四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【四柱推命/丁】性格と相性「穏和で上品、洞察力、複雑な二面性」

は、人工の火です。

火と文明には深い繋がりがあり、は知的で思慮深い人が多いです。

感受性豊かで神経質、悩みやすい性質は、芸術方面で力を発揮します。

勘の鋭さと集中力はピカイチ。

多くの矛盾を含む性格で理解が簡単ではありません。

は、灯火・ろうそくの火

【四柱推命】日干〈丁〉の人の基本性質

丁=灯火、たき火、ロウソクの火

  1. ふだんは温厚で物静か
  2. 感受性が豊かで神経質⇒カンが鋭い
  3. 熱しやすく冷めやすい
  4. 好きなことには情熱を燃やす(高い集中力)
  5. 慎重派で悩みやすい
  6. 短気
  7. 好き嫌いがハッキリしている
  8. 気くばりを欠かさない⇒疲れやすい
  9. お天気屋さん
  10. 一度怒ると激しい
  11. 芸術的才能がある人が多い

簡単に書くと、上のように言われることが多いです。

自分とお相手の「十干」をご存じない方は、こちらからわかります。

www.happy-power-up.com

 

【四柱推命】日干〈丁〉の人「十干との相性」

【丁】と【甲】の相性をたとえると

丁(たき火)・甲(薪)

(木)は薪となって(火)を育てます。木生火の関係です。

そのため、に甘えがちになります。

また、強いと弱いの関係だと、木が燃え尽きやすいので要注意です。

「あの人()と一緒にいたら疲れちゃう」となってしまいます。

反対に、強すぎる(木)は(火)を潰してしまいます。

小さな火に薪を重ねすぎると、消えてしまうからです。

 

付き合い方のポイント
  • 普通に付き合えば問題ない(もともと良い相性)
  • への感謝と気づかいを忘れない

 

【丁】と【乙】の相性をたとえると

丁(たき火)・乙(草花・柴)

枯れた(草花)は、(火)を一気に強くします。

特ににとって心地よい関係です。

木生火ですが、は燃えすぎに注意です。

より早く燃え尽きてしまうからです。

いくら相性が良くても、一気に燃えると残るのは「灰」だけです。

は基本的に優しいですが、嫌なことはなかなか忘れません。

が甘えをセーブすることが長続きのコツといえます。

 

付き合い方のポイント
  • は繊細。甘えるのもホドホドに
  • ほどタフでない

我が家のかわいいたち。ほどタフではない。

 

【丁】と【丙】の相性をたとえると

丁(灯火)・丙(太陽)

同じ「火」なので感覚的に合いますが、が不満を感じやすいです。

リードするのはだいたいです。

しかし、が強引すぎるとに反発心が生まれます。

また、灼熱の(太陽)は、(灯火)の存在を目立たなくします。

お互いにホドホドの距離感が大切です。

 

付き合い方のポイント
  • 意地の張り合いに注意
  • さりげなくを立ててあげること

 

【丁】と【丁】の相性をたとえると

丁(灯火)・丁(灯火)

奇門遁甲では、「両火成炎(りょうかせいえん)」として吉配合です。

感覚が似た者同士で、ふだんはお互いに相手を気遣います。

一緒に行動すると楽しさが倍増します。

でも、ツラいときには悲しさも倍増することになります。

(太陽)が2つあると大変ですが、(灯火)は数本ある方が見栄えがよいです。

一蓮托生の相性の良さがあります。

しかし、新しい何かを生み出すパワーはありません。

 

付き合い方のポイント
  • ベッタリの関係になると気疲れする
  • 時には刺激的なレジャーを楽しむこと

スポンサーリンク 

 

 

 

【丁】と【戊】の相性をたとえると

丁(灯火)・戊(炉)

奇門遁甲では「有火有炉(ゆうかゆうろ)」として吉です。

この場合、を「炉」として見ます。

炉は(火)を守ります。がとても安心できる十干です。

だからといって、が調子に乗りすぎるとはだんだんツラくなります。

また、京都の「大文字の送り火」のように、(山)と(灯火)は好相性です。

ですが、が調子に乗り過ぎると、山火事になるので注意です。

どんなに相性がよくても、羽目を外すと破滅に向かうのは世の常です。

 

付き合い方のポイント
  • 最低限の気くばりを忘れなければ大丈夫
  • 相性が良すぎてお互いにワガママにならないこと

 

【丁】と【己】の相性をたとえると

丁(灯火)・己(仮の炉)

と違って、は湿土です。

湿り気があるため、は存分に燃え盛ることができません。

何となくシックリこない関係になりやすいです。

お互いに遠慮が抜けず、良さを出し切れません。

何となく合わないという違和感を覚えやすい相性です。

思いやりのキープが長持ちの秘訣です。

 

付き合い方のポイント
  • お互いを理解する努力を怠らないこと
  • 言葉の掛け合いを大切に(以心伝心は難しい)

 

【丁】と【庚】の相性をたとえると

丁(灯火)・庚(鉄・金属)

お互いを磨き合うとても良い相性です。

は熱で(金属)を整えます。

火剋金の関係ですが、には心地よい「剋」です。

(太陽)は鉄をグニャグニャの役立たずにしますが、はほどよく熱します。

鍛冶屋さんは、(火)で熱して(金属)を有用な刀に仕上げます。

その時に活躍するのが丁火です。

強いには従順になります。

ただ、これも熱しすぎには注意です。

ちなみに四柱命式では、日干「」の人にとって正官)の有無は運命を大きく左右します。

 

付き合い方のポイント
  • お互いを信じて高め合って吉
  • とはいえ、(火)の強すぎに注意

は叩かれて鍛えられる。とは好相性。

 

【丁】と【辛】の相性をたとえると

丁(灯火)・辛(月・宝石)

と同じ火剋金ですが、こちらは本当に剋してしまいます。

(宝石)は焼かれると使い物になりません。

最悪の場合は割れてしまいます。

は熱を求めません。そこがと違うところです。

繊細なは、熱すぎるを見るとストレスを感じ避けたくなります。

遠くから柔らかい光で照らしてあげる関係がベターです。

 

付き合い方のポイント
  • は感情的にならないこと
  • 神経質同士なので疲れやすい。ストレス解消を

 

【丁】と【壬】の相性をたとえると

丁(灯火)・壬(湖沼)

丁壬干合の関係で、感覚的相性は良いです。

(湖岸)に(キャンプファイヤー)はよく似合います。

(湖)と(花火)も絶好の関係で、両者の美しさを何倍にも引き立てます。

を寛容に包み込む関係が続けば、幸せな2人になれるでしょう。

ただし、が水をぶっかけるとは激しく抵抗します。

喧嘩が起こるのは、往々にしてそういう場面です。

 

付き合い方のポイント
  • お互いがお互いを幸せにできる良い相性
  • 別れたくても腐れ縁になりやすい

(湖)と(花火)は好相性

 

【丁】と【癸】の相性をたとえると

丁(ろうそくの火)・癸(雨・雲)

(ろうそくの火)に(雨)が降る関係です。

良い相性とは言えません。

が頑張るとは困惑し、が頑張るとは傍観するしかありません。

が優しさを維持しないと長持ちしないでしょう。

が気疲れし、も傷つく結果になりやすい微妙な相性です。

 

付き合い方のポイント
  • 気持ちがすれ違う関係になりやすい
  • 趣味など共感できる場面を多く作ること

 

「丁」の相性ランキング

※あくまでエンターテインメントとしてお考えください。

スポンサーリンク 

 

 

 

【十干/丁】丁の字義「丁壮にして、物体、漸次、壮となる」

壮というのは、勢い盛んな様

【丁】基本的な姿

丁火は丙火と同じ五行であるが、火は小さな人工の燃える灯火の意味を持ちます。

 

【十干/丁】固有の性質

人工の火、光と熱を持つが、燃え続けるためには甲木の助けが必要であるが、丁火が強ければ庚金を溶かし、自由にする能力を持つ。

丁火が世の中に出て、人のために役立って出世するためには、火事になるほどには旺じ過ぎず、火種が消滅する程には不及せず、常に燃料があって燃え続ける必要があり、この姿を理想的な姿とし、灯火や精錬のエネルギーとして非常に世のために役立つ。

つまり、燃料となる甲と、火の勢いをコントロールするバルブの庚があって、火は消えることなく調節がうまくできていることを喜ぶ。

 

【丁】十干による性格

  • 温和にして陽気を好み万事に用意周到で、物腰が柔らかく上品であり、また、洞察力の鋭さは抜群のものがある。
  • 普段はおとなしいが、一旦火が付くと過激な行動や激怒するような性も秘めており、複雑な二面性を持っている。

 

【丁】日干と月支が同じ場合

  • 自我の強さが内向する方で、表面は比較的おとなしく見えるが、意を決すると予告なしに断行し、周囲を唖然とさせるタイプ。
  • 燃え方は受動的で、外部から何らかの働きかけを受けて初めて発動し、丙のような自分からの仕掛けはあまり好まない。
  • 難点は沈滞、受け身、葛藤の多さ。気苦労の多いタイプ。

 

【丁】身旺の人・身弱の人

身旺の人
  • 上品でお洒落を好み、勝ち気な人が多い。
身弱の人
  • 陰気でメソメソ型、根気を失いやすいところがある。

 

【丙丁火の示す身体の部位】心臓、血液、血圧関係、循環器、眼

  1. 火勢が大過して、その上、大運に水勢が大過してくる時は、心臓、血圧、循環器などに関わる病気を生じやすい。
  2. 火勢が強過ぎて、土があって晦火となって水が潰れる時は眼疾を患う。

 

【丁】簡単な用神の見つけ方

甲乙多
  • 大変良い命。灯火に一番必要なものは「甲乙」の木星。
  • 火星を抑える水星が必要。特に「癸」が良い。
丙丁多
  • 丙多:太陽が出ていたら灯火は必要ないもので、丁の日主に「丙」は不用。
  • 丁多:灯火は弱い火なので同類の「丁」はよい。
壬癸多
  • 木星が必要。

 

【四柱推命】日干「丁」(丁日生まれ)の人の傾向

箇条書きにしてみます。

  1. 落ち着きがある
  2. 穏和
  3. 感受性豊か
  4. 繊細で神経質
  5. カンがいい
  6. 集中力がある
  7. 悩みやすい
  8. 陽気さはある
  9. 慎重、用意周到・計画的
  10. 熱しやすく冷めやすい
  11. 好きと嫌いとがハッキリする
  12. 群れるのは好きでない
  13. 礼儀を重んじる
  14. あきらめない
  15. 物腰が柔らかく上品
  16. 気が変わりやすい
  17. 夢を追い求める

性格に矛盾が多いため、は理解しにくい十干です。

  • 穏やかなのに、激しい
  • 集中力があるのに、気が変わりやすい
  • 粘り強いのに冷めやすい
  • 用意周到なのにせっかちになる
  • 好き嫌いが激しいのに、気くばりを欠かさない

でも、わかるようでわからない性格に惹かれる人は意外に多くいます。


式場まで予約した結婚を突然破棄した知人も日干の人でした。

あの突然の婚約破棄には女性の家族も驚愕し、当然のごとく激怒していました。

「何を考えているのか全然わからない。そんな人とは思わなかった」と。

婚約を一方的に破棄された娘さんも、「全然理由がわからない」と泣きじゃくっていました。

「失礼なことをした覚えは何もない」

「理由を聞いても、『考えが変わった。ごめんね』を繰り返すばかり。全然納得できない」

最終的にはお相手のお母さんも「そんな人と結婚しなくてよかったんだよ」と娘を慰めていたようです。


の男性だから」と単純にまとめるつもりはありませんが、さもありなんという気もします。

とにかく熱しやすく冷めやすい性格の人が多いです。

身旺のは、勝気ですから言い出したら逆風にも立ち向かいます。

ちなみに、この男性はやや身旺の人です。

迷いに迷った末に「えい!」と思い切ったのでしょう。

身弱のなら、気持ちの切り替えが苦手なので、愛情が冷めても破棄する決断はできなかったように思います。

そして結婚してから、いつまでも後悔の念を引きずるのです。


今は、どちらも別の人と結婚し、お子さんにも恵まれ幸せに暮らしています。

当時、その男性を悪く言う人はもちろん複数いました。

本人も、全方位から批判を受けることは覚悟していたはずです。

結果論として、男性の決断が正しかったと断言して良いのか…、それは私もわかりません。

そもそも相性が良かったのか悪かったのか、女性の生年月日を私は知らないのです。

ちなみに男性の命式ですが、格には入りませんが正偏財が交集しています。

浮気に注意の人となります。ふだんは真面目で実直な人だと付け加えておきます。

 

★過去記事もどうぞよろしく!

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!