四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【奇門遁甲・方位】引っ越し、旅行に厳禁の大凶方位〈伏宮格〉

奇門遁甲の凶方位です。

伏宮格」と書いて、「ふっきゅうかく」と読みます。

特に威力が強い大凶格で、「飛宮格」と並んで最強レベルです。

突然の事故・災難の恐れがあり、最悪の場合には生命の危険もあるとされます。

戦国の時代は「全滅に向かう」として、敵を敗走させるには最適な方位でした。

引っ越しは運を変える絶好のチャンス」です。

そんな大事な引っ越しに凶方位を踏む日時を選んではいけません。

事故のイラスト

事故や災難を招く凶方位「伏宮格」

【奇門遁甲】凶方位〈伏宮格〉事故・災難・トラブル

天盤が「庚」、地盤が「甲」で構成されます。

奇門遁甲で「庚」は、「甲尊」を伐るため基本的に凶です。

この方位は、天の「庚」が地の「甲尊」を根こそぎ刈り取るのです。

良いことは一つもなく、「迷信」ではすまされない凶の作用が身に降りかかります。

旅行も引っ越しも、会議もショッピングも、外出関係はすべてにおいてダメです。

早めに出発して時間をずらしてでも避けるべきです。

 

【奇門遁甲】凶格〈伏宮格〉の基本

〈構成〉天盤が「庚儀」、地盤が「甲尊」

 

【奇門遁甲】凶格〈伏宮格〉の具体的作用

〈吉効果〉なし

  • 頼りにしていた人に見限られる
  • 部下や後輩から裏切られる
  • 生命の危機あり

〈使用目的〉なし

 

金 運
  • 蓄財や計画が破れる
  • 予想外の大出費を招く
恋愛・家庭運
  • 回復不能なレベルの衝突が起きる
  • 記憶から消せない重たい遺恨が発生
仕事運
  • 頼っていた人から冷遇される
  • 内通や裏切りに注意
勝負運
  • 勝ち運が逃げる
  • 互角の相手との勝負は確実に負ける
健康運
  • 薬などで抑えていた病気が発症
  • 事故による怪我を招きやすい
学業・受験
  • やる気が一気に削がれる事態が発生する
  • 得意科目が急に嫌いになる 

スポンサーリンク 

 

 

 

あとがき【奇門遁甲】〈伏宮格〉孤立無援と事故・災難

【奇門遁甲・伏宮格】人間関係「孤立無援を招く」

勤務者は積み上げてきた地位を失い、自営の人は財を失う

上司や先輩、同僚や後輩、そして顧客から不思議なほど冷たい態度を取られる効果?があるとされています。

つまり、全ての拠り所が消え失せ「四面楚歌」の状態を呼び込む方位ということです。


歴史を紐解くと、「一人の人物が歴史を変えた」はありえません。

名を残したのは一人でも、その「一人」は多くの人に支えられ助けられして力を発揮できたわけです。

劉邦は言うまでもなく、項羽だって叔父の項梁や范増の支えがあって「強い項羽」になれたに違いありません。

どんな人でも、多くの人を味方につける「人望」は必要だということです。

この方位を踏むと、築き上げてきた人望が崩れ去ってしまうのです。怖い方位です。

人間は勘違いしやすい動物で、成功すると「俺の実力だ」と思いがちです。

そして、いつの間にか周囲の人を傷つけ失望に導き、「気づかないのは自分だけ」となります。

「伏宮格」は、それを加速する方位です。

歴史上、勘違いから仲間を失い、自滅していった人物がどれほど多くいたことでしょう。

 

月盤の効果は5年、日盤でもNGの凶方位

月盤を用いた引っ越しの作用は5年間継続しますから、もちろん使用は厳禁です。

しかし、日盤として遠出の旅行に使う方が危険度は高いと私は思っています。

事故・災難の作用が強いからです。

奇門遁甲にも数種の流派があります。

吉凶判別にそれぞれ差異があることも少なくありません。

私は、遠出の旅行や引っ越しの際には複数の流派を確認します。

中でも「飛宮格」と「伏宮格」は、1つの流派でも該当していれば全力で避けるようにしています。

取り返しのつかない事態が発生する可能性が高いからです。

いつどこで事故・災難に遭遇するかわからない

 

【奇門遁甲・伏宮格】事故・災難「自分は大丈夫」が危ない

事件・災難が絶えない時代

嫌な事件が日々絶えることない時代になってしまいました。

ニュースなどの報道を見聞すると、

「また詐欺事件?また〇人事件?昭和の時代にこんなにたくさん事件があったかいな?」

と思うことがあります。

昔は「〇人事件」と聞くと、かなり衝撃を受けました。

今は、社会全体から衝撃の度合いが減ったように思います。

私自身は、悪いものへの感覚の鋭さは失いたくありません。

「悪」に対して妥協や麻痺をすることなく、敏感でありたいと思っています。

思い起こせば、昭和50年代は『太陽にほえろ』『Gメン‘75』など刑事ドラマが流行していました。

録画を視聴すると、今のドラマと比べて多少の野暮ったさを感じますが、内容の重厚感に驚かされます。

正義感とか正直さとか人情とか、大切な何かが描かれていたように思います。

私たちの世代は、そういったドラマから倫理観を学んでいたのかもしれません。

「自分は大丈夫」はありえない

話が脱線しましたが、「自分は交通事故に遭いやすい」と自覚する人は極めて少ないです。

事件や事故は多いけれども、自分だけは大丈夫」と思う人の方が圧倒的に多いです。

実は私も20代の頃交通事故に遭いました。

それまでは「自分だけは大丈夫」と根拠のない自信を持っていました。

入院しましたが、見舞いに来てくれる友人たちに必ず言ったのは、

交通事故は偶然と偶然の重なりで起きるから、いつ誰が巻き込まれてもおかしくない。気をつけて帰りなよ」

でした。

皆、「わかった」と返事をしましたが、どの顔も「自分は大丈夫」と語っていました。

事故・災難ばかりは自分が体験しないと骨身にしみないものです。

私の場合は、かなりドジな事故でしたが…。

何はともあれ、事故や災難くらい腹立たしく、虚しいものはありません。

特に自分への怒り、偶然への悔しさは簡単には去ってくれません。

「自分だけは大丈夫」と油断することなく、 「備えあれば憂いなし」を心がけて生活することをお勧めします。

とはいえ「憂いなし」の人生なんて実際には存在しないのですが。 

スポンサーリンク 

 

 

 

方位の吉凶17か条

  1. 頑張ることで追い風が吹くのが吉方位
  2. 頑張っても向かい風が吹くのが凶方位
  3. 頑張る意欲を奪い去るのが凶方位
  4. 頑張る意欲が湧いてくるのが吉方位
  5. 笑顔が消えていくのが凶方位
  6. 笑顔が自然に浮かんでくるのが吉方位
  7. 自分の足元を冷静に観察できるのが吉方位
  8. 焦りと欲望で自分を見失うのが凶方位
  9. 判断力が曇りやすいのが凶方位
  10. 正鵠を得たインスピレーションが働くのが吉方位
  11. 知らないうちに周囲に迷惑をかけるのが凶方位
  12. 予期せぬ幸運が舞い込みやすいのが吉方位
  13. 予想外の不運が襲ってくるのが凶方位
  14. 挽回のチャンスがあれば軽い凶方位など恐れるな
  15. 軽い凶方位はあまり気にないこと
  16. 取り返しのつかないことが発生するのが本当の凶方位
  17. 「自分は大丈夫」の油断と隙を招くのが凶方位

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!


開運カウンセリングランキング