四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【今日を生きる100の言葉】「どうにもならないこと」を受け入れる

素敵な本に出逢いました。

内田玲子先生(家庭教育カウンセラー)『ほんとうに大切なこと 今日を生きる100の言葉』です。

子育てに悩むお父さんお母さんだけでなく、人生に迷うすべての人たちへの指針になるはずです。

ネタバレしない程度に数回に分けてご紹介したいと思います。

『人生は自分との闘い』

夫であれ子どもであれ、上司であれ部下であれ、誰かと勝ち負けを競っているかぎり、幸せにはなれません。

本当に闘うべき相手は、自分自身です。

子育てでも、根っこは同じです。人生はすべて自分との闘いです。

 

『最初の言葉を引き抜く』

親の意見を押しつけて子どもの言い分に取り合わないと、子どもはサインを出して訴えます。

たとえば「アイスクリーム食べたい」と言われたら、「ダメ」「お金がない」「洋服が汚れる」「お腹が痛くなる」など、余計なことは言わないことです。

「アイスクリームが食べたいのね」と、まず子どもの言葉をきちんと引き抜きます。

そのうえで、「でも今日はやめておこうね」と、こちらの本心を伝えれば、子どもはわかってくれるはずです。

スポンサーリンク 

 

 

 

『子どもは親の心のクセをコピーします』

子どもは純白に生まれ、日々親の生活のクセ、親の心のクセをコピーして大人になっていきます。

今日一日も、子どものからだの中に刻まれます。今のあなたの心のクセが、そのまま子どもにバトンタッチされるのです。

親が思った通り、言った通りには育ちません。親がやった通りに育ちます。

 

『「どうにもならないこと」を受け入れる』

世の中には「どうにもならないこと」があります。それをどうにかしようと、もがき苦しんでも解決しません。

「どうにもならない」と受け入れない限り、同じところを堂々巡りするだけです。

「これでいいんだ」「これでよし」と腹の底から受け入れたとき、心に迷いはなくなります。そこから変化が生まれるのです。


ここまですべて次の著書からの引用です。

 

『日々の出来事は「事実」ではなく、「どのように受け取ったのか」の積み重ね』

お慕いしている暖淡堂さんが私にくださったブクマです。

ハッと気づかされました。

日々の出来事は「事実」ではなく、「どのように受け取ったのか」の積み重ねですね。

毎日をどのように受け取りながら暮らすのか、考えながら精進していきたいものです。

 

dantandho.hatenadiary.com

 

過去記事もよろしくどうぞ!

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!