はっぴーぱわーあっぷ~四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲などの運命学・方位学について、日常生活もからめて徒然に書いていきます。

仕事運と夫婦運がよくないため、神経質な性格になってしまう女性命式

誰しもが笑顔が絶えない家庭に憧れます。

しかし、どうにもこうにも周囲の雰囲気を暗くしてしまいがちの人はいるものです。
昔「ネクラ」という言葉が流行りましたが、そういう気質の人は確かにいます。
次の人がその一人です。

 

 

日干のエネルギーが大変弱い「月支正財格」の女性

平成5年1月15日生まれの女性 

月支正財格の女性の命式

かなり身弱の月支正財格の女性の命式

本質的には明るい性格なのに、神経質で内向的になりがち

本質的には、明るく快活な人なのですが、強い官殺が日干を激しく弱めるため、本来の元気さや陽気な気分が押しつぶされていることが残念です。

仕事をしているなら仕事のストレス。結婚もしているなら仕事と夫のストレス。これらのストレスへの耐久が弱く、そのため性格も神経質で内向的になりやすい傾向にある人です。

もともと持っている仕事運と夫婦運がよくないので、どちらも見極めが重要な人です。

体もあまり丈夫ではありません。ストレスの溜めすぎと健康管理には細心の注意が必要な人です。 

温厚でよく気がつくが、真面目すぎておもしろみがない人

長所としては、誠実温厚でよく気がつき、周囲から信頼されます。しかし反面、真面目すぎて柔軟な発想や融通性にはやや欠ける人です。


神経質なのに決断は速いという矛盾

融通性に欠け、神経質な性格なのに熟慮が苦手です。そのため、直感と経験頼りがちな生き方をします。思い立ったら即行動するなど冷静さに欠ける面もあります。 すなわち、自分の本来の性格とは異なる生き方をしてしまう人なので相当に疲れるはずです。 

たまにいますね。こういう人が。神経質なのに行動は速い人が。

もともと神経質なタイプなのだから、慎重に生きた方がいいのに焦りやすい人だからでしょうね。自信がないから焦るわけです。

考えるために立ち止まる習慣を身につけることが大切と思います。人一倍慎重に生きた方が良いタイプの人でしょうね。 

繰り返しますが、仕事と夫は慎重に選びましょう。

人間観察が得意な人

また、根が明るくない人や自信のない人には、人間観察が得意で人を見抜く力を持つ人が多いです。「趣味は人間観察です」と言う人がたまにいますよね。私はこういう人がチョット苦手です。なんだか常に観察されているみたいで…。

暗いイメージも付きますし、あまり口外しない方が賢明な趣味でしょうね。 人生勉強には悪くないでしょうけど。

正義感の強さから疲れをため込みやすい

この人の場合には、正義感や義理人情に厚いので、困った人を見たら放っておけない長所もあります。これも、疲れをためやすい原因の一つです。

全体的にいい人なのです。だから、仕事と結婚さえ選択を間違えなければ、明るく快活に生きていける人です。

就職と結婚、人生の2大転機ですね。2つとも大変な人なので、良きアドバイザーが近くにいたらいいですよね。

さて、このように性格も生き方も、疲れをため込みやすい人なので、上手に息抜きしないと、自分も家族も精神的に疲れてしまいます。 

急に怒り出すこともあるので要注意です

ふだんはとても大人しい人ですが、この人のように極端に身弱で官殺が強い人は、急に激しく怒ったり反発することがあるので要注意です。そうなると、人が変わったような言動をします。 

お金への関心は強い人

ギャンブルや株などに手を出す可能性は低いですが、お金への関心が強い人です。質素倹約の思いが強く、お金を大切にする人です。 

金銭運はあまり良くない人です

倹約家なのですが、残念ながら金銭管理が上手でなく、お金が貯まりにくい人です。ストレスがたまりやすいので、その解消のために無意識に自分の趣味や好きなことにお金を使ってしまいます。それもお金が貯まらない原因の一つです。 

異性から迷惑を掛けられやすい人です

次のような傾向があります。根が真面目な人ゆえにさらに要注意です。

  • 男性に言葉巧みに騙されやすい。
  • 男性や夫に暴力を振るわれやすい。
  • 男性にお金を貸して戻ってこない。
  • 男性や夫の存在が心理的負担になる。 

恋愛結婚よりも、紹介結婚がいいのではないでしょうか。

誠実で説得力のある、男性らしいやや強気な人が合うでしょうね。

そういう人と出逢ったら、頑張ってみることです。本来の明るさが戻ってくると思います。

配偶者縁を分析すると

夫との関係・・・異性の難が多い運命だが…

  • 夫との縁が変わるとか、結婚しない場合が多い人です。
  • 男性に対する執着心が強いか、不実な男性に振り回されて苦労する人も多いです。
  • 出世しても、自分には報いてくれそうにない男性に縁があります。
  • 家庭生活も潤いがなく、寂しさを拭えない家庭になりやすい人です。
  • 浮気相手ができやすい人と言えます。

だからこそ、誠実で説得力のある、男性らしいやや強気な人がいいと思います。この人は、そういう男性に引っ張ってもらって方が生きやすいはずですから。

夫はどんな人?どういう夫婦になる?

  1. 好き嫌いが激しい個性派の男性と縁があります。     
  2. 夫の愛情は薄く、苦労を掛けられる場合が多いです。

宿命的に上のようになる可能性が高い人です。悪い運命を回避する方法としては、人を見る目を養いながら、適切に交際範囲を広げていくことです。
良縁に恵まれる運気の時期が到来したら、巡ってくるチャンスを逃さないことです。

好き嫌いが激しい人なのかどうかを交際の時にさりげなく観察してみましょう。個性的でも好き嫌いが激しくなければ、その人は当たりです。

その人なら、2のような悲しいことは避けられます。

運命は、ちょっとした選択で大きく変えることができます。変えたければ、運命のコースを少しだけ変えたらよいのです。この人は、1を変えれば2も変わります。

 

健康関係の考察

日干が相当弱いため、

  • 本質的に体は丈夫でなく、抵抗力が少ない。
  • 内臓があまり強くないので無理は禁物。

日頃から健康管理に留意するとともに、仕事や家事などでのオーバーワークには要注意です。

また、月日に子どもの星である食傷星がなく、その上、財官が多いため食傷星が育つ素地がないため、子どもを授かりにくい人です。

無事に授かったとしても、育児に頑張りすぎると、心の安定を欠きやすくヒステリックになるなど様々な困難が伴いやすい人なので、そこも注意が必要です。

これからの運勢を占うと

24~33歳の間は慎重に過ごすべき。大運は「庚戌」の偏財運です。

もともと強すぎる官星を大運の偏財でさらに強めてしまうためバランスが崩れます。この10年間は凶の働きが強くなります

  • 仕事の運びを積極的に進めたい気分になりやすい時期ですが、成功につながりにくいです。
  • はやる気持ちを抑えて、できるだけ自重されるのが良いでしょう。
  1. 「順調だな」と思った途端に、体調不良に襲われたり、対人関係の障害が起きたり、そういう邪魔が入りやすい時期です。
  2. あまり運気に逆らわず、周囲の考えや流れに身を任せた方が安全な時期です。
  3. 女性は、異性関係で問題が起きやすい時期でもあります。

迷ったら進まないことです。進まないことをマイナスとせずに、力を蓄えていると考えるようにしましょう。

月支と刑になるため、
  • 迷いや動揺が起こりやすい時期です。
  • 若くても、体調の変化には早めの対処が必要です。
  • 家庭内や仕事も不安定になりがちなので焦らないことです。

※運気を知っておくことで、ムダに焦ったりすることの防止に役立ちます。

令和2年はどんな運気?「 28 歳 歳運(庚 子) 偏財運」

  • お金や資産、あるいは仕事上のことで、問題が発生しやすい運気です。
  • 仕事で無理のし過ぎは禁物です。
  • 仕事上のお金の扱いはミスのないようくれぐれも慎重に。
  • お金が思うように貯まらなくても焦らないことです。出て行く運気にあります。


【事業の拡張】
  ・今年は控えるのが良いでしょう。周囲の賛同者も少ない年回りです。

【恋愛・結婚運】
 ・男性は、女性との交際が負担になり、トラブル発生に注意です。
 ・女性は、今お付き合いしている男性とは結婚への到達は難しい運気です。

【家庭運】
 ・男性は、女性問題や金銭問題に注意です。
 ・女性は、夫の浮気や不倫、金銭問題に注意です。

 

最後に

あまり良いことを書かなくて申し訳ありません。

運気のよろしくない時期はじっと身を伏せ、上昇運気の時期に備えて、自己の内部を高めておくことをお勧めします。幸運期には忙しくなるはずです。その時に備えてスキルアップを図っておくと良いと思います。

さて、キツいことを書きましたが、相性としては身旺の男性と結婚すると良いと思います。身弱同士の結婚の場合は、お互いがお互いに耐えられなくなりそうです。

官殺が強すぎるということは、現実生活に置き換えると、夫や仕事に押さえつけられてストレスをためやすい人生を暗示しています。

ですから、身旺で包容力があるタイプの男性と結ばれて、ノルマがキツくない仕事に従事できたら、この人が本来持っている明るさや快活さが表面に表われてくるはずです。全体の運気も明るくなるでしょう。

好き嫌いが激しすぎる人は、包容力に欠けることが多いので。

ステキな出逢いはきっとあるはずです。