四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【四柱推命】自己肯定感が空回りする人「自己顕示の勘違い」

自己肯定感は大切」。もちろん賛成です。

自己肯定感が低いと自信が持てません。どうしても消極的になります。

しかし、無理して築き上げた自己肯定感は、しばしば周囲に違和感をもたらします。

いわゆる「勘違いしたズレた人」として、時として迷惑がられてしまいます。

冷静に観察する人からは「ちょっとイタい人」と思われることもあります。

ちょっとお気の毒ですね。

今日はそんな人について四柱推命の視点から考察してみました。

ビジネスマンのイラスト

仕事に対する気合が空回りしやすい人

【四柱推命】自己肯定感が空回りする人

【四柱推命】辛日生まれ、日干が弱い「偏印格」

四柱命式

昭和37年5月3日生まれの男性
  • 日干のエネルギーが相当弱い「偏印格」の人
  • 月支「偏印」が空亡している
  • 偏印のエネルギーも弱い

本来、堅実さを売りにするべき人で、目立とうとしても成果は上がりません。

出る杭になりたくても突き抜けるパワーがなく、精神的にもタフではありません。

少し酷な言い方をしますが、成功体験と勝利の実感が少ない人がコンプレックスの裏返しで目立とうとする傾向が出やすくなります。

男として一旗あげたい願望と、職場で一目置かれたいという意識も起こります。

さてそういう時、

  1. 賢い人なら、「仕事の評価は他人がするもの」と考えて自分のできることに注力する。
  2. あまり賢くない人なら、会議でムダな発言をするなど、ちぐはぐな積極性を前面に出す。

この命式の人は、2に陥りやすい可能性を持っています。

「よけいな口出しはやめてくれませんか?」

と数人の後輩から言われてから落ち込んだらしいです。

ちょっと気の毒ですね。

悪い人では全然ないです。

しかし、

無理に築いたチグハグな自己肯定感⇒「ズレた感覚の人」と思われる

という図式になる典型的な人です。

こういう人は意外と少なくありません。

 

【自己肯定感の空回り】気迷いが原因

気迷いの原因になるもの

  • 月支空亡
  • 印綬格に偏印が混ざる(混濁)


空亡を解消できるのは?

◇第6運 42~51歳【己 酉】偏印運 西方金運

〈酉〉は辰と支合するため、空亡解消のチャンスでした。

しかし、「偏印運」が残念でした。

格である「印綬」が濁りを深めるからです。

格も日干も強くなるため悪い運気ではないのですが、心理的不安定感は拭い去れません。


◇【卯】が巡ってくると「寅卯辰」の東方合になり空亡は解消されます。

しかし、【卯】が巡るのは102歳からです。遅きに失します。

 

ということで、心の不安定感がつきまといやすい人生です。

思いつきでものを言う⇒発言にブレが生じやすい⇒周囲から信頼が得られない
⇒焦りからまたアクションを起こす⇒・・・(繰り返し)

という悪循環にハマりやすい人です。

また、偏印と印綬が強いので、直感が冴えます。

それが悪く出ると、時々突拍子もないことを言う人と思われ、上の悪循環に拍車が掛かります。

スポンサーリンク 

 

 

【四柱推命】自分らしさを発揮するには

この人の本質的性格

  1. 博学で誠実、几帳面
  2. 忍耐力はあるが、行動力や決断力にはやや欠ける
  3. 一生懸命だが、要領が悪く努力が報われにくい
  4. いろいろな気が多く、気迷いも多い
  5. 無意識に人からの好意や援助を期待する
  6. 意外とデリケート
  7. 直感がアダとなり、時として頑固になる
  8. 集中力や真剣度にやや欠け、大事な場面でルーズになる
  9. 内臓もあまり強くない

 

本来の良さを発揮には、

  1. 冷静沈着さを心掛ける(直感に頼りすぎない)
  2. 自分を強く押し出さないようにする(一歩下がってちょうどよい)
  3. 根は温和な人情家なので、優しさを前面に出すほうが好かれる
  4. 自己主張を戒め、聞く耳を持つ姿勢を忘れない(敵を作らない効果)
  5. ムダに目立とうと頑張るほど評価が下がると知る

以上のように心掛ければ同僚からの信頼も徐々に高まるはずです。

後輩から軽く見られることも減っていくでしょう。

年齢的に少し遅いかもしれませんが、頑張ってほしい人です。

 

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!


開運カウンセリングランキング