四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

男性にダメージを与える女性の言動ワースト5「それを言っちゃあ、おしま…」

「世の中に強い男は存在しない」と言います。

男性は基本的に見栄っ張りです。外見に似合わず繊細な人が多いです。

特に言葉の受けるダメージには滅法弱い。

言葉のトゲがグサッと刺さると、帰宅してからクヨクヨ悩んだりするものです。

20210109152940

 

女性の皆さん、意中の人の心をつかみたければ、次の5つの言葉は絶対に口にしないようにしましょうね。

男性にダメージを与える言葉ワースト1「男のくせに…」

「自分はダメ男?」と落ち込む

理想の男性像をイメージしている女性が口にしやすい言葉です。

言われた男性は、

  1. 弱い男と思われている…
  2. 男らしくないと思われている…
  3. 優柔不断と思われている…
  4. リードできない男と思われている…
  5. 頼りないと思われている…

はたまた、

  • 夜の生活のことかな?

などと、悩みのループに入り込んでしまいます。

言われた男性は、「そう思われないようにしなきゃ!」と考えて、無理に頑張り始めます。

すると、だんだん会うことが負担になり楽しくなくなってくることもありえます。

そうなったら、深刻です。

もし、うっかり口にしてしまったら、

「でも、そういう〇〇くんがいいの!」

と付け加えるか、

すぐに、持ち上げて自信を取り戻してあげる

などの対処をしましょう。

心のダメージはこんな感じかも

 

男性にダメージを与える言葉ワースト2「私と仕事、どっちが大事なの?」

男にとって仕事と恋愛は別枠

会う頻度が減って寂しくなるとつい口から出る言葉です。

仕事、稼ぎ、出世が大事という意識が男性にはまだ根強くあります。

「デキる男」と思われたくて仕方がないのが男の性といえます。

実際、彼女のために「稼げる男にならなくちゃ!」と考える男性もいます


頻繁に「私と仕事、どっちが大事なの?」と言われたら、

  1. この人と結婚したら、仕事に集中できなくなるかも…
  2. 俺に「デキる男」になって欲しいと思わないのか?
  3. マイホームパパになってしまうかも…
  4. 君のために頑張っているつもりなのに…
  5. 一生縛られそう…

などと考えて、気持ちが離れてしまう可能性が高まります。

 

逆転の発想を!「私のために頑張ってくれてる」

大事な仕事の時期にあるようだったら、

  • 「心の中で応援してるよ」
  • 「今は仕事に集中して!」

という姿勢を見せましょう。

男性は、仕事ができて始めて女性を支えることができると思っています。

「仕事は大事」と考える男性は、頼りがいがあって素敵だと思いましょう!

ただし、あまりに会う頻度が少ないなら…。

話を戻します。

男性は女性と比べると、同時進行で何かをすることが苦手といわれます。

仕事と恋愛の完全な両立は、忙しい時期の男性にはけっこう難しいのです。

女性は寂しさを感じるかもしれませんが…。

スポンサーリンク

 

 

 

男性にダメージを与える言葉ワースト3「うちの親はスゴいの!」

お互いの親の比較につながる発言はしないこと

誰だって、よほど親と険悪な関係でない限りは、「自分の親を大事にして欲しい」と思っています。

ですから、自分の親をベタボメしすぎると、男性は次のことを心配します。

  1. 結婚しても実家に帰りがちになるのでは?
  2. 老後は実家の親の介護に偏るのでは?
  3. 俺の親と比較されたら困るな…
  4. 俺の親はそんなに立派でないんだよな…
  5. 俺の親とうまくやれるのだろうか?

今は、少子化により一人っ子も増えています。

これからは長男・長女の比率が高くなるでしょう。

多くの人が、親の老後の責任を肩に背負う時代になりそうです。

「自分の親とうまくやって欲しいな」と考える人がもっと増えると思われます。

だから、自分の親ばかりをホメていたら、ちょっと不安になるものです。

 

昔の嫁と姑は大変だった!今も!?

嫁と姑は、ずっと昔から良い関係になることは極めてまれと言われます。

私の母も祖母と同居して最期を看取りました。

しかし、祖母は明治の人らしく頑固な性格のため、母は相当に苦労していました。

祖母の口癖?のほんの一端を書いてみます。

  • 「こんなにおかずいらない!もったいないでしょ」
  • 「私は、それ食べないから」
  • 「どうしてコーラを冷蔵庫に入れておくの!体に悪いじゃない!」
  • 「先週も筋子食べたよね?コレステロール溜まるんだよ」
  • 「贅沢はダメ。経済、経済」

こういうことを日々言われたら、ちょっとした贅沢もできません。

毎日のおかずにも悩んだみたいです。

また、敬老の日に、母が小さな座椅子を祖母にプレゼントしました。

「こんなのいらない。もったいない」

と、とうとう一度も座りませんでした。

どんなおかずかというと、大したものではありませんでした…。

昭和の人は、長男の親と同居することが多かったですね。

お嫁さんは大変だったと思います。

母は、義母の最期を看取って間もなく実母の介護に回ることになりました。

介護が連続しましたから「疲れた…」と言っていましたね。

 

男性が親をホメすぎたら…マザコンを疑われる…かも

男性は特に、自分の母親をホメすぎないことが肝心です。

彼女が嫉妬を感じるほど母親をホメることは極力避けるべきです。

  • この人、私よりも母親を大切にする人?
  • 親から自立してないの?

と勘ぐられないように、言動には気を付けた方が良いでしょう。

 

ダメージを与える行動〈番外〉「歩くスピードを合わせない」

シンクロニー現象(同調効果)を意識する

知らないうちに、しゃべり方やしぐさが似てくることをシンクロニー現象といいます。

職場などで、「あの人、〇〇さんに口調が似てきたな」と感じたら、その人は〇〇さんを尊敬している可能性が高いです。

私の職場にもいました。語尾の抑揚が似てきたので、

「〇〇さんを尊敬してる?」と聞きました。

すると、「どうしてわかるんですか?」と不思議がりました。


シンクロニー現象のことが出ているから」と教えました。

〇〇さんを、仕事の上でも人格的にも尊敬し、慕っていたようです。

このように「シンクロニー現象」は、見ているとけっこうわかりやすくて便利です。

 

よい記事を見つけました。貼っておきます。 

「シンクロニー現象」が起きたら二人は相思相愛!? (2019年5月6日) - エキサイトニュース

 

ミラーリングをすると親近感を持たれやすい

シンクロニー現象を自ら作り出すことをミラーリングといいます。

相手の話し方やしぐさを鏡(ミラー)のようにさりげなくマネると、親近感を持たれやすいわけです

心理カウンセラーが、相談者の心を開かせるためによく使う方法の一つです。

私も生徒の悩み相談などで大いに活用しました。

 

相手の気持ちを確かめる方法「一緒に歩いてみる」

デート中に、歩く速度に差がないかさりげなく観察しましょう。

歩調が同じ、あるいは合わせてくるなら2人の関係は大丈夫です。

歩調が合わなかったら、心も離れつつある可能性が高いです。

この方法は、簡単に実行できるので便利です。

 

www.happy-power-up.com

 

男性にダメージを与える言葉ワースト4「自己否定の言葉」

「私って…(ネガティブワード)」は言い訳と依存心から出る言葉

たとえば、「私って素直じゃないし…」と言えば、

彼は「そんなことないよ」と言ってくれるはずです。

しかし、毎回のフォローは疲れます。そのうち、

  1. またかよ…
  2. ネガティブすぎてついて行けない…
  3. 暗い家庭になりそう…
  4. フォローに飽きた…
  5. かまって欲しいチャンなの?

と考えるようになります。

男性の気持ちも暗くなってだんだん腰が引けてきます。

  • 「私って何をやってもダメだし…」
  • 「私の話はつまんないし…」
  • 「私って性格暗いし…」

だんだん男性もめんどうくさくなって、「ああ、そうだよ」と言いたくなるかもしれません。

口癖になりやすい言葉なので、気をつけたほうがよいです。

 

明るい未来をイメージできる言葉を発する!

彼は、あなたとの明るい未来が想像できる言葉が欲しいのです。

反対に、どうしてもお別れしたいときは、「暗い話をたくさんする」というのがお決まりのパターンです。

もし、彼の会話に暗い話題が増えてきたなら、別れたがっている可能性も!?

  • 左遷されそうだ
  • 全然仕事ができないから転職するかも
  • 親の介護が大変になる
  • 親に借金がある
  • 車のローンが半端ない
  • 兄貴から金の無心を頼まれている。兄貴は失業した
  • もともとギャンブルが大好きなんだ
  • 酒癖悪くてね
  • 昔から親友ができない性格なんだよ

 スポンサーリンク

 

 

男性にダメージを与える言葉ワースト5「友だち、今度結婚するの」

「彼女、結婚することになったみたい…」はプレッシャー

これは絶対禁句ではありません。頻度の問題です。

友だちの結婚話をしばしば口にすると、彼に結婚のプレッシャーを与えます。

「早く結婚を決断してよ!」と催促されているように感じてしまう場合があるからです。

 

あまり言い過ぎると…

気の弱い男性だったらプレッシャーに耐えかねて、「君の人生を傷つけたくないから」と「サヨナラ」を言ってくることもありえます。

草食性男子が増えていますからね。

昔、ピンクレディーが「男は狼なのよ、気をつけなさい」と歌っていましたが、狼は減り、羊か山羊が増えているようです。

それでも、「あなたは草食性ね」とは言わない方が良いですよ。

 

男性にダメージを与える言動〈番外〉つまらなそうにする

俺と話しても楽しくないんだ…と自信を失っていく

つまらない顔、暗い顔、「疲れた」の言葉が多いと、

  1. 俺とデート(会話)をしていても楽しくないのか…
  2. もともと愚痴が多い人かも…
  3. 早く家に帰りたいのかな…
  4. 何か疲れさせるようなことをしたのかな…
  5. やっぱり性格が合わないのかも…

などの想像を開始します。

また、憂鬱な感情はてきめんに伝染するため要注意です。

 

しっかり理由を言うことが大切

「昨日、先輩からイヤなことを言われて気持ちが落ちている。今日はごめんね。」と理由を言えば、納得して、そのうえ心配もしてくれます。

ただし、あまり頻繁だと、

  • 人間関係が苦手なのかな?
  • もしかして職場ではトラブルメーカー?
  • 自分に見せない困った性格があるのかな?

などの想像を働かせてしまいます。

でも、数回ならOKです。

男は理屈を重んじるので、理由を知ればひとまず安心します


それから、

  • 時計を何度も見る
  • しばしば遠くを見る

などにも気をつけた方が良いでしょう。

www.happy-power-up.com

 

【あとがき】男性にダメージを与える女性の言動

ほとんどの男性はナイーブなのです。そのくせ、カッコつけたいのです。

特に好きな女性の前では、ダサいのは厳禁と思っています。

また、男性は「仕事以外の悩みは極力減らしたい」と思いながら生活しています。

女性の立場からすると「何て身勝手な!」と思うかもしれません。しかし、それが現実です。

さて、専業主婦は大変です。

家事には、昇給も昇進もボーナスもありませんから。

家事は「できて当たり前」と思われがちです。

男性は帰宅したら、家事を褒めてあげることが大切です。

「玄関きれいだね。掃除したんでしょ?」

「この煮物おいしいね。食べたかったんだ」

「帰宅して君の笑顔を見たら、疲れが一気に吹き飛んだよ」


女性だって、男性以上に傷つきやすいのです。

このイラスト、激しすぎますが…

※2021年1月の記事を加筆訂正しました。

www.happy-power-up.com

 

スポンサーリンク

 

 

 

ポチッとしていただけるとハッピーです!