想から始まったとされる

修験道

  • 基本的には日本のもの

気功・ヨガなど

syounagon.hatenablog.com


◆「老荘思想」について

「道家」と呼ばれる老荘思想は、諸子百家の一つとされていますが、他の儒家・法家・墨家などとは、かなり異質です。

諸子百家は「どうやって国家、及び民衆を治めるか」という政治的意味合いが強いのですが、道家は趣が異なります。

「人間はもともと個の存在であるので、国やコミュニティーなどの社会を変えても無意味である」

「だから、個として自然と一体化して生きるしかないのである」

これが「無為自然(むいしぜん)」です。

「自然に逆らうな、自然と一体化して生きよ」ということです。

自然と一体化した人間が「仙人」です。

芥川龍之介の『杜子春』には、仙人になるのがどれほど大変なのかがよく描かれています。

 

【その他】

霊視・霊感

オーラ占い

など。

スポンサーリンク 

 

【あとがき】必要な時に用途に応じた占いを!

占いと言っても「命」と「卜」、そして「相」では鑑定の目的が異なります。

その時の用途に応じた的確な占術で鑑定することが大切です。

  • 「命」で己の本質、人生の傾向と運勢の流れ、対策を知る
  • 直近の吉凶は「卜」で看る


「命」では、

  • 10年ごとの運勢
  • 1年ごとの運勢

もわかります。

欲張れば、

  • 月ごとの運勢
  • 日ごとの運勢 

もわからないでもないですが、精度は落ちてきます。

特に日ごとの運勢は「卜」の方が精度が高いです。

 

それから、「たくさんの占術を使うから精度が高い」は違います。

むしろ、一つ二つでもしっかりしたものを身につけた人の方が的中率も高いように思います。

あれもこれも極めるなんてことはできないからです。

「日本料理もフランス料理も中華料理もイタリア料理もインド料理もスペイン料理もすべての頂点を極めた」

なんて言う人が信用できないのと似たようなものです。

 

 

www.happy-power-up.com

 

 

www.happy-power-up.com

 

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!


開運カウンセリングランキング