四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【四柱推命/戊】性格と相性「頑固な人情家、粘り強い包容力の人」

は、山・岩石・堤防に例えられます。

イメージとして、「固い=頑丈・頑固、大きい=包容力・安定感」の人です。

揺るぎない信念を持つ頼もしい人が多いです。根は真面目で親切、親分肌の人です。

ただ、土が強すぎると、相当頑固になります。

頑固だけど頼りになる「昭和のオヤジ」タイプ

【四柱推命】日干〈戊〉の人の基本性質

戊=山、岩石、堤防

  1. 目立ちやすい
  2. 安心感を与える
  3. 説得力がある
  4. 面倒見が良い
  5. 反発心が強い
  6. 頑固だが臨機応変の才あり
  7. 粘り強い
  8. 命式が良くないと頑迷になる
  9. 信用を大事にする
  10. ロマンチスト
  11. 愛情深い
  12. お山の大将になりたい
  13. 頼られると断れない
  14. 一度スネると厄介

簡単に書くと、上のように言われることが多いです。


天龍さんもの人です。土が多い命式でびっくりしました。

本質はかなり頑固な人ですが、臨機応変の才に恵まれています。

www.happy-power-up.com

 

『クイズ面白ゼミナール』を覚えていますか?

名物教授だった鈴木健二元NHKアナウンサーもの人です。

やはり頑固ですが、仕事においては臨機応変の才能を存分に発揮していました。

www.happy-power-up.com

 

このお二人、命式も似ています。

 

自分とお相手の「十干」をご存じない方は、こちらからわかります。

www.happy-power-up.com

スポンサーリンク

 

 

 

【四柱推命】日干〈戊〉の人「十干との相性」

【戊】と【甲】の相性をたとえると

戊(山・岩石)・甲(樹木)

奇門遁甲では、「巨石圧木(きょせきあつぼく)」として凶の関係です。

(樹木)は、(山)から養分や水分を吸収し奪い取ります(剋)。

一方で、(山)は全てを取られまいと抵抗します。

土壌豊かな(山)なら良い関係になります。

(岩山)なら良い関係になりません。荒涼とした景色になります。

お互いの気くばりが欠かせない相性といえます。

にとっては偏官、つまり偏夫です。

 

付き合い方のポイント
  • お互いの気くばりと気づかいが不可欠
  • 冬生まれ同士ならちょっと厳しい関係になりそう

 

【戊】と【乙】の相性をたとえると

戊(花瓶・鉢)・乙(草花・生け花)

奇門遁甲では「青竜合霊(せいりゅうごうれい)」として組み合わせは吉です。

(草花・生け花)は、(花瓶・鉢)に守られます。

そして、は、風雨からを守ります。

は安心して成長し、美しい花を咲かすことができます。

にとって正官(正夫)です。

※偏官は「偏夫」

から見ると正財(正妻)となります。

基本的に良い関係が築ける相性です。

 

付き合い方のポイント
  • フィーリングの相性が良いので自然体で接する
  • の方が甘えがちになりそう

 

【戊】と【丙】の相性をたとえると

戊(山)・丙(太陽)

(太陽)は(山)を美しく輝かせながら、山で暮らす生態系を育てます。

の子星で、を育てる火生土の関係です。

にとっては甘えやすく、心を許しやすい相手です。

ただし、2人とも夏生まれなら厚かましさを控えめにしないと危ういです。

強すぎる(太陽)が、(山)を枯らしてしまって、厚かましくて鬱陶しいになるからです。

2人とも夏生まれなら気くばりが必要に


付き合い方のポイント
  • 強い者同士。個性のぶつかり合いに気をつける
  • ケンカになったら激しくなる

 

【戊】と【丁】の相性をたとえると

戊(火炉)・丁(灯火)

奇門遁甲では「火焼赤壁(かしょうせきへき)」という吉配合。

(炉)に守られ、(火)は安心して燃えることができます。

雨が降っても風が吹いてもを守ってくれます。

火力も調節してくれます。

にとって最も安心できる相手がです。

火生土ですが、が甘える関係になります。

 

付き合い方のポイント
  • 地支同士に七冲や三刑などがなければベストカップル
  • に飽きたら後々悔やむことになるかも

 

【戊】と【戊】の相性をたとえると

戊(山・岩)・戊(山・岩)

奇門遁甲では、「伏吟峻山(ふくぎんしゅんざん)」といって凶配合です。

山々が連なる風景です。

山脈は壮大で美しいですが、それぞれが独立し助け合うことはありません。

また、岩にたとえるとお互いが主張をぶつけ合いゴツゴツした関係になりやすいです。

ライバルになりやすく、頑固者同士で意見の対立も起こりがちです。

適切な距離が必要です。

 

付き合い方のポイント
  • 似たもの同士は意外と合わない
  • 頑固はお互い様と心得て付き合うこと

 

【戊】と【己】の相性をたとえると

戊(山・硬い土)・己(湿土・田園)

物以類衆(ぶついるいしゅう)」奇門遁甲〈凶〉

(山)は(田園の土)の供給源で、を助ける関係です。

を助けることは少ないです。

が、ギブ・アンド・テイクの精神を忘れるとは疲れてしまいます。

は硬い土、は柔らかい湿土です。

とはいえ、もなかなか頑固です。

 

付き合い方のポイント
  • 戊がエラそげにするとはイヤになる
  • 土同士なので、感覚の共通点は必ずある

 

【戊】と【庚】の相性をたとえると

戊(鉱山)・庚(鉄・金属)

(鉄鉱石)は(鉱山)から掘り出され、鉄に精錬されます。

を生じる土生金の関係で、のエネルギーは減少します。

の方が疲れる関係になりやすいです。

は簡単には言うことを聞きません。

一度ぶつかると、強いもの同士です。簡単に和解できません。

 

付き合い方のポイント
  • 意地の張り合いに注意する
  • 庚のワガママと上手に付き合う

 

【戊】と【辛】の相性をたとえると

戊(鉱山)・辛(宝石・月)

(宝石)は(鉱山)から取り出されます。

土生金で、を生じる関係です。

この2人は、意外に?うまくいく関係です。

神経質なに対しての包容力と優しさが絶妙なバランスを生みます。

また、を月と見れば、これほど似合う組み合わせはありません。

戊と辛は意外と相性が良い


付き合い方のポイント
  • は繊細でプライドが高いことを知っておく
  • の包容力には惹かれる

 

【戊】と【壬】の相性をたとえると

戊(山・堤防)・壬(河川・海・湖)

山明水秀(さんめいすいしゅう)」で奇門遁甲では吉です。

(川)は(山脈)を削りながら流れます。

(山)は(水)の浸食に抵抗します。

が堤防として、洪水になるを制することもあります。

大きな水の流れ()を調節できるのはだけです。

ただし、パワーバランスが重要です。

が強すぎるとは決壊します。

逆に、が強すぎると、は自由になれず不満が溜まります。

冬生まれ同士だと「寒い関係」になり、相性は今一つです。

 

付き合い方のポイント
  • は気が変わりやすいことを知っておく
  • が短気を起こしたら深追いしないこと

戊と壬、冬生まれ同士ならやや注意

 

【戊】と【癸】の相性をたとえると

戊(山)・癸(雨・露・霧・雲)

(山)は(雨)を貯水します。

保水された(水)はやがて湧き水となって(山)を潤します。

両者は、戊癸干合の関係です。

から見て正財(正妻)です。

から見て正官(正夫)です。

フィーリング的に心地良い関係です。

ただし、がしつこいとさすがにも嫌気がさします。

適度な(雨)は(山)に潤いを与えますが、激しい(雨)は山肌を削るからです。

とはいえ、基本的に戊にとっては欠かせない大事な相手です。

汚れ(疲れ)も優しく流し去ってくれるでしょう。

 

付き合い方のポイント
  • にとっては理想の人になりやすい
  • は何を考えているかわかりにくい人が多い

スポンサーリンク 

 

 

 

「戊」の相性ランキング

包容力があるは適合範囲が広いため、1~10の順位づけはやめておきます。


ラブラブグループ

  • 丙・丁・壬・癸

ニコニコグループ

  • 乙・己・辛

気づかいグループ

  • 甲・戊・庚


【広告】タロットカードによる電話占い(私の鑑定ではありません)電話占い「絆」

 

【十干/戊】戊の字義「万物茂り盛んとなる。 戊土が王宮に属す意」

  • 元来「戊」という字は、 ものが成るという意味がある。
  • 成功の「成」の字は「戊」の下に「丁」を書くので、 字画数は成は六画であるが、本字は七画。

【戊】基本的な姿

  • 戊は岩の土、山や堤防等の大きな土を意味する。
  • 戊は堅い岩に例えることのできる星であるが、元来正直な星で偏枯しやすく、潤いがあって甲を育て土の頑迷を梳いて豊かな土に変化させ万物を慈育することを目標とする。

※偏枯(へんこ):一方にかたよって融通がきかないこと。
※梳(す)く:とかして整える。

 

【十干/戊】固有の性質

戊は岩山に例えることができ、 旺水を制して正しい道に戻す能力を持つ。例え水にあって戊が弱くても、溶けることはなく沈むだけである。

山の本質は、高きがゆえに尊いのではなく、木があって水を豊かにとどめ人を利するが故に尊いのであるから

戊日干が山をなす時には、甲木があって癸の谷川の潤いがあり甲を育てる時は、非常によい状態となり、 人からも尊ばれる。

反対に、 山が高いだけで禿げ山で木がない時は、雨が降れば土石流や鉄砲水を出し、また、禿げ山では人は寄り付かない。自分だけが尊いと思い頑固になれば、 人に嫌われ出世はできない。

 

【戊】十干による性格

  • 性格は何となく人を引き付ける魅力があり、 自分の環境次第では誰とでも知己になれるような包容力を持っている。
  • 山が泰然自若としているように、自分から人に働きかけることはせず、自分の信念を貫くことにより周囲を巻き込んでいく人である。
  • 動きだすと豪放で大胆さを見せるが、 神経は細やか、 そのため考え過ぎて結局行動できない優柔不断な生き方になる場合があるので注意する必要がある。

 

【戊】日干と月支が同じ場合

  • 戊己の解釈は、 検討の余地がある。 (最も出現率が高い)
  • 最大の特徴は、物を肥育する力の旺盛さ、情宜の厚さ、温厚さなどである。頑固、 強情な自我の持ち主で、 活動力はあっても、 実際に動きだすまでに時間がかかる。 中には全く非活動的な人もいる。
  • 他の通変星の影響を考慮する必要がある。

 

【戊】身旺の人・身弱の人

身旺の人
  • 大柄にして大きいことを好み、 頑固偏屈なところが出ないよう注意が必要。
身弱の人
  • 信念が乏しく、迷いやすい人となりやすいので注意が必要。

 

【戊己土の示す身体の部位】腹部、 胃腸、脾臓、腰、 内臓関係

  1. 木星が強すぎる時は、 神経性の胃潰瘍等を起こしやすい。
  2. 金星の強過ぎる時は、 直腸 胃腸、腰をいためる。

 

【戊】簡単な用神の見つけ方

戊に必要な星は、甲乙の木星。この木星に対し、壬癸が必要で、さらに「丙」 があれば大変よい命になる。この命式の人は、 困難と思う仕事を完成できる、有能な人材。

壬癸多
  • 水が多いと土は流されて用をなさない。
  • しかし、水も多いが土も多いときはよい。 土星用神。

 

【四柱推命】「天地徳合」フィーリングはピッタリ!?

天地徳合という言葉があります。

  • 日干が近貼する他干と干合
  • 日支が隣支と支合

の条件が揃うと天地徳合が成立します。鴛鴦合(えんおうごう)ともいいます。

陽日生まれは正財と干合し、陰日生まれは正官と干合します。

これは男命にあっては妻と仲良く、女命の場合は夫と相和すことを意味します。

日支が支合するときは、配偶者との相和を意味します。

特に日と月が天干地支ともに干合・支合する命式は、有為な夫婦関係を樹立できる命運の持ち主なりと認定し、偕老(かいろう)の意があるとして、その徳をたたえます。


ここから、2人の命式の日柱が天地徳合の関係になると、フィーリングの相性がピッタリと見たりします。

 

干合一覧
  • 甲⌒己  甲己(こうき)干合  ⇒化気五行の「土」になる
  • 乙⌒庚  乙庚(おつこう)干合 ⇒化気五行の「金」になる
  • 丙⌒辛  丙辛(へいしん)干合 ⇒化気五行の「水」になる
  • 丁⌒壬  丁壬(ていじん)干合 ⇒化気五行の「木」になる
  • 戊⌒癸  戊癸(ぼき)干合   ⇒化気五行の「火」になる

 

地支六合(ちしりくごう)一覧
  • 〈日月〉⇒ 午ー未
  • 〈  水  〉⇒ 巳ー申
  • 〈  金  〉⇒ 辰ー酉
  • 〈  火  〉⇒ 卯ー戌
  • 〈  木  〉⇒ 寅ー亥
  • 〈  土  〉⇒ 丑ー子

 

以上から、日干の人は、日干の人とフィーリングが合いやすく、そのうえ地支も支合していると天地徳合として理想の組み合わせになりやすいとします。

《例》

  • 戊午 と 癸未
  • 戊辰 と 癸酉
  • 戊寅 と 癸亥
  • 戊申 と 癸巳
  • 戊戌 と 癸卯
  • 戊子 と 癸丑

ただし、これはあくまでフィーリング、つまり感性の相性です。

この他に、

  • 身旺・身弱の相性
  • 格式の相性
  • 命式同士のバランス

などを検証しないと厳密とはいえません。

とはいえ、天地徳合が成立すると「何となく気が合う、惹かれる」という関係になりやすい可能性が高いです。

《広告》大手結婚相談所12社から厳選

 

☆過去記事もどうぞよろしく!

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!