はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

【詐欺】新入社員時代に大金を騙し取られた同僚の話〈1991年〉

新入社員時代の話です。

私は営業一課に配属され、その課には私を含めて4人の新入社員がいました。

朝出社すると、いの一番に電話しまくってその日のアポイントを取ります。

4~5件のアポイントが成立すると、「行ってきます」と営業カバンを片手に会社を出発します。

「新入社員は最低でも1日に6社回りなさい」と指導されていました。

就職情報誌の広告受注の営業でした。

入社して9か月ぐらいが過ぎたある夜、私の家(借り上げマンション)に電話が鳴りました。

同じ課の新入社員Tからの電話でした。

T、「実は深刻な悩みがある。誰にも言わないことを約束してほしい。」

いつになく沈んだ声に驚きました。
Tは、関西人で、いつも明るい男だったのです。

あれから、30年近く経ちました。T、もう時効でいいよね?

 

 

【同僚T】渋谷の交差点で怪しい男に捕まった

「これから俺が話すこと、誰にも言わないでくれないか?深刻な話なんだ」

Tは守口市出身で、いつもは明るい声の関西弁で話す性格の良い男でした。

声にいつもの元気がないことがすぐにわかりました。

これからTの話をなるべく要点を絞ってまとめてみます。少し長くなるかもしれません。お付き合いください。

渋谷の交差点

渋谷とは聞いたが、そこの交差点かは聞いていない…

Tはその日、いつものように大きな営業鞄を片手に歩いていると、いきなり一人の男に呼び止められたそうです。

怪しい男、「さっき横断歩道ですれ違った時、お前はとんでもないことをしてくれた!

何のことかさっぱりわからないで困惑するTにかまわず、怪しい男は一方的にまくしたてたそうです。

  1. 「横断歩道で、ある人と重大なものを売買するところだった」
  2. 「ちょうどその時、俺とその人の間にお前が割り込んだ」
  3. 「そのために重大な商売は不成立になった」
  4. 億単位の損失が生じた
  5. 「どう責任を取ってくれるんだ!?」

「おい!どうしてくれるんだ!?」

とすごまれたそうです。

悪徳詐欺師

Tはいきなり呼び止められて、衝撃的な話をされた

話の内容が気になった私は、続きを催促しました。

Tは話を続けます。


T、「俺は何度も謝った」

何も知らなかったのです。すみませんでした

最初は全然聞く耳を持たなかった怪しい男も、だんだん態度が軟化してきたというのです。

私はその時点で、怪しいと思いました。

しかし私がTだったとしても、いきなりそんな話を聞かされたら動揺したに違いありません。

私、「その重大なものって、もしかしたら〇薬?」

T、「それは最後まで教えてもらえなかった。失敗したら命の保証はないくらい非常に重要なものと言われた」

何の罪もないTは、何度も何度も謝ったそうです。

Tは相当動揺し、判断力を失った…

Tは相当動揺し、判断力を失った…


少しずつ態度を軟化させた男は、

わかった。お前の言うことを信じてやる

と言ったそうです。

問題はその後です。

  1. 「お前がわざと邪魔をしたわけでないことは理解した」
  2. 「だが、とてつもない金額の損害だ」
  3. 「俺はお前の言葉を信用する」
  4. 「しかし、兄貴分にお前のことをどう説明したら良いかわからない」
  5. 「俺はお前を守ってやりたくなった」

まとめると、上のような展開になったらしいです。そして、

  1. 「俺は自分の兄貴分にお詫びに行かなければならない」
  2. 「損害を出したのだから、俺もどんな目に合うかわからない」
  3. 「詫びを入れて済むようなことではない」
  4. 何か最低限の手土産を持っていく必要がある

その後の話の経過ははっきり覚えていませんが、Tはその男と一緒に銀行のキャッシュコーナーに行き、全財産を渡したそうなのです

悪人が急に善人に変わる、、、いかにも怪しい

悪人が急に善人に変わる、、、いかにも怪しい

新入社員ですから、全財産と言っても確か50万円ぐらいだったかと記憶しています。

とにかく全て渡したそうです。

この辺りまで話を聞いて、言えばTが傷つくと知りながら私は口にしました。

私、「それ絶対騙されてるよ。ビビらしてから安心させるのは騙しのパターンだよ」


Tは、続けた。

「俺もその時は相当びっくりした」

「でも最後は俺を信用し、心配までしてくれた」

「じっくり話したけどあの人が嘘を言っていないとその時、俺は思った」

「でも、帰宅して冷静になってみると、どうも半々のような気がしてきた」

私、「いや、一番大事なことは、お前悪いこと何もしてないじゃない?

Kの言葉は、

「いや、それは確かにそうだけどあの人に迷惑をかけたのは確かなんだ」

「実は明日、〇〇でその人と会うことになっている」

「お詫びがうまくいったら、今日渡したお金を全額返してくれると言っていた」

私、「そんなの来るわけないじゃん」

T、「いや、俺は信じてみる。話して良い人だと感じたんだ」

私、「おいおい…」

私はもうTが完全に騙されていると確信していた。

しかし一縷(いちる)の望みは、明日待ち合わせ場所にその男が来ること、それだけだった。

99パーセント来ないだろうと私は思った。

しかし、もし現れた場合、Tがさらに騙されたりカツアゲされたりする可能性はあると感じた。

私は提案した。

私、「明日、俺もその場所に行くよ。知らないふりして近くに座って話を聞く」

T、「お前が来たら、いきなりふん捕まえたりするだろう」

私、「話を聞いて俺も本当だと思ったら何もしない。ただ、お金を返さなかった時には、話に割り込ませてもらう」

T、「いや本当に来なくていいから」

しばらく、「行く」「来なくていい」の問答が続いた。

T、「お前には待ち合わせの場所は教えない」

「だったら、お前を尾行する」と私は言った。

T、「いや、本気で言うけど頼むからここは引き下がってくれ。話だけ聞いてくれただけでありがたいんだ。絶対に来ないでくれ」

結局、私は行かなかった。

警察に電話することもTはかたくなに拒んだ。

「お前だから話したんやで」の言葉が、私の行動のすべてにブレーキをかけた。

スポンサーリンク 

   

【結果】翌日の夕方のT

営業に出た社員の帰社は、いつも夜の7時くらいでした。

新入社員の私たちは、先輩たちから「今日は何社回った?」と聞かれるのが常でした。

5社回ったらギリギリ及第点。

4社以下なら理由を聞かれ、理由いかんでは厳しく叱られました。

しかし、その頃はもう4社以下でも「6社です」と答えれば済むことを同期4人は学んでいました。

私は早めに会社に戻り、Tの帰りを待ちました。

Tが帰ってきました。

その表情で結果はすぐにわかりましたが、私は念のため目で合図しました。

「どうだった?」

Tは首を小さく振りました。

次に私は、唇の動きで言葉を投げかけました。

「来なかったの?」

Tはまた小さく頷きました。

当時私は、板橋区成増に住んでいました。

Tのマンションは北区赤羽にありました。

西村ひろゆきさんが「大都会赤羽」とよく言う赤羽です。

まあ、大都会ではありませんよね(^_^)。

地下鉄の分岐地点だった板橋駅を降りると、駅前にジンギスカン屋さんがありました。

北海道出身の私がジンギスカンを好きだったため、よくTを付き合わせていたのです。

Tとはよくそこでジンギスカンを食べました。

いつも二人は、「仕事つまんねー」と愚痴を言い合っていました。

愚痴が多かったのは、主に私の方でした。

北海道人の私の方が、常にTより多弁でした。

その日の夜、私が誘っていつものジンギスカン屋さんに行きました。

当然ですが、Tに元気はありませんでした。

純粋だったTは、大金をだまし取られたことを悔やんでいました。

そして、怪しい男を「良い人」と信じた自分を恥じていました。

今思えば、信じなくても信じたかったのでしょうね。

私は再度、警察に行くことを勧めましたが、Tは頑として受け付けませんでした。

私はTが意外に頑固なことを知っていました。

営業成績は私の方が良かったのに、いつもTは私の愚痴の聞き役でした。

「お前は自然体の人柄営業で客がつくからうらやましい」といつも言われました。


無理にでも警察に連れて行くべきだったのか、それは今でもわかりません。

その夜、私から事件の話題を振るのはやめにしました。

別の話題で静かにジンギスカンを食べました。そんな夜の記憶がうっすらと残っています。


この話は会社の先輩はもちろん、上司にも同僚にも、誰にも話しませんでした。

私はけっこう口が堅いのかもしれません(^_^)。

思えば30年間、誰にも言わないできました。

でも、あれから30年経ちました。

今ならTも許してくれるような気がします。

もう何年もTと連絡を取っていません。

このブログを読んだら、「俺のこと書いたな」と絶対にわかるはずです。

だから、せめて匿名にしておきます。ただしイニシャルのTは本物です。

読んだら連絡くれたらいいなという気持ちもあります。

スポンサーリンク 

 
いずれにしても、この相手の男、最初から騙す気だったのは間違いありません。

同じ手口に引っかかった若者は他にたくさんいると思います。

騙しの手口をまとめておきます。

1.人を騙すなら大きく騙す

  • 「数億の損害」でTはすっかり萎縮してしまった
  • 小さい金額ならTも冷静でいられた可能性が高い

2.激しく凄んで精神的ダメージを与えた

  • 冷静な判断力をTから奪った

3.タイミングを見て許し、同情を誘った

  • 刑事の「落としのテクニック」?

4.「お前のために俺が命がけで詫びに行く」

  • 浪花節をちらつかせ、良い人を演じた
  • 震え上がっていたTには救い主にも見えたかもしれない

5.「誰かに話したことがばれたら俺の命が危ない」

  • 書きながら今思い出したが、Tはそんなことも言われたと言っていたような記憶が…
  • いかにも嘘くさい…

6.明日無事なら落ち合おう。その時は、今日のお金は責任を持って返す

  • もしかしたら、お金が戻ってくるかもという期待感と安心を与えて払わせる


今ではこういう手口は古典的部類に入るのかもしれません。

それにしても、何の罪もない若者を驚かせて、精神的ダメージを与えて、善意につけこんで、お金を貪りとっていく…。

相手の男は、うまく行ったと思っていたに違いありません。

しかし、私は強く確信します。この怪しい男に本当の幸せは絶対に巡ってこないことを。

こういう男の幸せは、ハリボテにもならない錯覚の幸せで、全ての不幸の始まりになることを強く信じて疑いません。

世の中には、こんな卑劣な人もいるのだと、ずっと昔のことですが、思い起こせば腹が立って仕方がありません。

長い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。

Tは、守口市に戻って親の家業を継いでいるはずです。

怪しい男も、きっとどこかで生活しているのでしょう…。

 

これまた今思いついたことですが、

その男の生年月日、できれば生時も知りたかったですね。

どんな四柱命式なのか、どんな紫微斗数命盤なのか、研究の材料にできたのに…。

 

次の記事をリライトしようとして、ふと昔のことを思い出しました。

そして、記憶のままに書いてみました。

下手クソな記事なので、時間があったらリライトする予定です。 

www.happy-power-up.com

 

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!


人気ブログランキング