はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【四柱推命/性格と相性】日干〈庚〉正義感と同情心、決断力と行動力の人

は、鋼鉄・刃物です。

イメージとしては「頑固、正義感、強気、決断力」です。

考えるより先に行動で示します。

不誠実なことには強く怒りを感じ、いざとなったら戦うことも辞しません。

負けず嫌いでストレート、アバウトな性格です。

「庚」実際には優しいタイプも多いです

【四柱推命】日干〈庚〉の人の基本性質

庚=鉱石、刀剣、斧、鋼鉄

  1. 決断力がある
  2. 行動力がある
  3. 正義感が強い
  4. 義理人情に厚い
  5. 頑固
  6. プライドが高い
  7. アバウト
  8. 改革の気風がある
  9. 熱しやすく冷めやすい
  10. 軽率な発想と行動に流れやすい
  11. 身旺は威張り屋になりやすい


簡単に書くと上のように言われることが多いです。

自分とお相手の「十干」をご存じない方は、こちらからわかります。

www.happy-power-up.com

 

【四柱推命】日干〈庚〉の人「十干との相性」

【庚】と【甲】の相性をたとえると

庚(斧)・甲(樹木)

(斧)は、(樹木)を伐採します。

伐採とは残酷な感じがしますが、(木)は切られることで有用な材になります。

金剋木として、がリードするのが理想型です。

とはいえ、(樹木)が強すぎると(斧)は刃こぼれします。

反対に、身弱を恐れます。

力のバランスがポイントになります。

にとって偏官(夫星)です。

 

付き合い方のポイント
  • は切りすぎに注意する(優しさを忘れない)
  • は時々背伸び(生意気な言動)するが、はムキにならないこと

庚(斧)は甲(木)を伐採する

 

【庚】と【乙】の相性をたとえると

庚(カマ)・乙(草花)

(カマ)は、(草花)を刈り取ります。金剋木の関係です。

とはいえ、(小さいハサミ)のほうが苦手です。

を制しますが、乙庚の干合関係で基本的に良い相性です。

にとって正財(正妻)で、にとって正官(正夫)です。

ただし、金剋木ですからと同様、お互いの力の均衡がポイントになります。

 

付き合い方のポイント
  • 乙のソフトさに庚は癒やされる
  • 相性の良さに甘えすぎないこと

 

【庚】と【丙】の相性をたとえると

庚(鉄)・丙(太陽)

(太陽)は、(鉄)を温めます。

ですが、熱が強すぎると、(鉄)のレールはグニャリと曲がってしまいます。

真夏の暑い日にありがちな現象で、の陽気さにが振り回されるイメージです。

また、(鉄)から(太陽)に与えるものは多くありません。

だから、は過度な期待は禁物です。

星の関係では、から見て正財(妻星)で、(夫)・(妻)です。

夫が優しくしないと、妻は耐えかねて逃げ出したくなります。

特別よい相性ではありません。

 

付き合い方のポイント
  • 適切な距離感がとても大切
  • 依存しない自立した関係がベター

熱すぎる丙(太陽)は庚(レール)をダメにする

 

【庚】と【丁】の相性をたとえると

庚(鉄)・丁(灯火)

(鉄)に(火)は必要です。

を鍛錬し、それを経て、(鉄)は役立つものになります。

を使ってを刀などに仕上げるのが鍛冶屋さんですね。

鍛錬されない(鉄)ほど扱いにくいものはないです。

ワガママになったり、だらしなくなったり…。

正官(夫)・正財(妻)の関係です。

どちらが男女でもベストに近い相性です。

 

付き合い方のポイント
  • フィーリングの相性はとてもよいがワガママはダメ
  • の行動はしだい

丁が庚を鍛錬する理想の相性

 

【庚】と【戊】の相性をたとえると

庚(鉱石)・戊(鉱山)

(鉱石)は(鉱山)から掘り出されます。土生金の関係です。

の優しさがを癒し、活力を与えます。

ですが、お互いに頑固者です。

ケンカをすると何日も口を利かないことも。

両者とも先に謝ることは不得手です。

日頃から、お互いを理解する気持ちが大切です。

 

付き合い方のポイント
  • ケンカの後は勇気を出して謝ること
  • どちらも向こうが先に折れることを待っている

 

【庚】と【己】の相性をたとえると

庚(鉱石)・己(湿土・田園)

金属は土から掘り出されるため、と同じ土生金です。

にとっては甘えやすい相手になりがち。

スローペースのが受け身になったり、振り回されることが多いです。

また、は湿土です。

依存した関係はを錆びつかせダメにします。

それほど良い相性ではないので、歩み寄る努力が必要です。

 

付き合い方のポイント
  • 思考や行動のズレが生じやすいため、合わせる努力が必要
  • 決断と行動が速いがイライラすることが多くなる

 

【庚】と【庚】の相性をたとえると

庚(刀)・庚(刀)

庚(刀)同士がぶつかり合うと


(刀)同士が刃を激しくぶつけ合う場面を想像しますが、それは身旺同士の場合です。

身旺と身弱のバランスがよければ、大きな心配は無用です。

身旺同士なら、お互い考えを譲らず、バチバチしそうです。

口には出さなくても、心の中で譲れない気持ちが生じ、ライバル意識が芽生えやすいためです。

奇門遁甲では天地にが並ぶと戦格といって災いの象意が強いです。
www.happy-power-up.com

付き合い方のポイント
  • 意地の張り合いになる前に、クールダウンを
  • 根っこの部分は共鳴できるので、うまくいくこともある

 

【庚】と【辛】の相性をたとえると

庚(こん棒)・辛(宝石)

金同士ですが、基本的に別物と考えるべきです。

はアバウトで、は繊細です。

のキャラクターを理解しないと心を傷つけてしまいます。

(こん棒)が(宝石)を粉砕しないような気づかいが必要です。

細かいことはコダワリが強いに任せた方がうまくいきます。

ただ、この相性はちょっと不思議でがリードする夫婦も多くいるのも事実です。

ビックリするくらい優柔不断のナマクラも少なくないからです。

ランキング順位は低いですが、理解が深まると親友のように気が合います。

 

付き合い方のポイント
  • 大きな決断は、細かいことはと役割分担を明確にする
  • 基本的には傷つきやすいので気づかいを忘れない

 

【庚】と【壬】の相性をたとえると

庚(機械)・壬(河川・海・湖)

(機械)は、(大きな池)を作ることができます。

しかし、大きすぎるを消耗させます。

が気を使う関係になりがちです。

また、は気が変わるのが早いので、は振り回されがちに。

つまり、の方が傷つきやすい相性です。

五行では、金生水を生じます。

そのため、仲良くなるのは比較的早いです。

 

付き合い方のポイント
  • をムキになって追い掛けないこと。後で後悔する
  • お互いに気が変わりやすい。つまり、関係も不安定になりやすい

 

【庚】と【癸】の相性をたとえると

庚(鉄)・癸(雨・露・霧・雲)

庚(鉄)はサビが大キライ


(雨)は、(鉄)を錆びつかせます。

サビは鉄の大敵なので、(鉄)は(雨)に近づきすぎることを恐れます。

距離感が難しい相性です。

は水とは往々にして相性が良くないです。

よい関係だと思っていたのに、急にダメになることも…。

特にはわかりにくい人です。

良かれと思ってしてあげたことが、相手を怒らせてしまったり。

また、は軽率な言動に要注意です。が突然激昂することも…。

 

付き合い方のポイント
  • の気持ちはわかりにくいと割り切る
  • もともとフィーリングが違うことを覚悟する

 

「庚」の相性ランキング

十干の相性です。つまり、フィーリングの相性だけの判断です。

順位が低くてもウマくいっている夫婦やカップルはたくさんいます。ただし、努力は必要です。

スポンサーリンク 

 

 

 

【四柱推命】性格と相性「ダメになりやすい四柱命式」

夫婦・恋人関係がピンチになる四柱命式11項目

  1. 月日のあいだが七冲する
  2. 月日の両ポジションに比劫星・食傷星・財星・官星・印星のいずれかが太過する
  3. 男性では孤財、女性では孤官
  4. 男性では正偏財が交集、女性では官殺が混雑する
  5. 男性では正財が他干と干合、女性では官殺が他干と干合する
  6. 男性では月支の財星が空亡、女性では月支の完成が空亡する
  7. 男性では正財が妬合(とごう)、女性では正官が争合(そうごう)する
  8. 男性では月支が比肩か劫財で、他に比劫及び羊刃が3個以上ある。女性も同じ
  9. 女性では月支が食神か傷官で、他に食傷が3個以上ある
  10. 男女とも日干のエネルギーが極旺か、それに近い
  11. 男性において日干のエネルギーが最弱か、それに近い

※年月の刑冲や日時の刑沖は問いません

 

【四柱命式】地支七冲とは

七冲とは、命式の地支が次の関係になることで地支七冲といいます。

  • 午 V 子
  • 未 V 丑
  • 申 V 寅
  • 酉 V 卯
  • 戌 V 辰
  • 亥 V 巳


向かい合った地支は、戦闘状態になります。

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

と数えて7番目(対角線上の地支)とは七冲の関係になるといいます。

十二支は向かい合うと戦闘状態(七冲)に
  • 子は水、午は火 ⇒水火の戦い
  • 申は金、寅は木 ⇒木金の戦い
  • 酉は金、卯は木 ⇒木金の戦い
  • 亥は水、巳は火 ⇒水火の戦い

次の2組は土同士なので朋冲(ほうちゅう)といって、上の4組とは異なる見方をします。(生まれた日によって七冲となりません)

  • 未 V 丑
  • 戌 V 辰


【七冲】月支と日支が七冲すると

七冲は、日支と月支に発生するのが一番害が深いです。

七冲は日支と月支にあるのが最も害が深い
  1. 基本運命に波乱が生じやすい
  2. 夫婦不和になりやすい
  3. 情緒不安や迷いが起こりやすい
  4. 健康不安を生じやすい


ただし、

  1. 日支に支合する地支がある
  2. 年月のいずれかのポジションに地支三合地支方合がある

以上の2点にかなうと解冲(かいちゅう)といって、冲の作用は解消されます

なお、夫婦互いの日支七冲になるのは非常によくないです。

いくら天干同士の相性がよくても、夫婦関係はゴタゴタしがちになります。

お互いの命式を見比べるとわかります。

その場合、着目するのは日支だけです。



☆過去記事もどうぞよろしく

www.happy-power-up.com

www.happy-power-up.com

www.happy-power-up.com

 

【広告】良縁は行動しないとやってきません⇒大手結婚相談所12社から厳選

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!