はっぴーぱわーあっぷ~四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲などの運命学・方位学について、日常生活もからめて徒然に書いていきます。

クマに食われた人たちの霊が写真に!?友人の不幸の連鎖をとめたくて

20年くらい前の話です。東京に住む大学時代の友人にアンラッキーが続きました。両親の癌が同時期に発覚し、本人も精神的にヘトヘトになって転職してしまいました。 気の毒に思った私がふと思い出したのが、大学時代の写真でした。その写真には、真ん中に座…

横綱北の湖さんの生まれ時刻を四柱推命と紫微斗数で考察してみました

双葉山は時代的に別格として、昭和の三大横綱といえば、やはり大鵬、北の湖、千代の富士の3人でしょう。 寂しいことに、2013年に大鵬さんが逝去され、その後、2015年に北の湖さん、2016年には千代の富士さんが、まるで後を追うように、3人ともあの世に旅立…

自分の性格が嫌いな人へ~自分をイメチェンして、性格を変える方法

「自分が好きになれない」「自分を変えたい」「私の性格を変えたい」という人は、かなり多くいるはずです。自分の個性(パーソナリティ)に自信が持てないのはツラいことです。 「個性」「性格」の構造を理解すれば自分を変えることも不可能ではありません。

バイオリズムと婚活パーティー。出逢いの不思議と運気とストレスの話

やることなすこと空回り!もうイヤだ!という時期は誰にでもあるもの。私にもあります。運の悪さを意識するほど、気持ちは沈んでしまいます。元気もなくなります。そんなときは、どうしたら良いでしょうか。 バイオリズムと婚活パーティー、それとストレス解…

悲劇の運命は四柱命式に見えていた!超獣 ブルーザー・ブロディ選手

昭和の名プロレスラー、ブルーザー・ブロディ選手。超獣と呼ばれインパクト満点の強豪レスラーでした。1988年にプエルトリコでレスラー仲間による凶刃に倒れました。その戦慄の最期に、当時のファンは非常に大きな衝撃を受けました。 時あたかも、ライバルで…

諸葛孔明「奇門遁甲?ほとんど使ってないよ!?」~史実と小説の混同

奇門遁甲の説明として「諸葛孔明は奇門遁甲を駆使した」と書かれたものは多いです。諸葛孔明が死没したのは西暦234年とされていますので、相当な昔のことです。文献的資料も豊富ではないのに、自信満々に書かれていることに以前から疑問を感じていました…

役に立つ占い師と役に立たない占い師…どうやって見分けたらいいの?

やぶ医者という言葉があるように、たとえ国家資格を持った人でも技術はピンキリです。学校の教師だって、弁護士だってそうです。 まして、占いは国家資格でもなく、目に見えない世界です。ピンはわずかで、キリは無数ではないかと思います。 ホンのちょっと…

風雲昇り龍から偉大なミスタープロレスへ~天龍源一郎さんの四柱推命

長州さん、藤波さんと3人のレジャンドでプロレス殿堂会を設立した天龍さん。 前回は日干の強さだけに注目しました。今回は、もっと深く掘り下げてみたいと思います。精神気力は相当に強い反面、けっこう繊細な面も持ち合わせた人だとお見受けします。 この…

精神力の強さは本物だった!天龍源一郎さんを四柱推命でみてみると

「風雲昇り龍」と呼ばれていた頃から、私は天龍さんの大ファンでした。息子の名前にも一文字いただきました。 全日本プロレス第3の男と呼ばれ、なんとなくフテった表情で入場し、初期の天龍チョップは相撲の突っ張りでした。その当時からファンでした。まさ…

ホンモノの霊能者探訪記 ~江原さん・三輪さんみたいな人は見つかるか?

宜保愛子さんや江原啓之さんがテレビによく出ていた頃、「こういう霊能者さんにみてもらいたい」と思った人は多いはずです。即座に守護霊と会話して未来を正確に予見してくれるなら、それほど助かることはないと思いますが、残念ながらホンモノの力を持つ霊…

家庭運のよくない女性の四柱命式 ~子どもとの縁に恵まれない人~

生年月日と生まれ時間がわかれば、紫微斗数も四柱推命も、その人の持って生まれた福分や本質的性格、そしてどんな人生を歩みやすいかを見ることができます。 今回は、家庭運に恵まれない女性について考えてみたいと思います。ちょっとお気の毒な人なので、あ…

小学1年の息子を紫微斗数の命宮から鑑定~自己肯定感を高めるには…

どの親も我が子のことは気になるはずです。どんな性格なのか?どんな人生を歩むのか?どんな苦労を背負い込むのか?今のうちにしてあげられることはないのか?他の子を見るとつい比較してしまう自分がいますよね。でも、他の子と比較されることは子どもが一…

小学1年の息子…自己否定感が強い!~父親としてできることは何か

子どもの育て方は簡単でないですね。親は誰もが育児に悩むと思います。子どもには、それぞれに生まれ持った個性があります。息子は幼少時から、自己を否定する発言を繰り返しました。自己肯定感が低いままだとかわいそう。そう思って悩んだ私がたどり着いた…

1歳半検診「発達障害の可能性」。噛みグセがついてしまった理由は…

子を持つほとんどの親が心配すること。それは「学校でいじめられないか?」だと思います。小学校低学年の頃は勉強の成績よりも気になる要素かもしれません。 うちの息子は、幼少時から噛み癖があり、児童会館でも小児科の待合室でも目を離せない子でした。今…