はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

不登校高校男子「行かなくても良い」は「お前を信じている」のメッセージ 

高校生が一番イヤがる言葉は何だと思いますか?

「あなた、友だちいないよね。」これが最強候補の一つでしょう。 

親子の信頼関係が不登校を克服した例を書きます。

 

  父親とのドライブ中に本音を語り出す男子高校生のケース

1つのケースをご紹介します。高校1年生の男子の実例です。

父親は、単身赴任で遠くに住んでいました。

普段は、母親と本人、そして弟と3人暮らしをしていました。

 

突然の不登校 戸惑う母親 本心を語らない息子

その男子は、勉強も好きではなく、課題の提出も遅れがちの生徒でした。

4月の入学時から、目立ちたいという雰囲気を出していて、隙あれば教師にわからないようにピアスをしている日もありました。

その学年の中では、1番早く校則を違反し、それを他の生徒にさりげなく自慢している感じがありました。

「俺は、規則を破る度胸があるもんね」

といったよくある自己顕示です。

その子が、ある日を境に急に登校しなくなりました。

母親が理由を聞くと「頭が痛い」と言うのです。

仕方がないので休ませると、翌日も同じことを言います。そして、その翌日も。

ついに母親が、厳しく登校を促しても学校に行こうとしません。

かたくなに「頭が痛い」と言うのです。

困り果てた母親は、病院の受診を勧めました。

しかし、病院に行くことも拒否しました。

「この子は学校に行きたくないのだ」

と確信した母親は、理由を本人から問いただそうとします。

しかし、「他に理由はない。ただ頭が痛いから。」としか言いません。

困った母親は、パートに向かう途中、つまり本人がいない場所から学校に電話を掛けました。

初めて詳しい経緯を担任に話して相談をしたわけです。

しかし、担任も、授業中に勉強がツラそう、めんどくさそうに見える以外は、

「理由がわからない」

と言いました。

 

担任にも本心を語りたがらない

ところがその翌日、何事もなかったように彼は登校しました。

母親が胸をなで下ろしたのは言うまでもありません。

登校した彼を見てホッとした担任は、昼休みに個室に呼んで事情を聞きました。

「頭が痛かったから休んでました。もう大丈夫です。」

と笑顔で答えたました。

「これは本心ではない」

と担任は直感しました。

担任は、彼が家に着く前の時間を見計らって母親に電話をして、次のことを伝えました。

「S君と話をしましたが、頭が痛かったからとしか話してくれませんでした。おそらく本心ではないと思います。明日からまた心配です。何か話してくれたらまたこっそりご連絡ください。私の方でも思い当たる節を当たってみます。」

担任の不安は的中し、翌日からまた不登校が始まりました。

このようなケースでは、原因は友人関係にあると考えて間違いないですね。

 

単身赴任中の父親の登場

父親が聞いても「頭が痛いから」

心配した父親が、土日に遠方から帰宅しました。

約1ヶ月ぶりの再会です。

世間話にはにこやかに付き合ったそうです。

しかし、

「学校に行っていないんだって?」

と本題に入ろうとすると急に無口になったそうです。

何度聞いても、

「頭が痛いから」

しか言いません。雰囲気もすっかり重たくなりました。

万策尽きた父親は、心配を荷物と一緒に背負ったまま日曜の夜に赴任地に帰るしかありませんでした。

翌週も1日しか登校せず、心配した父親がまた週末に帰宅しました。

そして、何をしたかというと、夜のドライブです。

 

父子2人で夜の長距離ドライブ

「旭川までラーメン食いに行こうか。旨い店があるみたいだ。父さんも食べたことないから、付き合ってくれないか?」

f:id:keyakinamiki67:20201003063224p:plain

夜は不思議な空間を演出します。

高校生にとっても、夜の片道150キロメートルの遠距離ドライブは、普段目にしない風景を見せてくれます。

暗闇とネオンの光の対比が、幻想的な雰囲気を作り出し、現実から心を解放してくれます

f:id:keyakinamiki67:20201003063012p:plain

さらに車の中は完全な密室です。視線は二人とも前方を向くので目を合わせることも避けられます

これは気持ちが楽になります。話しやすい空間が出来上がります。

こういう場合、先手を打たれて眠られたら失敗に終わります

好きな音楽を鳴らすなど、寝かさない工夫は絶対必要です。

音楽の力は偉大です。(『ドラえもん』にも同じセリフがありました)

さて、結論ですが、特にしつこく聞き出さなくても、学校でのことをポツリポツリと語ってくれたそうです。

まぁ、お父さんも聞き上手だったのでしょうし、普段から信頼関係ができていたのでしょう。

登校したくない理由は、複数の友人から

「お前はウソが多くて信用できない」

と仲間はずれにされたことでした。

ハッキリそれを言ったわけではありません。

しかし、ポツリポツリと話してくれる内容をつなぎ合わせると、それが理由だとお父さんは理解しました。

 

以上のようなケースもあります。

子どもが心を開いてくれるキッカケは本当に様々ですが、夜の2人だけのドライブがうまくいった例はけっこう聞きますし、私は何度もそれをやってきました。

実はこのお父さんも、私がお母さんに話したアドバイスをそのまま実行してくれたのでした。

 

大切なのは、信頼関係だけでなく、話しやすい空間の演出

このお父さんの雰囲気の作り方と聞き方が、とてもやわらかく素晴らしかったのは言うまでもありません。

子どもは、誰かに苦しい胸の内を聞いてもらいたいという願望を持っています。

大人もそうでしょうけど。

信頼して聞いてもらえる人の存在が必要なのですね。

この後、お父さんは自分の経験も交えていろいろな話をしてあげたそうです。

「父さんも高校時代にハブかれたことがあった」

「男にはそういう時期があってもいいんだ」

「父さんは、意見をハッキリ言うから、職場では嫌われている」

「でも、間違ったことはしていないので、気にしないことにしている」

「正しいことをしていたら、ちゃんと誰かがそれを見ている」

「お前も間違ったことをしていないなら堂々としていれば良い」

「そのうちわかってくれる本当の友だちが現われる」

「これは父さんの経験から間違いない」

「ハブく奴らはしょせんは本当の友だちではないのだ」

「早く本性がわかって良かったと父さんは思う」

「父さんの話を心から納得できるまでは学校に行かなくても良い」

「母さんには、それまで休ませてやれと父さんから話しておく」

 

といった内容を話したそうです。

話の中身は少し大袈裟に盛ったそうですが、初期の不登校男子には効き目がある内容です。

「その悩みは、お前だけじゃない。父さんもだ。」

「お前を信じているぞ!」

が話の芯の部分です。

「行かなくても良い」は「お前を信じている」重大なメッセージです。

早い段階なら、良い効力を発揮するケースが多いです。

 

翌週、月曜日には部屋にこもって彼が、火曜日には登校しました。

その後は休みませんでした。

そして、少しずつ自信を回復し、

「一人ぼっちが永遠には続くわけではない」

と思うことができ、

「一人ぼっちは自分が思うほど恥ずかしいことではない」

ことも理解したようです。

親子関係が安定していると、このように初期の段階で不登校が解決できることは少なくないです。

 

その後の彼ですが、欠席することはなくなりました。

そして卒業後、大学に進学して行きました。 

 

よろしかったら、下記の記事もお読みくださるとうれしいです。

 

www.happy-power-up.com

 www.happy-power-up.com

 

ポチッとしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村