四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲ではっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

成功した人は必ず言う「運がよかった」運命の出会いがもたらす幸運な人生

人生に成功した人、幸せを感じている人のほぼ全員が言う言葉。

「自分は運がよかった」「あの出逢いが人生を変えた」「あの時、方向転換してよかった」

成功の実感・幸福感がない人は言います。

「自分の人生はツキがなかった」「不運な人生だった」

秀吉も晩年までは強運の人だった

秀吉も晩年までは強運の人だった

 

 

秀吉は信長に出会って人生が変わった

豊臣秀吉が織田信長に出逢えたことも幸運のめぐり合わせでしょうね。

秀吉ほどの才能の持ち主でも、信長がいなければ仕官できなかったかもしれません。

つまり、歴史に名を残すことはなかったわけです。

そして、日本の歴史は大きく変わっていたに違いありません。

信長との出逢いが人生を変えた!

もちろん、秀吉自身の才能や努力や人柄もありました。

本能寺の変で信長が死ぬ前に、天下布武を号して、大方を手中に収めてくれた上に乗っかったという幸運もありました。

また、信長に仕える前に、秀吉は駿河の今川義元の縁故を頼りました。

当時は、今川義元が大企業で、織田は零細企業みたいなものでした。

f:id:keyakinamiki67:20201017155015p:plain

織田信長

ですが、秀吉は「零細の方が面白い仕事ができるかもしれない」と考えました。

そして、今川ではなく織田を選び、日本一の草履取りから出世の道が始まりました。

壮大な人間ストーリーですね。

  • 信長との出逢いは運命
  • 信長を選んだのは洞察力と決断力
  • 信長に気に入られたのは天性の性格

といえそうです。

 

信長が討たれたタイミングもベストだった

信長を倒した明智光秀を討つことで、秀吉は後に主導権を握れる立場を手に入れることができました。

「主君の仇を討つ」という泣かせる大義名分を持って応援をどんどん集めて、猛スピードで光秀を追い討ち取ったわけですが、この時もラッキーが重なりました。

  1. 織田家の重鎮だった柴田勝家や滝川一益らが、東国や北陸という遠方にいたこと。京都に戻るには時間が掛かりすぎます。
  2. 道中の食糧がすでに信長によって要所要所に用意されていたこと。

2の幸運は大きいです。

  • 途中で兵士が飢えるなどがなかった
  • 農民から略奪をする必要もなかった

運の良い人は、ベストのタイミングで幸運に恵まれるようです。

スポンサーリンク 
 

 

 

明智光秀は頭の良い人だったらしいが…

明智光秀は戦場でも強いが、同時に大変な知識人だったと言われています。

信長ファンには憎まれていますが、地元ではとても人気があり、名君の誉れ高い人と好評価のようです。

しかし、文学的性格ゆえ悩みやすく、ハッタリを利かせることは不得手だったとも言われています。

f:id:keyakinamiki67:20201017160029p:plain

明智光秀

その点、秀吉のハッタリは見事でした。

墨俣の一夜城の時に野武士たちに「成功したら恩賞は無限だ!」宣言しました。

人を操る達人だったのでしょうね。

仮に光秀にこの才能が備わっていたなら、歴史が変わっていた可能性もありそうです。

 

秀吉はおべっかの達人だった

秀吉の得意芸として伝わっていること。

それは、九分九厘敵を攻め落とした後、

「もう少しで落ちますが、敵も必死でなかなか頑強です。何とぞ御大将のご出馬を」

と主君の信長に花を持たせたといいます。

ウマいですね!

この如才なさが光秀にはなかったのでしょう。

やはり秀吉は、運もスゴいが、その才能も非凡ですね。

柔軟性があります。そして、人の心をつかむ達人ですね。

 

伊藤博文も父親の破産が人生を変えた

伊藤博文も、父親が破産しなければ、水井武兵衛の養子にならなかったでしょう。

そうすると伊藤の姓を名乗ることもなかったわけです。

父親の破産が人生を変えた!

水井がのちに、伊藤弥右衛門の養子となったために、博文とその父も足軽になりました。

f:id:keyakinamiki67:20201017161038p:plain

伊藤博文

その後めぐり巡った縁から、来原良蔵に目を掛けられ、吉田松陰の松下村塾の入門へとつながったわけです。

その後の出世の理由には、もちろん伊藤自身の才能や努力や人柄もあったはずです。


この人は、農民から大出世した人として秀吉とよく比較されました。

柔軟な発想力など共通点は多いみたいですね。

スポンサーリンク 
 

 

 

伊藤博文の暗殺を予想した男、高島嘉右衛門

高島暦で有名な高島嘉右衛門をご存じでしょうか?

有名な易者さんです。伊藤は絶大な信頼を寄せていました。


さて、伊藤はハルビン経由で満州に向かうことになりました。

その時、高島は易を立てたのですね。

出た卦は「艮為山」。

「艮為山」進むは凶。万事止まって考えるとき。

「艮為山」進むは凶。万事止まって考えるとき。


この卦から、危険を察知した高島は、伊藤の満州行きを懸命にとめたそうです。

高島嘉衛門先生(ママ)、伊藤博文の満州行きを占して艮三爻、ハルビン駅で安重根の凶弾に倒れるを聞き、引き止められなかった悔しさ嘆かれる。

『周易外伝』岡竜玄著

 

わかりやすい記事を見つけました。

ameblo.jp


結局、伊藤博文は暗殺されました。

その犯人ですが、銃弾が刺さった方向や弾丸などから通説とは異なる犯人像を唱える人もいます。

室田義文もその一人です。

室田は、随行員として現場にいて自らも五発の銃弾を受けました。

shibayan1954.com


こういう本もあります。

近代日本暗殺史 (PHP新書) 新書 – 2023/7/15

 

【あとがき】成功した人は必ず言う「運がよかった」 

「運も実力のうち」と言いますが、実際にそうなのでしょうね。

「運を味方につける」という言葉もあります。

目には見えませんが「運」はやっぱりあると思います。

 

www.happy-power-up.com

 

ただし、朝テレビに映る「今日の運勢」。

あれはエンタメと思うべきです。

「今日の〇〇座は、ごめんなさい。12位です」

と言われても私は全く気にしません。

 

よろしかったら、下記の記事もお読みくださるとうれしいです。 

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

www.happy-power-up.com

 

 

 

ポチッとしていただけるとうれしいです。