四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【四柱推命】岸田文雄さん「総理大臣になれても…」77歳まで好調運気

石破さん、菅さんと書いてきたので、岸田さんも書きます。

私は地上波をほとんど視聴しないため、菅さんと岸田さんの人間的雰囲気はよくわかりません。

だから四柱命式だけを頼りに書いていきます。

石破さんは、さすがに個性派だけあって顔も雰囲気もわかりますが。

2020年9月6日の記事を読みやすくしました。

2022年の運気がおかしいため、生まれた時刻を推定してみました。(11月2日)

鑑定の内容は変わっていません。

首相官邸

 

 

【四柱推命】岸田文雄さん「どんな人?」

【岸田文雄さん】日干「壬」、日支「寅」

岸田文雄さんの四柱命式

岸田文雄さんの四柱命式 1957年7月29日生まれ

ネチっこさのないあっさりした性格のようです。

しかし、内面はかなり短気ですね。理性で抑えこんでいます。

けっこう短絡的で、我が強いですね。

警戒心は強いです。自らを危険にさらすことは避けます。

直感力はイマイチで、心理的駆け引きはやや不得手みたいです。

根は几帳面で、強いリーダーシップはない、参謀タイプの人です。

 

【岸田文雄さん】日干が弱い正官格の人

能力は十分に高いですが、日干が弱いのが玉にきず

  • リーダーシップを取りたがるが、打たれ強さはあまりない
  • 体はあまり強くない
  • プライドが高く、頭を下げるのは苦手
  • 周囲の空気を読むのが苦手で、ガードが堅い
  • 生真面目で慎重
  • 心に葛藤と矛盾を持ちやすい
  • 人当たりの良さを持ち、外交面で有利に働くこともある

スポンサーリンク 

 

【四柱推命・大運】67歳までの運勢

【辛 丑】印綬運 北方水運

吉運期です

  • 予想以上のラッキーが重なりやすい
  • 希望・念願が叶いやすい
  • 周囲から信用が得られやすく、行動が結果に結びつきやすい

ただし、

月柱と天戦地冲になるため、

  • 不安や動揺が起こりやすい
  • 病気や家庭内のゴタゴタに注意

 

2020年は、63歳 歳運【庚 子】偏印運 羊刃

好調に事が進みやすい1年

  • 波乱があるとすれば、家族・同僚の面倒ごと?
  • 「棚からぼた餅」が起きやすいラッキーイヤー
  • ただし、慎重さを欠くとせっかくの運が台無しになる

2021年は、64歳 歳運【辛 丑】印綬運 

さらに強運期

  • 努力が評価されて、地位や名誉を得やすい1年
  • 目上の人から思わぬ引き立てや援助がありそう
  • 頑張った分、収穫も期待できるラッキーイヤー
  • 子どもや親のことで、少し面倒なことが起こるかも
  • 変化が多い1年なので、心が付いて行かず安定しないかも…

 

【四柱推命・紫微斗数】どこかおかしい2022年

岸田総理が生まれた時刻

今年(2022年)の夏頃から、岸田総理の仕事運が急低下しました。

「10年間の仕事運は上々なはずなのに…」と疑問を感じました。

「もしかしたら生まれ時刻に良くないものがあるのかな?」と思ったので、四柱命式から考察してみました。

2022年が良くないとすれば、この命式になります。

四柱命式

申の刻生まれなら、2022年はガタつく運気

今年は「壬 寅」です。

もし、申の刻(15~17時)の生まれなら、寅申の七冲となるため今年の運気はガタつく可能性が出てきます。

時柱は「戊 申」、歳運は「壬 寅」ですから、

  • 戊 🆚 壬
  • 申 🆚 寅

つまり、天戦地冲です。

生日の天戦地冲より害は浅いとはいえ、それでもゴタゴタしやすい1年になります。

 

次に、申の刻生まれで紫微斗数命盤を作ると次のようになります。

岸田文雄さん紫微斗数命盤(申の刻生まれ)

岸田文雄さん紫微斗数命盤(申の刻生まれ)


命宮「破軍星」、遷移宮「廉貞星・天相星」の人です。

輝度が強いのは「天相星」です。

時に優柔不断さが出るのは、この星の作用かもしれません。

「廉貞星と天相星」が合わさると、

おとなしそうに見えたり、比較的礼儀正しい印象を与えたりします。

冷静な理性家で人間関係を大切にするため、思い切りに欠ける傾向が出たりします。

ただし、命宮には武曲星があり、「ここぞ」という時には思い切った行動に出ることもありそうです。

総合的に現実主義の人ですね。

 

私の紫微斗数の師匠のブログに「紫微斗数主星14星の性格の概略」が掲載されています。ご参照ください。 

ameblo.jp

ameblo.jp


63歳からの仕事運は、飛星派でみると大吉。

昨年(2021)は、

  • 歳運命宮に「生年化科」
  • 歳運財帛宮に「生年化権」
  • 歳運官禄宮に「生年化忌」

と大事な宮に生年四化星が入ります。

飛星派で見ても中吉以上はあります。

つまり、大躍進の年です。

ところが今年(2022)は、

  • 歳運官禄宮に自化忌
  • 丙のDは廉貞(遷移宮)に向かう

このため、中凶クラスの低運期となります。

月運も追ってみると、仕事の凶運月は

  • 4月、6月 不調

7月に盛り返して、

  • 10月 不調
  • 12月 不調

と出ます。

飛星派の紫微斗数をやる人なら簡単に読めると思いますが、今後最大の山場は12月ですね。

それを乗り切れば1月はやや安泰となりそうです。

生まれた時刻が申の刻であるという条件付きですが。

私は、岸田さんマニアではないので詳しいことはわかりませんが、運気的には符合するので申の刻生まれで正解ではないかなと考えております。

顔からみても、破軍星・廉貞星・天相星でハズレではないように思います。


ただ、公私ともに自己表現が苦手な人なら、遷移宮の巨門星の輝度が弱い次の命盤が正解になりそうです。

岸田文雄さん紫微斗数命盤(亥の刻生まれ)

岸田文雄さん紫微斗数命盤(亥の刻生まれ)

こちらが正解なら、11月の仕事運が大ピンチとなります。

12月には一息つきそうです。

 

スポンサーリンク 

   

あとがき

自民党総裁候補3名の方の四柱命式を見てきましたが、今後の運気が強いのは圧倒的に岸田さんでした。

今後2年に限定すると、石破さんの運勢は厳しいですね。

 

2023年以降はまだ見ていないので何とも言えませんが、それにしても岸田さんは、これから強運期です。

77歳まで強運期が続きます。

しかし、生まれ持った運勢は強い方ではありません。

運の巡り合わせが良いのですね。
 

本題に戻りますが、岸田さんは今回の総裁選で消耗する必要はなさそうです。

今後長く強運期が続きます。

その期間中に総理大臣の椅子が向こうからやって来る可能性があります。

ただし、実力があればですけど…。

「運も実力のうち」といいますが、さすがに運だけでは総理大臣にはなれません。

また、運だけでなられても国民が困ります。

しかし、実力だけでもなれないのでしょうね。

日本はこれからさらに厳しい時代に突入しそうです。

政治家の皆さんには、しっかりした舵取りを切にお願いしたいところです。


2022年4月1日の追加記事です。

 

www.happy-power-up.com

 

ポチッと応援していただけるとハッピーです!