四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【奇門遁甲】連続凶方位の悪影響?「子どもがキツい不運に襲われた」

子育ての現実は大変です。子どもの一生を左右する大きな責任が伴います。

思うようにいかなくて、腹が立つことも日常茶飯事です。

特に学校生活がうまく回っていなければ、親の不安も募ります。

「子どもを持って初めて親の苦労がわかる」と言いますが、納得できます。

健全に育てたい。心身共に豊かな子どもになってほしい。

完璧主義の子育てはよくないですが、「ま、いいさ」で済まないことが多いのも事実です。

 

【息子は転校生】ゴールデンウィークまでは順調だったが…

息子は小学5年生。

転校するにあたって不安は比較的少なかったみたいです。(感謝しています)

  • 新しい家では自分の部屋が持てる
  • 部屋に友だちを呼べる
  • 都会では楽しいことがたくさんある
  • 新しい友だちができる
  • UFOキャッチャーができる店が近くにある

実際には不安もあったでしょうが、息子はポジティブなこともたくさん考えて今の学校に転入しました。

4月は「友だちができた」とさっそく友人を家に招いていました。GW中も。

ところが、5月の半ばに思わぬトラブルに巻き込まれました。

トラブルの原因が息子にあったなら親としても仕方がないと納得できます。

しかしながら、原因は学校側のミスでした。

ちょっと考えられないミスを犯してしまったのです。

ここで詳しいことは書きません。


私の抗議に学校側は100パーセント非を認め、その後真摯に対応してくれているからです。

小学5年生の転校は簡単ではないと聞いたことがあります。

クラスメイトとの出会い、担任の先生との出会い、そして学年の雰囲気。

これらすべては運に任せるしかありません。

子どもの学校生活は、やはり気になるもの


息子からすると、思わぬトラブル(災難)からクラスメイトとの関係が微妙になり、すっかり自信をなくしてしまいました。

「今の学校はアウェー」が口癖になりました。

学校側は、前述の通り一生懸命対応してくれました。(今も継続中)

しかし、人間関係の摩擦と不信感の払拭は簡単ではありません。

機械の修理とは違います。

原因がわかっても、心の傷は簡単には癒えません。


幸い、徐々に回復に向かっています。今では学校の対応に感謝しています。

5月頃、私はかなり激しく怒っていました。

でも、いつまでもこだわり続けても仕方ありません。

成長の機会にするしかないのです。

時間は元に戻りませんから。


ただ、断易では「だんだん良くなる」と出ていたので、それは励みになりました。

また、紫微斗数命盤で看た「息子の対人関係の月運」がピッタリ符合していたため、良くなる時期を予測できました。

それも私に安心感を与えてくれました。もちろん、息子にはナイショで鑑定しました。

 

www.happy-power-up.com

 

【奇門遁甲の凶方位】4日連続で凶方位に行くハメに…

全てを運のせいにするのは間違いだが…

一事が万事を占いの吉凶のせいにするのは違うと私は思います。

でも、今回ばかりは運の作用が非常に大きかったと感じています。


今回のミスは、簡単な確認で未然に防げた程度のものです。

ちなみに、次のものではありません。

  1. 教員による暴言・暴力
  2. クラスメイトからのイジメ

「じゃあ、何なの?」と思われることでしょう。

詳しくは書きませんが、2に繋がりかねないミスを学校が犯してしまった。

ということで今回は勘弁してください。

運が好調なときは、ミスによる被害はあまり起きません。巻き込まれたりもしません。

運が低調のときは、ミスが起こりやすく、ミスによる被害に巻き込まれやすくなります。

出会い頭の事故なんかは、不運の象徴みたいなものです。

ホンの数分違っていたら事故は起こらなかった。こういうことはゴマンとあります。

 

【奇門遁甲】私が4日連続で侵した凶方位は

私が参考にしているのは、気学の方位ではありません。

奇門遁甲を用いた方位で吉凶を判別しています。

《5月15日》北東 7時 大凶

  • 天地「丙庚(熒惑入白)」⇒破壊の意あり
  • 八門「杜門」⇒物事が閉塞する。

 

《5月16日》北東 7時 大凶

  • 天地「己己(伏吟軟弱)」⇒物事がうまく進まない
  • 八門「傷門」⇒破れの象意。トラブル。

 

《5月17日》北東 7時 大凶

  • 天地「辛戊(反吟被傷)」⇒よくないことに巻き込まれる。対人関係の凶意。
  • 八門「驚門」⇒驚き、不安、弊害。

 

《5月18日》北東 7時 大凶

  • 天地「壬乙(逐水桃花)」⇒色情に難あり
  • 八門「驚門」⇒驚き、不安、弊害

4日(3日)連続で大凶方位に向かった結果が…


事件が発生したのは17日でした。

18日朝、私は抗議の電話を入れました。

「全力で回復に取り組む」という約束を得ました。

あれから、2か月あまり。息子の心はかなり回復してきました。


ただ、前述したとおり、人の心は機械ではないので完全にスッキリするまで時間が必要です。

それでも、かなり元気になりました。

 

ちなみに、18日の「色情に難あり」の凶意は発生していません。

「そういうことが起こりやすくなる」程度の解釈で十分でしょう。

色情については心掛けしだいですから。

スポンサーリンク 
 

 

 

【あとがき】凶方位の影響?「子どもがキツい不運に見舞われた」

今回のことは、連続で凶方位に向かったことが影響していると私は考えています。

「そんなの迷信」と思う方もいらっしゃるでしょう。

でも、実際に方位の悪影響は思わぬに発生します。


時間と空間、そして天と地のエネルギー作用は侮れません。

時間と空間、天と地の影響下で人は生活しています。

そのうち、どれ一つとして欠けてよいものはありません。


話を戻します。

子どもを育てるのは大事業ですね。

紫微斗数の話になりますが、子女宮に生年化禄があり、自化などの破れがない人は子育ての苦労は少ないみたいです。

私の場合は、子女宮に生年化権があります。

悪くはないですが、苦労がない星の配置ではありません。

【紫微斗数命盤】私の子女宮


さて、今回はもらい事故みたいなものでした。

できれば連続で凶方位に行くのは避けたかったのですが、避けられない用事でした。

不運は、時として回避できない形で到来します。

それを受けてしまった以上は、ポジティブに挽回するしかありません。


幸いなことに、息子を含めて家族全員、苦労しましたが誰も学校を恨んでいません。

合い言葉は「人間万事塞翁が馬」。

「あのときの苦労が息子を鍛えてくれた」と笑い飛ばせる日を迎えるための努力を積むまでです。

 

【後日談】10月現在「すべてが順調です」(勉強以外)

8月末くらいから全てがうまく回り始めました。

トラブルがあった友人とも和解し、新しい友達もできました。

クラスの居心地もどんどん良くなっているようです。

学校を始め、関わった皆さまには感謝しております。


今の心配は勉強でしょうか。

文字が雑、ケアレスミスが多い、、、などなど。

勉強については、今のところウルサく言わないつもりでいます。

「小学校5年生は簡単でない」

これは本当のようです。


でも、うまく滑り出しました。

一安心しております。

方位の悪運は方位で解決が一番ですね。

紫微斗数命盤で遷移宮が良くないため、よけいに気を使いました。

ご心配くださった皆さま、まずはご安心ください。

 

www.happy-power-up.com


www.happy-power-up.com


www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!