四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【欽天四化紫微斗数】生年化禄を活かした生き方のすすめ

今日の記事は私自身の反省を書きます。

本来とても良いものを持っていたのに活かしきれなかった私自身の経験です。

「あんたはいいものを持ってるよ」

と、紫微斗数命盤が教えてくれているのに、粗末に扱ったためにせっかくの良いものを活かしきれませんでした。

もっと早く自分のことを知るべきだった。

これまでの人生を振り返って、強く反省しています。

【欽天四化紫微斗数】生年化禄はどこにある?

紫微斗数命盤を見て最初に気になるのは生年化忌がどこにあるかです。

自化忌が重なると、その宮が意味する事象は苦労・苦悩を伴います。

さて、今日は私自身のことを書いてみます。

私の生年化禄は、奴僕宮にあります。

紫微斗数命盤

私の紫微斗数命盤「奴僕宮」

対人関係運が良く、第一印象も良好と見ることができます。

自分で言うのもなんですが、本当にそうです。

物心ついた頃からどこに行っても声をかけられやすいし、「いい人だね」と言われてきました。

これが調子に乗る原因になるとは…。やはり、人生は因果です。

「人を憎むことなんてないんじゃない?」

「嫌いな人なんていないでしょ?」

「一緒にいても疲れない人だね」

こんなことをよく言われました。

実際、私はほとんど人見知りをしません。

また、平気で人に話しかけることができるほうです。

一緒に行動する友達からも、

「お前はすぐ人と仲良くなれる。うらやましい」

とよく言われたものです。


この性格は、営業マンの仕事でもかなりプラスの作用をもたらしてくれました。

なぜだかわかりませんが、同期の中ではほぼトップの成績でした。

営業テクニックは何もありませんでした。自慢にはなりませんけど。

同期の同僚からは、

「お前はなぜ売れるんだ?」「商品の勉強をしている姿も見たことないし」「人柄営業か?」

と言われたりしました。

まあ、そんな営業スタイルが何年も通用すると自分でも思っていませんでしたが。

ある大手建設会社の人事課長さんから、

「あなたは天性の営業の素質がある。絶対辞めるんじゃないよ。買いたいと思わせる何かを持っているよ」

と言われたことがあります。お世辞半分としても、うれしかったですね。


ところが、私の奴僕宮の対角線にある兄弟宮には自化Aがあります。

紫微斗数命盤

私の紫微斗数命盤「兄弟宮」

そのため、奴僕宮にA-Aの必定が発生してしまいます。

つまり、両方の宮が破格しています。

せっかく「第一印象がよく、人に好かれやすいという長所」があるのに、兄弟宮も奴僕宮も破格となっています。

つまるところ、人間関係がペケになりやすいということになります。

 

【欽天四化紫微斗数】友人を大事にしなさい

対人関係運が良く、第一印象もいいのになぜ?

これまでのことを反省しつつ、破格の意味を考えてみました。

  • 対人関係に対する傲慢な自信
  • 「いつでも友だちはできるさ」という無意味な慢心
  • たくさん人が寄ってきて対応に疲れる

などが原因で、私は人間関係をついついガサツにしてきました。

  • 親友との交流に夢中になると、それ以外の友人関係を疎かにした
  • 新しい友人関係ができると、古くからの友人と疎遠になった

振り返ってみると、本当にそうなのです。

ひと言でまとめると「調子に乗っていた」ということです。

ですから、

「あいつはいいヤツだと思ったけど、親友にはなれなかった」

「最初の印象ほどいいヤツじゃなかった」

と感じた友人はきっと少なくないと思うのです。

この年齢になって、つくづくそれを反省しています。

もっともっと一人一人を大切にするべきだったと。


音信不通になっている友人がたくさんいます。

家庭を持ち子どもが生まれると誰だってそうなっていくのは仕方がないことです。

それでも私は、そういう人が少し多いほうかなと思います。

私の命盤が語っていること。それは「友達を大事にしなさい」のメッセージだと今になって痛感します。

早くから自分の傾向を自覚していたら、今より豊かな人生を送れていたそんな気がしてなりません。

そして、身にしみるのは「さまざまな友人達に支えられて生きてきた」という実感です。

欽天四化紫微斗数と出会ったのは四柱推命よりも後です。

もっと早く知っておけば…。

 

【四柱推命】自我を調節することの大切さ

では、四柱推命から同じことを読み取れないのか?命式にちゃんと出ていました。

日干のエネルギーが非常に強く、劫財も強い命式です。

「自我が強く、時々自分勝手になりがちな性格なので気をつけなさい」

というメッセージを読み取れます。

月柱の天干に偏印があります。

なんだか面白そうな人といった印象を人に与えます。

しかし、根っこの部分はかなり自我が強いのです。

一見協調性があるように見えるのですが、本当の団結力という点において、私は今一歩足りないようです。

そのことは自分でもよくわかっています。

それを抑えて調節することが自分の人生のテーマだと思います。

それが、紫微斗数では奴僕宮にはっきりと出ているわけです。

スポンサーリンク 

 

 

【運命学】自分を知ること

入社試験の面接で、「あなたの長所と短所を教えてください」は定番です。

人生経験の浅い高校生にとって短所を絞り込むのは至難の技です。

「こんなことを言ったら不合格になるかも」

という強迫観念に支配されるからです。

  • 考えようによっては長所とも受け取れるような短所
  • 「なんだ、その程度の短所?」と思ってもらえる短所

などを一生懸命絞り出すのです。

これは大学生も同じだと思います。

面接

【面接】就職試験や推薦入試に向けて

さて、本当の長所と短所は相当熟練した面接官でも見抜くのは至難の技です。

しかし、四柱命式と紫微斗数命盤があれば、それこそ瞬時に分かります。

20代の頃からもっと深く学んでおくべきだった…

面接試験用ではなく、本当の意味で自分のことを知っておくことの大切さを今は痛感しています。

さて、人生を良くするには、生年化禄を元気にすることが第一だと思います。

生年化禄がある宮をムダせず正しく活用することで、人生を改善できると思うのです。

(私はちょっとムダにしちゃったかな…)

たしかに、改善することは容易ではありません。

持って生まれた気質や性格を乗り越えるのは至難の技です。

それでも、自身のことを知っているのと知らないでいるのとでは大違いです。

知ることで、生きることが少しでも楽になる、楽しくなる、充実したものにできる。

こんな便利なアイテムは他にないと思います。

今日は自分自身の反省と後悔を書き記す記事になりました。


もう一言付け加えます。

反省は明日につながるが、後悔は明日に繋がらない。だから反省はするべきだが後悔は意味がない」

と言う人もいます。

おっしゃることはごもっともです。

でも、「感情は数学みたいに割り切れない」と思います。

割り切れないから、詩歌があったり、演歌があったりするのでしょう。

あるいは、お酒もその一つかもしれません。

自己を知る。本来はそのために運命学があるのだと考えています。 

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!