四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【四柱推命】【紫微斗数】運命学の「新年」本当の運気の変わり目

「今年こそ良い年になりますように」

初詣でお願いする人、たくさんいますよね。

新年になって早いもので半月が過ぎました。

皆様、今年の運はいかがですか?

「去年と何も変わらない」

と諦めるのはまだ早いです。

運命学では、運気の境目は正月元旦ではありません。

本格的に新年の運が到来するのは、令和4年は2月からです。 

立春のイラスト

運命学の「新年」は元旦でない

 

【四柱推命】立春【紫微斗数】旧正月1日

紫微斗数は、旧暦(太陽太陰暦)を使って命盤を作成します。

旧正月1日から新しい年になります。

四柱推命の1年は、立春から翌年の節分までをいいます。


ということで、

2022年(令和4年)の今年は、

四柱推命は、2月4日5時31分から命式の年柱が「壬寅」に変わります。

2月4日のその時刻より前は、令和3年「辛丑」のままです。

紫微斗数は、2月1日から新しい年に変わります。


参考までに、2023年は、

四柱推命は2月4日から、紫微斗数では1月22日からです。


ですから運命学では「元旦から新しい運に変わる」ではなく、令和4年の運の潮目が変わるのは2月からです。 

スポンサーリンク 

 

 

【運「気」】は【天「気」】季節の「き」

運気は「気」と書くように「天気」みたいなものです。

急変することもありますが、たいていは少しずつ太陽の角度が変わり、大気の流れにも変化があらわれます。

「明日から春になる」ではなく少しずつ春に向かうわけです。


冬至を過ぎて陽遁(諸説ありますが)に入ります。

大晦日から正月を迎え、太陽の動きとともに少しずつ新しい運の流れに変わってきます。

そして、四柱推命は「立春の日」、紫微斗数では「旧暦の正月」に命式と命盤がそれぞれ「新年モード」に切り替わります。

ですから、「新年を迎えたのにあまり変化を感じない」のも仕方がないわけです。

令和4年の幸運を期待している人は、その変化は「もう少しお待ちください」ということです。


でも、季節が必ず春に向かうように、運気もゆっくりですが確実に次の年のモードに向かっています。

四柱推命の歳運も、紫微斗数の歳運も、その変化は2月からとなります。

慌てることなく、ゆったりした気持ちで季節(運気)の変化を感じることをお勧めします。

春の訪れ

春は少しずつ、しかし確実に到来する


今年のどんど焼きでは、おみくじを引いて「やった〜!大吉!」と若いグループ数人が大はしゃぎしていました。

少し騒がしかったけど、お正月ならではの微笑ましい風景でした。

神様、仏様へのご挨拶は大切だと思います。

 

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!


開運カウンセリングランキング