はっぴーをパワーあっぷするブログ

四柱推命・紫微斗数・奇門遁甲を中心にいろいろなことを書き綴ります

離婚の可能性がある女性~夫の因子(官星)がない四柱命式

生涯にわたって離婚の危機を背負う女性の命式です。
こういう命運の人は、ご自分の先天運を理解して生活することが大切と感じます。

 

 

配偶者縁の診断

官星からわかる夫との関係

f:id:keyakinamiki67:20201103101907p:plain

昭和37年2月2日生まれの女性

命式に「正官」もなければ「偏官」もありません。

官星がなく、月支に3つも印星があり、その上、2つの比肩もあって強いため、官星の気が抜かれてしまっています。これでは、夫との縁は薄くなります

  • 夫に対する内助の功が弱くなります。
  • 夫も元気がなく、健康でない場合が多くなります。

 

日支からわかる夫との関係 

月支と日支の七冲は、

  • 基本運命に波乱が起こりやすいです。 
  • 夫婦の間に考えの違いが起こりやすいです。
  • 別居や離婚を含めての問題が表面化しやすくなります。 
  • 精神的な動揺や不安が起こりやすい人です。        
  • 健康に恵まれないか、何か持病がある可能性もあります。  
  • 命式が破格の条件に入ります。   


特に、女性の方の意味は強いです。離婚同様の別居生活をする事情が発生しやすく、生死別するような事情も起こりやすくなります。 f:id:keyakinamiki67:20201103103751p:plain

夫になる人の傾向

  • 見栄っ張りで自己本位、そのくせに気の弱い男性と縁が深いです。

日支偏印は基本的に結婚運は良くない場合が多いので気をつけましょう。

 

先天運《生まれ持った運勢》の傾向

《丑》月《辛未》日 冬生まれの「偏印格」

印星が3個、比劫星も2個あって、日干および偏印とも強くなっています。

偏印格は、それほど日干が強くなる必要はないので、この命式は、相当偏った偏印格となっています。

性格的には、

外見は、一本気かつ淡白でしっかりした人に見えるのですが、

  • 自己中心的で身勝手な振る舞いが多いです。
  • 周囲の空気を読むのは苦手です。
  • 同情心や優しさはあまりありません。
  • 自由な発想のできる人で、その分、臨機応変で要領の良さがあります。
  • 他人に対する依存心が強く、気まぐれなところがあります。
  • 自分の生き方や考え方に固執してしまいやすい人です。
  • 不利な立場に置かれると、感情的になることがあります。
  • 社交的には、つきあいは淡白、好き嫌いも多く気が変わりやすいです。 

 

留意が必要なことは、

  • 親の身の上に、経済的な苦しさや生活の変化が多い命式です。
  • こういう人は、資格を取るなど一業に専念すると、成功して小福の人生となる可能性が高いです。


偏印や印綬が乗じる地支が刑冲しているため、

  • 肉親との仲も良くなく、孤独の生活を強いられることがあります。

 

おわりに 

「歳を取ることは楽しい。若い頃にはわからなかったことが、だんだんわかってくるから」

と、かつての同僚が言っていました。

その人は、60歳を過ぎています。熱烈な恋愛結婚を果たして、お子さん2人を立派に育て上げたのですが、

「夫婦関係は、とても良くない」と時々ぼやいていました。

それでも、離婚したい気持ちは全くなかったようです。

「家庭は楽しくないけど、生きることは楽しい」

とも言っていました。

大変真面目な人です。浮気など縁がありません。

仕事が大好きだったのが、悩みを解消していたように見えました。

私が結婚する際に、

「結婚したら、これまで想像しなかった悩みが押し寄せるよ~」

と言っていました。

人生のネガティブな側面を凝視せず、楽しさだけを見ながら生きることができる、そういう人に見えました。

「休日寝ていたら、奥さんに枕を思い切り蹴り上げられたことだってある」

とも言っていました。

根は短気な人なのですが、許せるんですね。

夫婦とは本当に不思議です。

 

よろしかったら、下記の記事もお読みくださるとうれしいです。

 

www.happy-power-up.com

 

 

www.happy-power-up.com

 

 

 


 

 

ポチッとしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

はっぴーをパワーあっぷするブログ - にほんブログ村