はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

【四柱推命・男女の相性】日干〈甲〉の人「向上心と優しさ」

「彼(彼女)との相性を知る」日干同士の関係で見る簡単な方法第3弾。

今回は、向上心にあふれる人情家「甲」の人の相性をさらっと書きます。

相性を知るには、5種類程度の分析方法があるのですが、今日はその一つ「日干同士の相性」について書いてみます。

この記事は天干の関係だけの言及です。

半分はエンタメ、半分は参考」程度に読み進んでください。

樹木

日干「甲」の人の相性診断

【四柱推命】日干〈甲〉の人の基本性質

甲=樹木

  • 向上心、意地と根性
  • 正直、嘘が嫌い、頑固
  • 質実剛健、責任感
  • 「仁」思いやり。時におせっかい。
  • 甲尊(こうそん)。トップの風格と貫禄。

自分とお相手の「十干」をご存じない方は、こちらからわかります。

 

www.happy-power-up.com

 

【四柱推命】日干〈甲〉の人「十干との相性」

【甲】と【甲】 

甲(樹木)・甲(樹木)

双木成林」奇門遁甲〈大吉〉

木が合わさって林になります。

落ち葉が腐葉土になり、土壌も豊かにできる関係です。

しかし、2人とも身旺なら頑固者同士なので意地の張り合いになることも。

お互いに助け合う理想の関係になると「甲木参天」として最高の状態に。

お互いが自我を出し合うとライバルとしてぶつかってしまいます。

付き合い方のコツ

「一度ケンカすると仲直りしにくい」

「お互いに相手のプライドを時々くすぐってあげること」

 

【乙】と【甲】 

甲(樹木)・乙(蔓草)

藤蘿絆木」奇門遁甲〈吉〉(吉凶に諸説あり)

乙が甲に絡みつき頼りがちになる関係。

乙にとって甲は頼りになる存在で一緒にいると安心感が得られます。

しかし、頼られすぎると甲はうっとうしさを感じ始めることも。

頑固な甲と柔軟な乙の良さが発揮できたらナイスパートナーに。

そうなると森林が元気に繁って吉です。


付き合い方のコツ

「乙が自立できるように甲の方から適度な距離を保つ」

「甲は自分の時間も大切に」

 

【丙】と【甲】

甲(樹木)・丙(太陽)

青竜返首」奇門遁甲〈大吉〉

太陽は樹木を育てます。しかし時には熱い日光で枯らしてしまうことも。

木生火」ですが、樹木は太陽を生じることができません。

丙が甲を温かく見守る関係がベストです。

奇門遁甲では「青竜返首」の大大吉方位です。


付き合い方のコツ

「甲は丙に甘えすぎないこと」

「丙は甲の意見も大切にすること」

 

【丁】と【甲】

甲(樹木)・丁(灯火)

乾紫烈火」奇門遁甲〈大吉〉

丁は樹木(薪)を激しく燃やし力を奪います。

反対に、甲は丁の勢いを強めます。

甲は我が身を燃やして丁に尽くします。

木生火」の関係です。

たき火

燃やしすぎると木は「灰」になります

付き合い方のコツ

「丁は甲への感謝を忘れないこと。甲が燃え尽きてしまう」

「甲は女房的役割に徹する(男性でも)」

※本当は身旺・身弱によるので一概に言えない関係です。

 

【戊】と【甲】 

甲(樹木)・戊(山)

禿山孤木(とくざんこぼく)」奇門遁甲〈凶〉 

山は樹木に栄養を奪われるまいと抵抗します。

一方の樹木は養分を奪って剋しにかかります。

両者が力の勝負を展開します。

頑張りすぎると、相手が疲れてしまうので力加減が求められます。

木が強すぎると、山は岩だらけになってしまいます。

岩だらけの山では大木は育ちません。 


付き合い方のコツ

「思いやりに欠けると共倒れ⇒お別れ」

「身旺同士だと衝突が絶えない」

 

【己】と【甲】 

甲(樹木)・己(土・田畑)

根制鬆土」奇門遁甲〈吉〉

樹木は大地から養分を取ります。

大地は、ある時は栄養補給に協力し、またある時は地力を守るため抵抗します。

甲己干合して土象になります。

調和することで癒しの風景が出来上がります。

基本的に気が合う関係です。


付き合い方のコツ

「甲が思いやりを忘れると、最後には愛想を尽かされる」

「親しき仲にも…。仲良くなりすぎはお互いにダメになる」

 

【庚】と【甲】 

甲(樹木)・庚(斧)

飛宮砍伐(かんばつ)」奇門遁甲〈大凶〉 

斧は樹木を伐採します。斧に対して樹木は無力です。

とはいえ、斧で伐採されることで樹木は有用な存在になります。

そう考えるとありがたい関係なのです。

プライド高い甲の人が庚の人にぞっこんになる例を私はいくつか見てきました。

心の奥で「庚にはかなわない」と認め、だからこそ時は激しく逆らいたくなる…。

微妙な関係です。

ただし、水を多く含んだ冬の木には、庚も刃こぼれし手に負えません。

うまくいけば最高の関係になれますが、ひとつ間違うと…。


付き合い方のコツ

「庚の力加減が長持ちのカギを握る」

「庚は甲のプライドまで根こそぎ伐らないこと」

木とノコギリ

上手に伐ってもらえたら有用な木材になれる

【甲】と【辛】 

甲(樹木)・辛(宝石・ハサミ)

木棍砕瓦(もっこんさいが)」奇門遁甲〈大凶〉 

こん棒で宝石は壊されてしまいます。

金剋木」ですが、辛は甲を剋せません。

逆剋といってハサミは刃こぼれしてしまいます。

繊細な辛にとって、甲はやや苦手な相手。

ストレートな性格の甲にとっても、辛はやや扱いにくい相手と感じがちです。

奇門遁甲では「棍棒粉砕」として凶意が強いです。


付き合い方のコツ

「甲が常に優しく思いやりをもって接すること」

「言動には細心の注意を払うを」⇒ちょっと疲れますね

 

【壬】と【甲】

甲(樹木)・壬(川)

隻帆漂洋」奇門遁甲〈大凶〉 

強い水流にあうと樹木は流され「流木」になります。

ぷかぷか浮かぶと「浮木」になり、水が凍ると木も凍ります。

基本的に、甲は壬に逆らえない関係です。

甲が岸辺に根を張れば、美しい湖岸を演出する良好な関係に変わるのですが。


付き合い方のコツ

「壬は甲を上手に手のひらに乗せてあげる」

「甲は持ち前の向上心を失ってはいけません」

 

【癸】と【甲】

甲(樹木)・癸(雨・雲)

樹根露水」奇門遁甲〈吉〉

樹木にとって癸はまさに恵みの雨です。

癸は甲を育てます。これは良い関係といえます。

自立心の強い甲が甘えられる相手です。

しかし、何事も限度が大切で甘やかしすぎると「腐木」になります。


付き合い方のコツ

「甲は居心地の良さに甘えてベタベタしないこと」

「凜として立つ甲に癸は惚れるのです」

 

「甲」の相性ランキング

私の観察からの順位づけです。

※あくまでエンターテインメントとしてお考えください。

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

【四柱推命】本当の相性診断(5分の1)

天干同士の関係も大事ですが、地支同士の関係も忘れてはなりません。

いくら天干同士の関係が良くても、地支が「刑冲」の関係にあったら一気に相性は悪くなります。

地支の刑冲は根っこの部分での戦闘状態です。


本物の相性診断は、5項目を見て判断します。

格式同士の相性も大切な要素です。

お互いの考え方に関わる相性がわかります。

この相性がよければ「あの人、何を考えているのかわからない!」という不満が少ない夫婦になります。

スポンサーリンク 

 

 

www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!