四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【四柱推命学】本当の開運法「同じ形態のお米は1つもない」

私たちが毎日口にしているお米。

一粒一粒に違いがあるようには見えません。

しかし、精密な電子顕微鏡で覗いてみると、質や量、形態など完全に同一のお米はひとつもないはずです。

  • 自然が作ったものに同一のものはひとつもない
  • 人工では、同一のものを大量生産できる

これは「造化の妙」と言えると思います。

お米のイラスト

「造化の妙」全く同じ質・量・形の米は一つもない

 

【四柱推命学】お米だって文句を言いたい…かも

  • 田んぼの真ん中で作られたもの、田んぼの端っこで作られたもの
  • 東西南北など田んぼの中の微妙な場所
  • 田んぼの中の水はけや堅さなど土壌の偏り

などで、稲にも住み心地に微妙な違いがあり、米が出来上がる時期、 質や量などに微妙な影響を与えることでしょう。

稲に口があったなら、

  • 「あいつ(他の稲)の場所の方が水はけ良いぞ」
  • 「あっちの方が日当たり良い。俺の場所はイマイチだ」
  • 「なぜ俺を田んぼの端っこに植えた!」
  • 「俺の場所は隣の稲と近くて狭苦しいぞ」
  • 「あぜ道のそばに植えられて落ち着かない」

あぜ道を歩けば田んぼからたくさんの文句や愚痴が聞こえてきそうです。

稲のイラスト

稲に口があったなら…文句や愚痴が聞こえるかも


「人間様が植えた時点で、俺の運命は決められていた」

すなわち、人間と同様に宿命という八苦を背負って生きているといえそうです。

スポンサーリンク 

 

 

【四柱推命学】自分の意志で決められない仕掛け

人間も生まれながらの仕掛けを背負って生きています。

自分の意志で決められない仕掛けのことです。

  • どこの家に生まれるかは注文できない
  • 男女のどちらに生まれるかは注文できない
  • 生年月日も注文できない

そして、本質的性質。これも、実は決められません。

「自分はこうあるべき」

「どうも気が短くていかん」

「せっかちで慌てん坊なところを直したい」

「つい悲観的感情に流されてしまう」

「俺が俺がと出しゃばってしまう」

人間は理性ある生き物ですから、「これじゃいかん」と自分を改めようとするわけです。

でも、自分を省みる時間は1日のうちせいぜい10分が限界ではないでしょうか。

24時間1440分のうちのわずか10分です。

1430分は自分を省みず無意識に生きていることになります。


「日に三度(みたび)我(わ)が身(み)を省(かへり)みる」(「論語‐学而」)

君子でさえ日に何度も自分の言動を反省する必要があるようです。

しかし、我々凡人は、よほど嫌なことがない限り1日に何度も我が身を振り返ったりしないでしょう。

そして、いくら振り返って反省しても、本質は変えられないと考えた方が良いみたいです。

ですから、自分の本質を知り、受け入れ、それに沿った生き方をするのが一番の開運方法と言えるわけです。

自分の本質を見極め、自分の魅力を高める努力をするのが人生を豊かにする一番の近道になるということです。

スポンサーリンク 

 

 

【四柱推命学】「自分は何者か」の本質を知る

「自分は何者か」の本質を知る上で四柱推命ほど役に立つものはないと亀石厓風先生は語っています。

まず、自分の根っこにある本質を知らせてくれます。

しかし、残念ですが知っても変えることは至難の業です。

それなら、自分の本質を理解した上で自分に合った生き方をする、つまり、己自身を知ることが最も大切となります。

己自身(先天福分)を知れば、自分の人生を人のせいにしなくなります。

「どうして俺は頑張っても金持ちになれないんだ。妻の内助が足りないからだ」

ではなく、

「もともと自分は貧命(福分が高くない命式)なんだ」

「今この生活で十分順調なんだ。これも妻のお陰だ」

と考えることができるかもしれません。


「あいつのせいだ」と思いながら生きるより、「あの人のお陰だ」と考えながら生きた方がよほど運気も向上し、その後の人生が豊かになっていくに違いありません。

世の中には様々な開運法、開運グッズが出回っていますが、それらが変えられるのはホンの表面です。

気休め的に表面を変えることを否定しませんが、本当の開運法は、自分を知って自分を受け入れること、これに尽きるのが現実であるようです。

 

参考資料 亀石厓風氏の四柱推命学講座

著書の紹介です。

ポチッと応援していただけるとハッピーです!