はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

【第一印象は大切】知人離婚2度からの反省「婚活のコツ」とは

2度の結婚と離婚を経験した知人がいます。

今の時代ではそう珍しくないですが、私にこう言いました。

自分の直感、第一印象を信じるべきだった…

子どもの時分から、「第一印象に固執するな」「人を見た目で判断するな」と教わってきた人はきっと多いでしょう。

でも、「動物的直感を侮ってはいけない」と私は思います。

特に挨拶を交わす直前の0コンマ数秒に、その人の本質が現れやすいように思います。

挨拶を交わした後は擬態的性質が前面に出てくるため、隠れた本質が見えにくくなるからです。

 

カップルのイラスト

挨拶する直前「コンマ数秒の直感」が本質を見抜く!

※2020年10月の記事を加筆・訂正しました。

 

【婚活・結婚】第一印象の影響力「初頭効果」

有名な「メラビアンの法則」

第一印象への影響の大きさを示した有名な法則です。

  1. 表情・態度(視覚情報) 55パーセント
  2. 声(聴覚情報)     38パーセント
  3. 話の内容(言語情報)   7パーセント

この順位から、見た目の印象がとても大切であることがわかります。

ただ、言語情報を疎かにしてよいと言っているわけではありません。

そこがこの法則の誤解されやすいところです。

具体的に書くと、

怒った顔で「ありがとう」と言われた場合は、感謝より怒りの感情のほうが伝わりやすいですよね?

メールやLINEでさえ同じことが言えます。

「ありがとう 😡」

これを受け取ったらどう感じますか?

感謝より怒りのほうが印象に強く残りませんか?

「ありがとう」(言語情報)より、怒りの顔(視覚情報)のほうが印象に残りやすいからです。

反対に、

「腹立つ 😀」

と来たらどうでしょう?

「腹立つ」は冗談と認識されますよね?


LINEやメールの文章から誤解を生んで人間関係にヒビが入った…、よく聞きます。

顔文字(視覚情報)を上手に使うことで被害をかなり抑えることができると思います。


話を戻します。

「人を見た目で判断するな」としばしば言われます。

しかし、「メラビアンの法則」から「人間見た目の印象が強く残る」ことがわかります。


また、第一印象の影響力は非常に強く簡単には抜け出せないとされています。

それを「初頭効果」といいます。

男女の出会いにおけるインパクトの強さは次の順になるのが一般的と言えそうです。

  1. 視覚情報⇒見た目(具体的には清潔感など)
  2. 聴覚情報⇒声(優しそうなど)
  3. 言語情報⇒トークの内容

 

第一印象はあてにならない?

と言われますが、私の経験では「あてにしてよい」と思います。

2度の離婚を経験した知人は、「第一印象を信じればよかった!」と自戒の念を込めて何度も言っていました。

最初と2度目、どちらの元奥さんも職場結婚でしたが、両者とも第一印象は今二つだったらしいです。

初めて見たホンの数秒間に「言葉にできない微妙な違和感」を覚えたそうです。

何度かお会いしたことがありますが、お二人とも美人でしたよ。

しかし、知人は「第一印象は良くなかった」と言うのです。

それでも結婚まで至ったのは、次の段階の「親近効果」があったからでしょうね。

スポンサーリンク 

 

 

【婚活・結婚】「親近効果」と「初頭効果」

最初の印象と後の印象が異なる場合、後の印象のほうが強くなるといいます。

これを「親近効果」とか「新近性効果」と呼ぶそうです。


最初「怖い」と感じた人が、後になって「優しい」と感じる人に変わった、、、という経験、ありますよね?

第一印象とのギャップが大きい分、「優しい」の印象はさらに強くなったはずです。

これを「コントラスト効果」といいます。

「意外」が人に強い印象を残すのも、この効果に理由があります。

昔の同僚に次のように公言する先生がいました。

「俺は、最初の授業で思い切り嫌なヤツを演じるんだよ」

イヤな先生を最初に演じておけば、その後ちょっと優しくするだけで人気が上がるというのです。

これも「コントラスト効果」と言えるでしょう。

実際、その先生の人気は絶大でした。

「散々陰口を言われるけど2か月くらい耐えるんだ」

「最初に良い印象を与えすぎると、それ以上の優しさを子どもたちは求めてくる」

「最初に嫌なヤツと植え付けておけば、後は少しの優しさでコロッと『見かけによらず優しい!』と変わるもんさ。」


DV加害者からなかなか離れられない理由も「コントラスト効果」にありそうです。

暴力を受けた数日後、格段に優しくされると「本当は優しい人なのかも?」と…。

 

【婚活・結婚】「親近効果」と「コントラスト効果」

知人の場合は、どちらの元奥さんからも一目惚れされました。

好きになった方は、良い人になりきろうと全力で頑張るはずです。

その努力が一定の時間を経ると、

「ステキな人だ!」

という印象が定着し、その影響力はついには初頭効果を乗り越えます。

まさしく「コントラスト効果」です。

そして、結婚し時が流れ、ついに知人が確信したこと。

「第一印象が正解だった!」

彼は何度も言いました。

第一印象を信じるべきだった!

自分の直感を貫くべきだった!

 

【婚活・結婚】事前の情報過多もカンにはマイナス

このように、後からの情報は第一印象を乗り越えることが多々あります。

つまり、動物的カンは敗北しやすい


では、事前に情報をたくさん仕入れてから会う場合はどうでしょうか?

結論をいいますと、事前の情報が多いと「先入観」として定着してしまうように思います。

そして、肝心の動物的カンを鈍らせるような気がします。


だから、情報過多にならないピュアな状態で会うのがベターというのが私の意見です。

初対面で会うからこそ、カンが働くといえるからです。

心理学者メーヨーによると、

  • 観察力が鋭い人・・・初頭効果に影響されやすい
  • 観察力が鈍い人・・・親近効果に影響されやすい

さて、どう考えるかですね。

婚活の女性

情報過多は先入観の原因に…直感も鈍る


そういえば、初代の若乃花さん(後の二子山理事長)も生前言っていました。

「第一印象はかなり信じて良い」と。

私も同感です。

親近効果は、演じて作りやすいからです。

親切で優しい人を前面に押し出すことができます。

ただし、本当に観察力がある人はちゃんと見抜きますけどね。

例えば、紫微斗数命盤遷移宮が空っぽの人は、どんなに努力しても周囲への気くばりは苦手です。

 

【婚活・結婚】本当の第一印象は0コンマ数秒

第一印象をつかむチャンスは一瞬しかありません。

大事なのは、挨拶する前のホンの一瞬です。

挨拶を交わす時は、もう表向きの顔だからです。

初対面の挨拶では、誰でも100パーセントの力で良い自分を出そうとしませんか?


挨拶前のホンの一瞬でつかむ直感は、動物の持つ防衛本能ゆえだと思います。

人間にも動物的カンは残っています。

スポンサーリンク 

 

 

【婚活・結婚】運命の人は会った瞬間に!?

コロナ禍が男女の出会いを狭めています。

本当に困ったものです。

これからは、マッチングの機会を能動的に求めていく必要があるかもしれません。

自然発生的な出逢いが期待できない時代になってしまったからです。

ただし、あくまでも“健全さ”は重要ですね。

どんなアプリや媒体を使うにせよ、絶対条件は健全であることです。

そして“恥ずかしい”“照れくさい”という気持ちを乗り越えること。

婚活パーティーも繋がりができなければ「その場限り」の関係です。

そこが良いところです。恥ずかしがる必要はないからです。

私の友人は、なんと108回以上婚活パーティーに参加しました。

「108の煩悩」と言っていました。

初めのうちは恥じらいがあったようですが、だんだん慣れてきて、

「ただの知らない人たちとの飲み会だよ」

と開き直っていました。



他の友人の奥さんは、人生初の婚活パーティーで今の旦那さん(私の友人)とゴールインしました。

今は函館に新居を構え、中学生の娘さん2人と4人で仲良く暮らしています。

結婚したい思いが少しでもあるなら、とにかく行動してみるべきです。

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

四柱推命・紫微斗数を使った本格的な相性診断も行なっております。

お気軽にご相談ください。

 

www.happy-power-up.com