はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

緑色の財布が人気!「金運アップに効果あり?」おすすめの理由

昨今、緑の財布が人気です。

財布に期待するのは、主にファッションと金運アップですね。

今回は、緑色と金運アップにどんな関連があるのか考えてみました。

検証はまだできていませんが、いろいろな方とお話しさせていただいて、「緑はやっぱり良いみたいだ」と感じてはいます。

財布のイラスト

「値上げ」の時期だからこそ注目は「金運アップ」

 

緑色の財布が人気!「金運アップに効果あり」理由の考察

【四柱推命】五行の類推事象「緑色は『木』」

四柱推命の五行

【四柱推命】五行の類推事象

五行は地球上においては「質」とみます。

これを天地間の事象で表わすと、およそ次のような区別や意味を持つと理解できます。


五行(木・火・土・金・水)陰陽区分

甲(陽木)

  • 類推事象⇒大木や柱のような木
  • 色⇒青(緑)
  • 性質⇒穏順篤実

 

乙(陰木)

  • 類推事象⇒庭木や盆栽のような木
  • 色⇒青(緑)
  • 性質⇒消極動揺

 

丙(陽火)

  • 類推事象⇒太陽や原子力のような火
  • 色⇒赤
  • 性質⇒陽気旺盛

 

丁(陰火)

  • 類推事象⇒マッチや蝋燭のような火
  • 色⇒赤
  • 性質⇒柔和順良

 

戊(陽土)

  • 類推事象⇒山や堤防のような土
  • 色⇒黄
  • 性質⇒剛強不屈

 

己(陰土)

  • 類推事象⇒田畑や道路のような土
  • 色⇒黄
  • 性質⇒順和穏良

 

庚(陽金)

  • 類推事象⇒鉱石や製鉄のような金
  • 色⇒白(金・銀)
  • 性質⇒剛気果断

 

辛(陰金)

  • 類推事象⇒指輪や針金のような金
  • 色⇒白(金・銀)
  • 性質⇒陰気慎重

 

壬(陽水)

  • 類推事象⇒海や大きな河に流れる水
  • 色⇒黒
  • 性質⇒広大活達

 

癸(陰水)

  • 類推事象⇒雨や霧、水道水のような水
  • 色⇒黒
  • 性質⇒細心穏健

スポンサーリンク 

 

 

 

【四柱推命】金・銀から見て緑色は「財」

五行のイラスト

「金」は「木」を伐り制御する(剋す)=「財」

「日干」との関係
  • 我と同気同性のもの    ⇒ 比肩
  • 我と同気異性のもの    ⇒ 劫財
  • 我から生じて同性のもの  ⇒ 食神
  • 我から生じて異性のもの  ⇒ 傷官
  • 我から剋して同性のもの  ⇒ 正財
  • 我からして異性のもの   ⇒ 偏財
  • 我が剋を受ける同性のもの ⇒ 正官 
  • 我が剋を受ける異性のもの ⇒ 偏官
  • 我を生じる同性のもの   ⇒ 偏印
  • 我を生じる同性のもの   ⇒ 印綬

 

五行の「金」は、十干では「庚・辛」です。

「金」を比劫(自分自身)とすると、金から見て「木」は財星(正財・偏財)に該当します。

金が剋すもの=木(財星)だからです。

つまり、金から見て緑は財です。


金銭財産としての財
  • 商業・事業運営などに関連する流動的意味を持つ財=偏財
  • 固定資産としての財(家屋・田畑・設備など)  =正財

とはいえ、「四柱命式に財星が多いとお金持ち」とはなりません。

多すぎるとかえって害になります。

ちょうど良いバランスだと「金運OK」の命式になります。

四柱命式では、財星は一個あって強いのが理想です。

日本製の手作り財布です。センスも悪くないです(^_^)。

緑の開運財布


それにしても、

  • 火(正官・偏官)⇒金を剋す
  • 水(食神・傷官)⇒金が漏れる

なので、金にとって「木」は「火」「水」より一般的に居心地が良いといえそうです。

「一般的に」と書いたのは、命式の状態にもよるためです。

たとえば、「金」が強すぎる命式の人には「水」が必要ですし、冬生まれの人だったら「火」が開運につながるからです。

 

【緑色】はどんな色「幸運と落ち着き、安心の色」

【緑といえば松】幸福と幸運を招く長寿の象徴

松の緑  まつのみどり

“不変”でも春は色鮮やかに


歌舞伎の「尾上松緑(おのえ しょうろく)」は、寛政期に活躍した松助(まつすけ)が改名して名乗ったのが初代だという。

その名は

「岩代(いはしろ)の尾上の風に年ふれど松の緑は変はらざりけり」(『後拾遺集』雑四・藤原資仲)

あるいはその類歌などからとったものであろうか。
「松緑」は「松の緑」。

漢詩では節操・長寿の象徴、和歌でも変わらぬものとして詠まれることが多く、

「紫の色し濃ければ藤の花松の緑もうつろひにけり」(『拾遺集』雑春)

とする歌も、本来は変わらないものだ、という発想を背景とすることは言うまでもない。

なお、変わらないといっても微妙な変化もないわけではない。

「ときはなる松の緑も春くればいまひとしほの色まさりけり」(『古今集」春上・源宗于)

と詠むのは、春の到来を喜ぶ気持ちがそう感じさせるというだけではなく、観察の結果でもあるのだろう。

“不変”という観念的な判断とは無関係に、松は緑だ。

「しぐれゆく松の緑は空はれて嵐にくもる峰の紅葉ば」 (『寂蓮法師集』)。

この絵画的な歌では、松はただ緑。                  

 (仁平道明氏)                        

引用『古今歌ことば辞典 (新潮選書)

 

【緑色】心理効果と作用

  • 人当たりの良さを感じさせる
  • 落ち着きを感じさせる
  • 大自然や平和、生命力をイメージさせる
  • 安らぎや穏やかさの象徴
  • 人は緑を見るとホッとする
  • 緑の服は「落ち着いている」「安心できる」などの印象を与える
  • 赤ちゃんは生命力に溢れた新芽⇒「緑児(みどりご)」
  • 古代エジプトでは緑は病気を治す力があると考えられ、ミイラの顔にも塗られた
  • 観葉植物などのグリーンを見ると眼精疲労の緩和に効果があるとされる
  • 悩み相談を受ける際、目につく位置に緑の物があると安心感を与える
  • 争いの仲裁をするときも、緑のリラックス効果に期待できる
  • 筋肉をリラックスさせ、心拍数を落ち着かせる。
  • 気分が安らぐ
  • 安心感や穏やかさを与える

参考図書『人生が豊かになる 色彩心理』ナツメ社

(わかりやすい本です。おすすめです)

 

※落ち着きと安定⇒緑の財布は衝動買いに効果あり?

 

【金運アップ】お金に好かれる人になるには

【予想外の出費】収入だけが金運ではない

お金さようなら

金運が良くないと「出費」が増える


金運というと「収入」に意識が向きがちですが、それだけが金運ではありません。

金運が良くない時期は「出費」が増えます。

それも予想外の出費が。


そもそも、公務員や会社員の金運アップと自営業者のそれとは少し違います。

金運が良くなるからといって、「一気に昇給」は現実的ではないですよね。

臨時ボーナスも期待できない時代です。

その場合は、無駄な出費が減ったり、予想外のお得な買い物ができたりなどの形で現われます。

無駄な出費とは、

  • 事故
  • 病気や怪我
  • 冠婚葬祭
  • お見舞い
  • 家電の故障

なども含まれます。金運が悪いと、予想外の出費が連続したりします。

そうなると、心にゆとりがなくなります。

そのストレスは家族にも良くない影響を及ぼします。

お金がないと人間はイライラするし、そうなると企画力も低下しアイデアも枯渇してしまいます。

仕事にも悪影響が及びます。


ですから、金運アップは、お金だけでなく生活そのものが良くなるということです。

 

【お金=くたびれた旅人】財布はお金のホテル・旅館

お金は数え切れないほど多くの人の手を渡り歩いて私たちのところにやってきます。

いわば人の手を渡る旅人です。

そしていずれまた他の人のところに旅立ちます。大変ですね。

だから、お札はみんなクタクタになっています。

ピン札も日を経ずしてシワくちゃになりますよね。

まったくご苦労さんなことです。


また、喜んでお金を手放す人はいません。

つまり、お金は常に祝福されずにサヨナラするのです。

 

そして、お金くらい人の心を惑わしたり悩ませたりするものはありません。

人に「渡したくない(払いたくない)」という思いを背負いながら、あなたの手に入り、財布の中に収まっていると考えてみてください。

多くの思念が宿るお金を収納している財布の労力は相当なものと考えられます。

1枚1枚のお札は、相当多くの人の財布から出て、あなたの手に渡り、あなたの財布に収まっているわけです。

ということで、

疲れた旅人を休ませる宿=財布

というわけです。

旅人(お金)に喜んでもらうためは、快適な宿(財布)でなければなりません。

皆さんも、快適な宿に泊まったら、

「また、あのホテル(旅館)に泊まりたい」

と思うはずです。

反対に、居心地が悪い宿には、

「二度と宿泊するもんか!」

と思うに違いありません。

もし、お金に感情があるなら同じことです。

お金に好かれるには財布から」と言われるのはそういう理由があるからです。


そこから次の理論?が成り立ちます。

  • お札だって窮屈なホテル(旅館)は嫌い
  • ゴージャスな宿で過ごしたい

       ⬇

  1. おすすめは革製品の長財布
  2. お札は上下バラバラに入れない
  3. きちんと整えて入れてあげる
  4. ギッシリ詰め込まず、ゆっくり休んでもらう
  5. レシートを一緒にしない
  6. 角が折れたお札は直してあげる
  7. 財布を乱雑に扱わない

限定販売 緑の財布 多機能財布

 

【あとがき】緑色の財布が人気!「金運アップに効果あり?」

財布の色

好みと持ち運に合う色が一番!


では、一時期流行った「黄色の財布」はどうでしょうか。

スーパーマーケットなどで黄色の財布を手にするご婦人を見かけることがありましたが、裕福な印象を受ける人は少なかったです。(ゴメンナサイ)


「土生金」として、金は土から作られると考えると黄色は土ですから理に適っているといえなくもありません。

しかし、土が多すぎると「埋金」といって金は土に埋もれてしまいます。

お金は流通して使いこなしてもらうのが使命ですから、埋もれるよりは使ってもらう方が心地良いはずです。

今回の記事では、緑の財布と金運の関連を四柱推命の視点から考察してみました。

あくまで試論(私見)です。

 


ご自分のラッキーカラーを確かめたい方は、こちらをご参照ください。

www.happy-power-up.com

 

来年は風水画カレンダーはいかがでしょうか。

www.happy-power-up.com

 


また、「財布も疲れる」とよく言われます。

疲れた財布は金運をダウンさせるとも。

だから、ある程度使ってクタクタになったら「交換がベスト」となるのですね。

とはいっても、できるだけ長く使っていたいお気に入りの財布をお持ちの人もいることでしょう。

そういう人には、こういうグッズもあります。

金運アップ習慣【お財布専用ふとん】

 

そういえば、ゲッターズ飯田さんも「緑の財布は金運に良い」と言っていますね。

緑の財布は物価高の風が吹く令和ではナウいみたいですよ。

 

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!